ミューレンへの行き方と見どころ

 

ミューレンは「007」シリーズにも登場した展望台があることで有名で、ラウターブルンネンからゴンドラと電車で簡単に行くことができます(^^)

 

 

「ミューレン」徹底ガイド:目次

グーグルマップを多用しているので通信環境の良い状態でご覧ください。マップの画面が黒くなっていたり、前後の文脈と合ってないなと感じたときは、ページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

 

拠点の町・最寄り空港・宿泊・通貨

ミューレン
ミューレンへの行き方と見どころ 

 

ミューレンは海抜1650mにある村で、ユングフラウ、アイガー、メンヒという3つの名峰を望むことができます。人気のアルプスにおける人気エリアの1つで、450人の人口に対し2000人分の宿泊施設が用意されています。

 

宿はこちら。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

Booking.com

 

ラウターブルンネンの見どころ 

 

ラウターブルンネンは、氷河が削った谷の底にある町で、写真のとおり圧巻のU字型を見ることができます。断崖絶壁は高さ300mにもなり、そこかしこから滝が流れています。人口は約2600人。ラウターブルンネンへのアクセスは「ラウターブルンネン:徹底ガイド」をご覧ください。

 

宿はこちら。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

Booking.com

 

通貨はスイスフラン(通貨コード:CHF、記号:Fr.)で補助通貨はサンチーム(Ct)とラッペン(Rp)。1スイスフラン=100サンチーム(ラッペン)です。スイスはEUに加盟していませんが、国鉄やホテルなどではユーロも使えます。本日のレートはこちら。

 

 

 

ラウターブルンネンからミューレン

■ゴンドラ乗り場
 

 

ラウターブルンネン駅前にゴンドラ乗り場があるので、それに乗って「グリュッチュアルプ(Grütschalp)」へ行きます。降りてすぐ鉄道駅があるので、それに乗り換えて「ミューレン駅」へ行きます。所要時間は約15分です。

 

 

■ミューレン駅
ミューレンへの行き方と見どころ 
photo by:FkMohr

 

 

シルトホルン展望台

ミューレンへの行き方と見どころ 

 

標高2970mの頂上にある展望台で、360度のパノラマで200を超える名峰を一望することができます。画面をグルっと回して周囲を見てみてください。

 

 

絶景ですね(,,゚Д゚) ここからは、アイガー、ユングフラウ、メンヒの3名峰をハッキリと見ることができます。

 

 

雲が出てもカッコいいですね(^^) ちなみに、展望台の側面には「007」の文字が。

 

ミューレンへの行き方と見どころ
photo by:Domenico Convertini

 

ここは1969年の映画「女王陛下の007」で、ジェームズ・ボンドが潜入した敵の研究所のロケ地なんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

現在は改装されてレストラン「ピッツ・グロリア(Piz Gloria)」として使われていて、なんと360度回転します。

 

 

ミューレンからはゴンドラを2つ乗り継いで簡単にアクセスすることが出来ます。

 

 

 

ミューレンバッハ滝

ミューレンへの行き方と見どころ 

 

ラウターブルンネンから上記とは別ルートで行く場合に現れる滝です。まず、ラウターブルンネンからバスで「シュテッヘルベルク(Stechelberg)」へ行きます。

 

 

ここから上記のシルトホルン展望台まで下の流れでロープウェーを乗り継ぐのですが、星印の場所にミューレンバッハ滝があります。

 

ミューレンへの行き方と見どころ

 

岩肌を潤すように流れる繊細な滝ですが落差は419mもあり、実はスイスで最も高低差がある滝なんです。

 

 

以上になります。ジェームズ・ボンドも訪れたミューレン。ぜひ行ってみてください(^^) スイスでは必須の観光パスについては「ベルン①観光の基本情報」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ミューレン」徹底ガイド 【旅の大事典】

 

 

アルプスの絶景展望台

■ハルシュタット・スカイウォーク(オーストリア)

ハルシュタットは「世界で最も美しい湖畔の町」と称されています。詳細は下記からご覧ください。

「ザルツカンマーグート①ハルシュタット」徹底ガイド

■ファイブフィンガーズ展望橋(オーストリア)

大氷穴で有名なクリッペンシュタインにある展望台です。詳細は下記からご覧ください。

「ザルツカンマーグート②クリッペンシュタイン」徹底ガイド

■エッギスホルン展望台(スイス)

アルプス最長のアレッチ氷河を一望できるスイス屈指のビューポイントです。詳細は下記からご覧ください。

「アレッチ氷河とエッギスホルン展望台」徹底ガイド

■ゴルナーグラート展望台(スイス)

ツェルマット駅から鉄道で簡単にゴルナーグラート山の頂上へ行き、マッターホルンの雄大な景色を眺められるという、スイスで最も人気のある展望台の1つです。詳細は下記からご覧ください。

「ツェルマット②観光の見どころ」徹底ガイド

■シュタンザーホルン展望台(スイス)

標高1898mのシュタンザーホルン山頂にある展望台で、そこへ行くための「カブリオ」というロープウェーがスゴいです。詳細は下記からご覧ください。

「カブリオ」徹底ガイド

■ハーダー・クルム(スイス)

パラグライダーが盛んなインターラーケンにある展望台で、ケーブルカーを使って簡単にアクセス出来ます。詳細は下記からご覧ください。

「インターラーケン」徹底ガイド

■ピラトゥス・クルム駅(スイス)

世界一急勾配な鉄道である「ピラトゥス鉄道」に乗ってアクセスします。詳細は下記からご覧ください。

「ピラトゥス鉄道」徹底ガイド

■フィルスト・クリフウォーク(スイス)

標高2184mのフィルスト山頂に造られた250mの遊歩道なのですが、とにかくスゴいのでぜひご覧ください。

「フィルスト・クリフウォーク」徹底ガイド

■マッターホルン・グレーシャー・パラダイス展望台(スイス)

標高3883m地点にある展望台で、ロープウェー駅としてはヨーロッパで最高地点になります。詳細は下記からご覧ください。

「ツェルマット②観光の見どころ」徹底ガイド

■ユングフラウヨッホ駅(スイス)

photo by:Julius Silver

標高3454m地点にあるヨーロッパ最高所の鉄道駅で、そこからさらに3571mのスフィンクス展望台へと行くことができます。ヨーロッパでも1・2を争う人気の展望台で、日本人も年間で約13万人が訪れます。詳細は下記からご覧ください。

「ユングフラウヨッホ駅」徹底ガイド

■エギーユ・デュ・ミディ(フランス)

3842mの山頂までロープウェーとエレベーターで簡単に行ける山で、頂上駅にあるガラスボックスが有名です。詳細は下記からご覧ください。

「エギーユ・デュ・ミディ」徹底ガイド

 

世界には他にも素晴らしいパノラマを一望できる場所が無数にあります。興味のある方は「世界のパノラマを一望出来る場所総特集」をご覧ください。当サイトで取り上げている場所の中から特にスゴい95ヶ所を7つのテーマに分けてご紹介しています(^^)

 

 

観光の基本情報

航空便例 ・日本-アブダビ(約10時間)

・アブダビ-ジュネーブ(約6時間)

ベストシーズン 5月~9月
外務省 海外安全情報 スイス
ガイドブック スイスのガイドブック
ビザ シェンゲン協定加盟国。あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要。
パスポート残存期間 シェンゲン協定加盟国からの出国予定日から3ヶ月間以上。未使用査証欄1ページ以上
時差 夏:-7時間/冬:-8時間
チップ 基本的には不要
日本への電話 00(国際識別番号)と81(日本の国番号)をつけて、市外局番(東京:03など)や携帯電話の090などの最初の0を取る。

例)03-9999-9999へかける場合
00+81+3+9999-9999

現地で使えるドイツ語 ①おはよう。

Guten Morgen. (グーテン・モルゲン)

 

②こんにちは。
Guten Tag.(グーテン・ターグ)

 

③こんばんは。
Guten Abend.(グーテン・アーベント)

 

④ありがとう。
Danke schön. (ダンケ シェーン)

 

⑤さようなら。
Tschüss.(チュース) 

 

⑥はい・いいえ。
Ja・Nein.(ヤー・ナイン)

 

⑦~へ行きたい。
Ich möchte ~ gehen.
(イッヒ メヒテ ~ ゲーエン)

 

⑧これがほしいです。
Ich möchte das.
(イッヒ メヒテ ダス)

 

⑨これはいくらですか?
Wie viel kostet das?
(ヴィー フィール コステット ダス)

 

⑩値下げしてくれませんか?
Konnen Sie~?
(ケンネン ズィー~?)

電圧とプラグ 220-230V

コンセントタイプ

通貨 スイスフラン(通貨コード:CHF、記号:Fr.)で補助通貨はサンチーム(Ct)とラッペン(Rp)。1スイスフラン=100サンチーム(ラッペン)。

 

日本大使館 HP

スイスの絶景一覧

スイスの絶景

 

アイコンをクリックすると「名前/写真/ガイド記事へのリンク」が表示され、リンクをクリックすると別ウィンドウで記事が開きます。グーグルマップを使用してリンクを貼っているため「リダイレクトの警告」が表示されるかもしれませんが、全て確実に当サイト内のリンク(http://tabinodaiziten.com~)なのでご安心ください。また、地図にアイコンが表示されていないときはページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

■赤のアイコン
個別のガイド記事です。

 

■その他の色のアイコン
1つの国に同系統の場所が複数あるときや、多くの見どころが集中している大都市などは、1つのページで複数の場所をご紹介していて、それらが同じ色になっています。青、緑、紫…など様々な色がありますが、まとまりを分かりやすくしているだけで、色ごとに意味が異なるわけではありません。

スポンサーリンク