タレーブアデーンへの行き方と見どころ

 

チャンタブリーはタイ屈指の宝石の産地として有名で、フランス様式の建築物や面白い寺院、そして広大な国立公園など見どころが豊富です。当サイトでは4ページに渡って特集しておりますので下記からごらんください。こちらのページは「チャンタブリー③カオ・キッチャクート国立公園」になります(^^)

 

 

「チャンタブリー③カオ・キッチャクート国立公園」徹底ガイド:目次

グーグルマップを多用しているので通信環境の良い状態でご覧ください。マップの画面が黒くなっていたり、前後の文脈と合ってないなと感じたときは、ページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

 

チャンタブリーの見どころ一覧

 

チャンタブリー周辺には多くの見どころがありますが、ここは外せないという9ヶ所を厳選しました。こちらのページでは緑のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

カオ・キッチャクート国立公園

カオ・キッチャクート国立公園へのアクセスと見どころ 

 

タイで最も有名な聖山で、日本で言う富士山のような存在です。タイの人々にとっては「一生に一度は登ってみたい山」で、「願いが叶う山」「天国の扉に近づける山」とも言われています(,,゚Д゚) チャンタブリーからは北に約35km離れていて、タクシーチャーター、レンタカー、ツアーで訪れるのが一般的です。

 

 

入口からはソンテウ(ピックアップトラック)に乗り移動します。登山口まで直通のものと、一度経由するものがあります。経由地に用が無ければ直通で大丈夫です。

・経由:それぞれ50バーツ
・直通片道:100バーツ
・直通往復:200バーツ

 

登山道はほとんど整備されているので安心です(^^) ただ、傾斜は急になってくるのでサンダルなどは危ないと思います。標高は1085mで、ソンテウを降りてから頂上までは約1.2kmの道のりです。道中にはたくさんの仏像などがまつられていて、タイの人々はその度に拝みながら登っていきます。画面をグルっと回して周囲を見てみてください。

 

 

この山は1月下旬から3月下旬までの2ヶ月間しか開いておりません。そのため本当に富士山と同じで、ご来光を求める人々が早朝からたくさんやってきます。特に2月の「万仏節(マカーブーチャー)」という祭日は混雑するので、観光であれば逆に避けたほうが良いかもしれません。

 

富士山より低いですが、乾季ということもあり夜から朝方にかけては冷えます。羽織るものを持っていく他、頂上で夜を明かす祭は簡易的な寝袋やダウンジャケットがあっても良いほどです。

 

 

旗が架かっているので、タルチョが架かったチベット系寺院のような雰囲気もありますね。売店などは随所にありますが、飲み食いが多くなるとトイレが大変です。そこいらの山ではなくタイの聖山なので、男性であっても「ちょっと物陰で」というわけにはいきません(^^;) なので、チョコやアメなど通常の登山の携行食がオススメです。

 

 

こちらは「パーデーン」と呼ばれる場所で、日本で言う絵馬のようなものです。赤い布に願い事を書いて木に結ぶことで、その願いが実現すると言われています(*´ω`*) 他にも、お坊さんに「清めの水」をかけてもらう場所などが数ヶ所にあります。

 

 

標高が高くなってくると周囲の絶景が見えてきます。この国立公園の面積は59km²で、静岡県の熱海市とほぼ同じ大きさなのですが、タイの国立公園としては最も小さいそうです。

 

ただ、「カオソーイダーオ野生動物保護区(Khao Soi Dao Wildlife Sanctuary)」に隣接していて、こちらは北海道の旭川市に相当する約745km²と広大なので、全体的に見れば、とても大規模な山間地域にあると言えます。

 

 

こちらは有名な場所でSNSなどでもよく登場します。巨岩に挟まれた道というのは世界共通で独特な自然のパワーを感じますよね。お布施箱は本当にたくさんあるので小額紙幣をたくさん持っていってください(^^;) そして、麓から歩くこと約2時間。ついにゴールに到着です。

 

 

「視界が開けている場所」という意味で「ローイプラプッタバ」と呼ばれています。巨岩が無数にあって、たしかに「聖山」という感じです(*´ω`*) ただ、ここまで登ること自体が目的ではありません。人々がここを目指す理由はこちらにありました。

 

 

「仏足石」と言いまして「ブッダの足跡」とされていますΣ(゚∀゚ノ)ノ 四角の中にお金を入れて、手を合わせてお祈りをします。このとき「願い事は1つだけ」にするのがルールとされています。その願いが叶うように1年間努力して、翌年再び訪れて1年のお礼と新たな願い事をします。

 

そして、お祈りが終わったら巨岩の上に登ります。画面をグルっと回して周囲を見てみてください。

 

 

絶景ですね(,,゚Д゚) これを見るだけでも価値があります。ご来光にはピッタリですね。また、ここからさらに上にも行くことができ、それらもちゃんと歩道が整備されているので安心です。

 

 

山麓には「khuan pluang」という湖が広がっていて、岩の上から雄大な写真を撮ることが出来ます(,,゚Д゚)

 

カオ・キッチャクート国立公園へのアクセスと見どころ

 

外界を見渡すように立つ仏像もフォトジェニックです。

 

カオ・キッチャクート国立公園へのアクセスと見どころ

 

以上になります。続きまして下記から他のページをご覧ください(^^)

 

 

世界の大規模な山岳系国立公園

■ヨセミテ国立公園(アメリカ)

アメリカではグランドキャニオンに並ぶ人気観光地で、シンボルのハーフドームやヨセミテ滝など無数の見どころがあります。詳細は下記からご覧ください。

「ヨセミテ国立公園③観光の見どころ」徹底ガイド

■グランピアンズ国立公園(オーストラリア)

メルボルンから北西に約260km離れた場所にある絶景だらけの国立公園です。詳細は下記からご覧ください。

「グランピアンズ国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■バンフ国立公園(カナダ)

カナディアンロッキー観光のハイライトの1つで、ルイーズ湖やモレーン湖など「宝石湖」と呼ばれる美しい湖が点在しています。温泉もあるので日本人にはとても人気です。詳細は下記からご覧ください。

「バンフ国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■ジャスパー国立公園(カナダ)

カナディアンロッキー最大の国立公園で、スカイウォーク、大氷原、湖、温泉など多彩な見どころがあります。詳細は下記からご覧ください。

「ジャスパー国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■漢拏山国立公園(韓国)

韓国最大の島・済州(ちぇじゅ)島の中央にそびえる山で「はるらさん」と読みます。季節によって色彩がガラッと変わり、頂上にはカルデラ湖もあります。詳細は下記からご覧ください。

「済州島④漢拏山」徹底ガイド

■キリマンジャロ国立公園(タンザニア)

キリマンジャロはアフリカ最高峰ですが、「特別な技術が無くても登れる山」として知られています。道中には不思議な植物が群生していて見ごたえがあります。詳細は下記からご覧ください。

「キリマンジャロ登山①概要と注意点」徹底ガイド

■テイデ国立公園(スペイン)

カナリア諸島のテネリフェ島にあります。世界遺産であり「スペインの12の宝物」にも選ばれています。詳細は下記からご覧ください。

「カナリア諸島②テネリフェ島(2)テイデ国立公園」徹底ガイド

■トレス・デル・パイネ国立公園(チリ)

南部パタゴニア観光のハイライトで、日帰りツアーから10日以上かかる本格的なトレッキングまで楽しめます。詳細は下記からご覧ください。

「トレス・デル・パイネ国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■トンガリロ国立公園(ニュージーランド)

映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても有名な場所で、ニュージーランドらしい壮大な大自然が広がっています。詳細は下記からご覧ください。

「トンガリロ国立公園」徹底ガイド

■サガルマータ国立公園(ネパール)

エベレストを始めとした世界最高峰が連なる国立公園です。本格的な登山はプロでないと出来ませんが、実はエベレストのベースキャンプを目指すトレッキングは一般人でも可能です。詳細は下記からご覧ください。

「エベレスト街道」徹底ガイド

■リラ国立公園(ブルガリア)

ブルガリアで最も有名な観光地で、リラ山の頂上から複数の湖が並ぶ壮大な景色を見ることができます。詳細は下記からご覧ください。

「リラの7つの湖」

■チジュカ国立公園(ブラジル)

有名な「コルコバードのキリスト像」がある国立公園で、大きく3つのエリアに分かれています。眼下の海は「世界三大美港」に数えられていて、コルコバードの丘以外のエリアも絶景だらけです。詳細は下記からご覧ください。

「リオ・デ・ジャネイロ⑧チジュカ国立公園」

■カナイマ国立公園(ベネズエラ)

「最期の秘境」ことギアナ高地が広がる国立公園で、トレッキングを楽しめる「ロライマ山」や、落差世界一の滝「エンジェルフォール」などが有名です。詳細は下記からご覧ください。

「ロライマ山①アクセスとツアーのポイント」徹底ガイド

■ワスカラン国立公園(ペルー)

「南米のスイス」と称される別天地で、南米を語る上で欠かせない「アンデスの山々」を最もディープに体験できる場所です。詳細は下記からご覧ください。

「ワラス②ワスカラン国立公園」徹底ガイド

■グヌン・ムル国立公園(マレーシア)

広大な面積の国立公園で、世界最大の洞窟である「サラワクチャンバー」をはじめ数々の巨大洞窟もあります。詳細は下記からご覧ください。

「グヌン・ムル国立公園」徹底ガイド

■テーブルマウンテン国立公園(南アフリカ共和国)

ケープタウンのハイライトで、標高1086mの見事なテーブルマウンテンです。詳細は下記からご覧ください。

「ケープタウン②テーブルマウンテン国立公園」徹底ガイド

 

世界には他にも魅力的な山がたくさんあります。興味のある方は「世界の『旅行で行けるスゴい山』総特集」をご覧ください。当サイトで取り上げている場所の中から特にスゴい74ヶ所を6つのテーマに分けてご紹介しています(^^)

 

 

観光の基本情報

航空便例 日本-バンコク(約7時間)
ベストシーズン 11月~2月(乾季)
外務省 海外安全情報 タイ
ガイドブック タイのガイドブック
ビザ 観光目的の滞在のみビザ不要。

空路入国:30日以内、陸路入国:15日以内の滞在。

パスポート残存期間 6ヶ月以上
時差 -2時間(サマータイム無し)
チップ 基本的には不要
日本への電話 001(国際識別番号)と81(日本の国番号)をつけて、市外局番(東京:03など)や携帯電話の090などの最初の0を取る。

例)03-9999-9999へかける場合
001+81+3+9999-9999

現地で使えるタイ語 ①おはよう。

สวัสดี(サワッディー)

 

②こんにちは。
สวัสดี(サワッディー)

 

③こんばんは。
สวัสดี(サワッディー)

 

④ありがとう。
ขอบคุณ(コープクン)

 

⑤さようなら。
ลาก่อน(ラーゴーン)

 

⑥はい・いいえ
男:ครับ(クラップ)・ไม่ใช่(マイチャイ)
女:ค่ะ(カー)・ไม่ใช่(マイチャイ)

電圧とプラグ 220V

コンセントタイプ
コンセントタイプ
コンセントタイプ

通貨 バーツ(通貨コード:THB、記号:B)で、補助通貨はサタン(Satang)。1バーツ=100サタン。

 

日本大使館 HP

タイの絶景一覧

タイの絶景

 

アイコンをクリックすると「名前/写真/ガイド記事へのリンク」が表示され、リンクをクリックすると別ウィンドウで記事が開きます。グーグルマップを使用してリンクを貼っているため「リダイレクトの警告」が表示されるかもしれませんが、全て確実に当サイト内のリンク(http://tabinodaiziten.com~)なのでご安心ください。また、地図にアイコンが表示されていないときはページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

■赤のアイコン
個別のガイド記事です。

 

■その他の色のアイコン
1つの国に同系統の場所が複数あるときや、多くの見どころが集中している大都市などは、1つのページで複数の場所をご紹介していて、それらが同じ色になっています。青、緑、紫…など様々な色がありますが、まとまりを分かりやすくしているだけで、色ごとに意味が異なるわけではありません。

スポンサーリンク