ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

ブルー・マウンテンズは世界遺産に登録されている国立公園で、スリーシスターズを始めとする峡谷の絶景が有名です。シドニーから日帰りで簡単に行くことが出来ます(^^)

 

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:目次

グーグルマップを多用しているので通信環境の良い状態でご覧ください。マップの画面が黒くなっていたり、前後の文脈と合ってないなと感じたときは、ページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

 

拠点の街・最寄り空港・宿泊・通貨

シドニー
 

 

シドニーはオーストラリア最大の都市であり、南半球随一の世界都市です。約4万年前からアボリジニの人々が暮らしていたとされています。首都はキャンベラなので間違えないようにしてください。人口は約410万人。

 

最寄りの空港はシドニー空港(SYD)。国内外合わせて約80都市に就航しています。最新の就航路線はこちら格安航空券はこちら。空港から市内への移動は「シドニー①アクセスと観光パス」をご覧ください。

 

宿はこちら。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

Booking.com

 

 

 

カトゥーンバはブルー・マウンテンズ国立公園の玄関口です。19世紀の終わりから観光地として開発されてきました。人口は約8000人。

 

宿はこちら。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

Booking.com

 

通貨はオーストラリア・ドル(通貨コード:AUD、記号:A$)で補助通貨はセント(c)。1オーストラリア・ドル=100セントです。本日のレートはこちら。

 

 

 

シドニーからブルーマウンテンズ

■セントラル駅
 

 

シドニーのセントラル駅から、カトゥーンバ駅まで直通列車が出ています。

・4時半頃~23時半頃から運行
・20~60分おきに運行
・所要時間:約2時間
・料金:20~40A$

 

■カトゥーンバ駅
 
photo by:Brian Giesen

 

 

国立公園内の2つのバス

ブルーマウンテンズ・エクスプローラー
ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ
photo by:calflier001

 

気持ちの良い2階建てバスです。

・29ヶ所をめぐる循環バス
・9時15分~17時半まで運行
・30分に1本運行
・料金:40A$(1日券)
公式HP

 

・29ヶ所をめぐる循環バス(同上)

・9時45分~16時45分まで運行
・1時間に1本運行
・料金:25A$(1日券)
公式HP

 

 

ブルーマウンテンズの見どころ

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

ブルーマウンテンズは「マウンテンズ」と名付けられていますが、実際にはグレートディヴァイディング山脈の一角にある「高原地帯」です。ユーカリの木から発せられるオイルが太陽の光に反射して、全体が青くかすんで見えることから名付けられました。

 

 

 

ブルーマウンテンズのシンボルになっている3つの奇岩です。カトゥーンバの町の南端にあるエコーポイントという展望台から一望できます。画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

 

周辺には太古よりアボリジニのダルーグ族、グンドゥングラ族、ウィラジュリー族、ダーワル族などが居住しています。スリーシスターズはアボリジニの伝説によれば、マイナー、ウィムラー、ガナドゥという3姉妹が、村の長老によって岩へと変えられてしまった姿とのことです。

 

 

 

3つの乗り物で大自然を楽しめる施設で、上記のエコーポイントから徒歩で約30分ほどの場所にあります。

 

■マップ
ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ
出典:https://www.pinterest.jp ※拡大できます

 

1つ目は「シーニック・レイルウェイ」。なんと最大斜度が52度にもなるトロッコ列車ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ
photo by:Alan Samuel

 

約2分で310mの断崖を降下していきます。座席には角度調節ボタンがついていて、最大で64度まで上げることができます(^^;) これは空いていれば何回でも載せてくれます。

 

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

2つ目は「シーニック・ケーブルウェイ」。ジャミソン渓谷の谷底から頂上までの545mを往復します。こちらはゆっくりなので安心です。なんと最大で84名も乗車できます。上記の「シーニック・レイルウェイ」から遊歩道でつながっていて、徒歩で約15分です。

 

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

3つ目は「シーニック・スカイウェイ」。ジャミソン渓谷の上空にかかるゴンドラで全長は270m。約7分で往復します。床がガラスになっている大人気のアトラクションです。

【シーニックワールド】
・営業時間:9時~17時
・料金:35A$(大人)/18A$(子供)
・所要時間:約2時間
公式HP

 

世界のすごいロープウェーやケーブルカーについては「バルパライソ②観光の見どころ」のページなどに一覧を載せておりますので興味のある方はご覧ください。

 

 

 

カトゥーンバから車で1時間ほどの場所にある洞窟群で、発見されている鍾乳洞としては世界最古と言われています。合計9つの鍾乳洞と美しい地下河川があり、ガイドツアーで見学することができます。中はキレイにライトアップされています。

 

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

そして、岩壁にポッカリと空いた「カルロッタ・アーチ(Carlotta Arch)」も見応えがあります(,,゚Д゚)

 

 

また、恐竜が現れそうな「ブルーレイク(Blue lake)」も見逃せません。

 

ブルーマウンテンズへの行き方と見どころ

 

「カルロッタ・アーチ」と「ブルーレイク」は洞窟の周辺にあり、徒歩で行くことができます。このジェノラン・ケーブ周辺へ行きたい場合、シドニーから日帰りは相当厳しいので一泊二日でスケジューリングするのが無難です。

 

また、ここを絡めるのであれば、そもそもシドニーからツアーに参加してしまうのも良いと思います。その場合は、カルロッタ・アーチとブルーレイクへ行くか確認してください。

 

 

 

カトゥーンバの隣町であるルーラ(レウラ)を流れる滝です。ウォーキングコースが整備されていて、1時間コースと2~3時間コースがあります。

 

 

 

 

「ウェントワース・フォールズ」という町の南に位置するビューポイントで、「キングステーブルランド高原」の雄大な光景を一望できます(,,゚Д゚)

 

 

以上になります。シドニーに来たら外せないブルーマウンテンズ観光。ぜひゆっくり時間を取って楽しんでください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド 【旅の大事典】

 

 

世界の大規模な山岳系国立公園

■ヨセミテ国立公園(アメリカ)

アメリカではグランドキャニオンに並ぶ人気観光地で、シンボルのハーフドームやヨセミテ滝など無数の見どころがあります。詳細は下記からご覧ください。

「ヨセミテ国立公園③観光の見どころ」徹底ガイド

■バンフ国立公園(カナダ)

カナディアンロッキー観光のハイライトの1つで、ルイーズ湖やモレーン湖など「宝石湖」と呼ばれる美しい湖が点在しています。温泉もあるので日本人にはとても人気です。詳細は下記からご覧ください。

「バンフ国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■漢拏山国立公園(韓国)

韓国最大の島・済州(ちぇじゅ)島の中央にそびえる山で「はるらさん」と読みます。季節によって色彩がガラッと変わり、頂上にはカルデラ湖もあります。詳細は下記からご覧ください。

「済州島④漢拏山」徹底ガイド

■ガラホナイ国立公園(スペイン)

アフリカ北西部に浮かぶスペイン領・カナリア諸島のラ・ゴメラ島にあります。展望台からの景色も絶景ですが、約200万年前の姿が残る森がスゴいです。詳細は下記からご覧ください。

「カナリア諸島⑥ラ・ゴメラ島」徹底ガイド

■カオ・キッチャクート国立公園(タイ)

タイで最も有名な聖山で、日本で言う富士山のような存在です。「願いが叶う山」「天国の扉に近づける山」とも言われています。詳細は下記からご覧ください。

「チャンタブリー③カオ・キッチャクート国立公園」徹底ガイド

■キリマンジャロ国立公園(タンザニア)

キリマンジャロはアフリカ最高峰ですが、「特別な技術が無くても登れる山」として知られています。道中には不思議な植物が群生していて見ごたえがあります。詳細は下記からご覧ください。

「キリマンジャロ登山①概要と注意点」徹底ガイド

■トレス・デル・パイネ国立公園(チリ)

南部パタゴニア観光のハイライトで、日帰りツアーから10日以上かかる本格的なトレッキングまで楽しめます。詳細は下記からご覧ください。

「トレス・デル・パイネ国立公園②観光の見どころ」徹底ガイド

■トンガリロ国立公園(ニュージーランド)

映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても有名な場所で、ニュージーランドらしい壮大な大自然が広がっています。詳細は下記からご覧ください。

「トンガリロ国立公園」徹底ガイド

■サガルマータ国立公園(ネパール)

エベレストを始めとした世界最高峰が連なる国立公園です。本格的な登山はプロでないと出来ませんが、実はエベレストのベースキャンプを目指すトレッキングは一般人でも可能です。詳細は下記からご覧ください。

「エベレスト街道」徹底ガイド

■リラ国立公園(ブルガリア)

ブルガリアで最も有名な観光地で、リラ山の頂上から複数の湖が並ぶ壮大な景色を見ることができます。詳細は下記からご覧ください。

「リラの7つの湖」

■チジュカ国立公園(ブラジル)

有名な「コルコバードのキリスト像」がある国立公園で、大きく3つのエリアに分かれています。眼下の海は「世界三大美港」に数えられていて、コルコバードの丘以外のエリアも絶景だらけです。詳細は下記からご覧ください。

「リオ・デ・ジャネイロ⑧チジュカ国立公園」

■カナイマ国立公園(ベネズエラ)

「最期の秘境」ことギアナ高地が広がる国立公園で、トレッキングを楽しめる「ロライマ山」や、落差世界一の滝「エンジェルフォール」などが有名です。詳細は下記からご覧ください。

「ロライマ山①アクセスとツアーのポイント」徹底ガイド

■ワスカラン国立公園(ペルー)

「南米のスイス」と称される別天地で、南米を語る上で欠かせない「アンデスの山々」を最もディープに体験できる場所です。詳細は下記からご覧ください。

「ワラス②ワスカラン国立公園」徹底ガイド

■グヌン・ムル国立公園(マレーシア)

広大な面積の国立公園で、世界最大の洞窟である「サラワクチャンバー」をはじめ数々の巨大洞窟もあります。詳細は下記からご覧ください。

「グヌン・ムル国立公園」徹底ガイド

■テーブルマウンテン国立公園(南アフリカ共和国)

ケープタウンのハイライトで、標高1086mの見事なテーブルマウンテンです。詳細は下記からご覧ください。

「ケープタウン②テーブルマウンテン国立公園」徹底ガイド

 

世界には他にも魅力的な山がたくさんあります。興味のある方は「世界の『旅行で行けるスゴい山』総特集」をご覧ください。当サイトで取り上げている場所の中から特にスゴい74ヶ所を6つのテーマに分けてご紹介しています(^^)

 

 

観光の基本情報

航空便例 ・日本-ケアンズ(約7時間)

・ケアンズ-シドニー(約3時間)

ベストシーズン 4月~5月/9月~10月
外務省 海外安全情報 オーストラリア
ガイドブック オーストラリアのガイドブック
ビザ ・ビザかETASの取得が必要

・30日まで滞在可

パスポート残存期間 滞在日数分あればOK
時差 ・東部時間:+1時間(シドニーなど)

・中部時間:+30分(ウルルなど)
・西部時間:-1時間(パースなど)
・サマータイム:あり(1時間すすめる)

チップ ・基本的には無し

・タクシーなど:端数を切り上げて渡す
・高級レストランなど:10~15%
・ルームサービスなど:2~5A$

日本への電話 0011(国際識別番号)と81(日本の国番号)をつけて、市外局番(東京:03など)や携帯電話の090などの最初の0を取る。

例)03-9999-9999へかける場合
0011+81+3+9999-9999

公用語 英語
電圧とプラグ 220/240V

コンセントタイプ

通貨 オーストラリア・ドル(通貨コード:AUD、記号:A$)で補助通貨はセント(c)。1オーストラリア・ドル=100セント。

 

日本大使館 HP

オーストラリアの絶景一覧

オーストラリアの絶景

 

アイコンをクリックすると「名前/写真/ガイド記事へのリンク」が表示され、リンクをクリックすると別ウィンドウで記事が開きます。グーグルマップを使用してリンクを貼っているため「リダイレクトの警告」が表示されるかもしれませんが、全て確実に当サイト内のリンク(http://tabinodaiziten.com~)なのでご安心ください。また、地図にアイコンが表示されていないときはページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

■赤のアイコン
個別のガイド記事です。

 

■その他の色のアイコン
大都市など周辺に見どころが多い場所や、近いエリアに同系統の見どころがあるとき、複数の見どころを1つの記事に集約していて、それらが同じ色のアイコンになっています。青、緑、紫…など様々な色がありますが、まとまりを分かりやすくしているだけで、色ごとに意味が異なるわけではありません。

 

スポンサーリンク