「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ウルル=カタ・ジュタ国立公園

(Uluru-Kata Tjuta National Park)

場所

ノーザンテリトリー州

(Northern Territory)

時差

+30分

サマータイム無し

時期

6月~8月

 

ウルルは「地球のへそ」と呼ばれる世界最大級の一枚岩で、オーストラリアのほぼ中央に位置します。世界でもトップクラスのパワースポットであり、アボリジニの力強い文化に触れることもできます。

 

たくさんの見どころがあるため、当サイトでは9ページに渡り特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「①宿泊」になります。

 

それではご紹介していきます。多分、日本で一番詳しい記事ですよ(^^)

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点となる場所は「エアーズロック・リゾート」。ウルル観光のために造られた小さな町だと思ってください。別名は「ユララ(Yulara)」。詳細は後述いたします。

 

最寄りの空港はエアーズロック空港(AYQ)。国内の7都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

 

■空港からエアーズロック・リゾートへのアクセス

 

 

空港はエアーズロック・リゾートから北に約6km離れています。飛行機の発着便に合わせてシャトルバスが運行しています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

・無料
・所要時間:約20分

 

 

■エアーズロック・リゾートの概要

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

赤い大地が広がるオーストラリアの内陸部「アウトバック」の中に造られた観光客用の滞在施設です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典
※拡大できます

 

赤い四角で囲んだ部分がエアーズロック・リゾートです。ウルルまでは約20km離れていて間には何もありません。これはウルルがアボリジニの神聖な場所だから距離をとっているんですね。20kmというと東京だと新宿から国分寺くらいですから、その間に何もないというのは、さすがオーストラリアです。ちなみに「カタジュタ(オルガ渓谷)」までは約55km離れています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典
※拡大できます

 

敷地はとても広く、無料シャトルバスが巡回しています。複数の宿泊施設、複数の展望台、スーパーマーケット、レストラン、インフォメーション、土産物屋、銀行、郵便局…と基本的には何でもそろっています

 

全ての場所でクレジットカードが使えますので、現金は基本的に必要ありません念の為少しだけ持っておくくらいで大丈夫です。それでは順にご紹介していきます。

 

 

■8つの宿泊施設

宿泊施設は下記のようになっています。当ページでは旅行でよく使われる6つの宿をご紹介します。高級ホテルは2泊以上すると安くなります。

【旅行でよく使われる】
■高級ホテル×4:日本や中国からの年齢層高めな団体ツアー客が多く利用。
■安宿×1:最安値。若者が多い。ドミトリー。
■キャンプ場×1:ファミリー、若者グループ、バッグパッカー向け。

 

【一般的ではない】
■超高級ホテル×1:ハネムーナーなどが利用。公式HPはこちら。
■アパートメント×1:長期滞在者向け。公式HPはこちら。

 

SAILS IN THE DESERT

 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

※拡大できます。青で囲んだ場所です。

普通の観光客が使うホテルとしては一番高級で1泊560A$の5つ星ですΣ(゚∀゚ノ)ノ 「砂漠の帆」という意味でデザインはとてもスタイリッシュ。日本人・中国人の団体ツアー客が多くて、日本にいるかのようです(^^;) エアーズロック・リゾートに2泊以上滞在する方は、宿泊しなくても来たほうが良いです。理由がこちら。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1Fのカウンターの一番奥が日本語デスクになっています。宿泊客以外も利用することができて、オプショナルツアーなどを全て日本語で申し込めます。また、日本語版のガイドブックを無料でもらうことができて、上に載せた日本語の地図もそこに掲載されています。予約は公式HP(英語)からします。

 

 

DESERT GARDENS HOTEL

 

※拡大できます。青で囲んだ場所です。

次に高級なホテルで4つ星半だそうです。エアーズロック・リゾートの入り口に一番近く、空港からのシャトルバスが最初に到着するホテルです。1泊470A$。公式HPはこちらです。

 

THE LOST CAMEL

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

※拡大できます。青で囲んだ場所です。

スーパーなどがある「タウンスクエア」の奥にあるので少し分かりづらいです。1泊390A$。公式HPはこちらです。

 

OUTBACK PIONEER HOTEL&LODGE

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

※拡大できます。青で囲んだ場所です。

「HOTEL」と「LODGE」がありまして、受付は同じ場所でします。ホテルの方は高級ホテルで1泊390A$。上記の「高級ホテル×4」の最後の1つです。ホテルの公式HPはこちらです。

 

そしてロッジの方はエアーズロック・リゾート内で最安値で、実はキャンプ場よりも安いです。上記の「安宿×1」ですね。ロッジの公式HPはこちらです。

 

シャトルバスは一番最後に停車します。若い人やバッグパッカーの人は、ここを使いたい人が多いと思いますので細かくご紹介します。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが受付。もちろんエアコンが効いています(*´ω`*) 左奥の「FIELD OF LIGHT」と書かれた壁の後ろにATMがあります。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

建物の外の左側にロッカーがありまして、チェックアウト後に無料で預けておくことができます。常にこの状態なので、鍵はしっかり掛けておいてください。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

部屋は全て相部屋で、下記のようになっています。

【ファミリー・グループ向け相部屋】
■4人部屋(シャワー・トイレ有り)×30
・2段ベッド×2
・料金:280A$(1部屋)

 

■4人部屋(シャワー・トイレ無し)×12
・2段ベッド×1、クイーンベッド×1
・料金:230A$(1部屋)

 

【完全ドミトリー(シャワー・トイレ無し)】
■4人部屋(男女共用)×32
・2段ベッド×2
・料金:46A$

 

■女性部屋×1
・2段ベッド×10
・料金:38A$

 

■男性部屋×1
・2段ベッド×10
・料金:38A$

 

これを見て「…もしかして収容人数少ない?」と思った方。大正解です(^^;) 世界でも十指に入るであろう観光地の割には、安宿のキャパが少ないんです(ノД`) なので早い段階での予約が必須です。 予約の仕方は後述いたします。

 

それぞれのベッドにライトはありますがカーテンはありません。なので「アイマスク」と「耳栓」があった方が良いです。特に20人部屋の場合、コンセントが「ドア側の壁の下」にしかないので、チェックイン時に「下のベッドをお願い」と頼んだ方が良いです。空いていればしてくれるはずです。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

共同トイレとシャワーは非常にキレイなので何も心配いりません。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

右側は男子トイレの小便用です。女性の皆さん、海外の男子トイレはこうなっているところも結構多いんです(^^)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シャワーは温かいお湯がガンガン出ます。手前が着替え&物置きスペースになっているので便利です。手拭き紙も基本的には常備されています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、中央部にはバーやセルフキッチンがあります。セルフキッチンは別途料金がかかります。夜になると生演奏なども行われ、とてもにぎやかです。ただ、夜中までうるさいという感じでは全くありません。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

AYERS ROCK CAMPGROUND

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

※拡大できます。青で囲んだ場所です。

こちらはキャンプ場です。だだっ広くて収容人数も特に決まってないのでテントであれば必ず泊まれます。なので、ここまでに紹介した宿が全て埋まっていてもここなら泊まれるので、一応「エアーズロックには自分が行きたい日程で必ず行ける」ということにはなります。

 

キャンピングカーなどは台数が決められているかもしれないので、念の為公式HPから確認してください。1泊43A$です。こちらも細かくご紹介します。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バス停は入り口から少し離れています。降りたらバスの進行方向に歩いてください。上の写真の看板が出てきますので左に曲がり敷地内に入ります。少し歩いて出てくるこちらの建物が受付です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中は売店もあり、水・ジュース・アイス・土産物・最低限のキャンプグッズなどが売られています。隣の建物にはツアーデスクが入っていて、各種ツアーを申し込めます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

受付をするとマップを渡されて「ピンクの番号のエリアでテントを張って泊まってくれ」と言われます。黄色の建物は一番下が受付で、それ以外はシャワー&トイレの建物です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典
※拡大できます

 

ここで、肝心なのが「テントはレンタルは無い」ということです。なので持ち込まない場合は受付で別途購入する形になります(T_T) 2人が寝られるサイズで70A$なんですが、これは最悪「売り切れ」ということはあると思います。なので、現地購入を考える方は事前に公式HPから確認をした方が無難です。

 

また、スタッフはテント設営に協力や助言はしてくれません。そもそも受付の建物に数人いるだけなので。もし「他の宿が全て取れなくて、やむを得ずキャンプ場になったものの、テントの張り方が分からない」という場合は、既にテントを張ってくつろいでいる人たちが必ずいますので、その人達にお願いすればやってもらえると思います。お礼に、後でスーパーでビールを買って渡しましょう(^^)

 

敷地は広いですがちゃんと標識があるので、問題なくたどり着けます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

地図で「CABINS」と書かれているのが、これらの建物です。多分予約制で泊まれるんだと思います。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

オススメはとにかくシャワー&トイレに近いエリアですね。特に「6」「13」は地図を見ると分かるのですがコンロの数も多いので便利です。現場はこんな感じ。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

キッチン兼食事スペースがこちら。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

大きな冷蔵庫は共用です。スーパーで買ってきたものを袋ごと入れて、メモを貼るかマジックで袋に名前を記入しておきます。コンロはホットプレートという感じでスイッチ1つで簡単につかえます。油などはもちろん自分で持ち込まないといけません。ただ、スーパーに何でもありますので現場で買えばOKです。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トースターに電子レンジ。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

屋根の外にもキッチンはあります。コンロとシンクがセットになっているので問題なし。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

真ん中には大きなゴミ箱があります。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シャワー&トイレはこちら。内部は上記と同じです。コンテナショップもありジュースやサンドイッチも売られています。高いですが(^^;)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■予約の仕方

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

予約は公式HPからになります。まずは画像をクリックして公式HPを開き、右上の「BOOK NOW」を押してください。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

一番左のプルダウンで泊まりたい宿を選びます。今回は最安値の「Outback Pioneer Lodge」で、1泊・1人でやってみます。全部選んだら「GO」を押してください。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

上のようになったら「空室有り」ということです。「空室無し」のときは下のようになります。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

黒いバーが表示されて「This room is not available on your specific dates and/or age restrictions are applicable. You can choose another room type or please choose an alternative date.」と書いてあります。

 

訳すと「この部屋は特定の日に利用できないか、年齢制限が適用されます。別の部屋タイプを選択するか、別の日付を選択してください。」ということで、要するに「空室無し」ということです。

 

この場合、他の宿を検討しないといけないのですが、上記のとおりキャンプ場以外は全て高級ホテルになるので、キャンプ一択になります(^^;) でもキャンプも楽しいですから、

 

 

以上になります。続きまして下記から他のページをご覧ください。

 

エアーズロックは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-エアーズロック空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園①宿泊」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒ノーザンテリトリー州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆