黄山の行き方と見どころ

 

黄山は「天下第一の名山」と称され、「四絶」と讃えられる「雲海」「奇松」「怪石」「温泉」が訪れる人々を魅了します。今では上海や杭州からも簡単に行けるようになりましたが、ぜひ1泊して朝日や夕日も見てみてください。

 

こちらのページでは観光の見どころについてご紹介します。各地からのアクセスや黄山の概要については「黄山①」をご覧ください(^^)

 

 

「黄山②観光の見どころ」徹底ガイド:目次

グーグルマップを多用しているので通信環境の良い状態でご覧ください。マップの画面が黒くなっていたり、前後の文脈と合ってないなと感じたときは、ページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

 

黄山の見どころ

三大主峰
黄山の行き方と見どころ
出典:https://dy.163.com ※拡大できます

 

黄山には地殻変動と浸食によってうみだされた72の奇峰があります。中でも「蓮花峰(1864m)」「光明頂(1860m)」「天都峰(1830m)」は三大主峰と呼ばれていて雄大な姿を見せてくれます。画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

■蓮花峰

 

■天都峰

 

■光明頂

 

「蓮花峰」と「天都峰」は自然保護の観点から5年ごとに交代で閉山されます。2019年~2023年は蓮花峰が閉山です。

 

黄山の行き方と見どころ

 

こちらは「飛来石」という黄山で最も有名な怪石で、高さ15m、重さ544トン、周囲は7mにもなります。名前のとおり空から飛んできたような石で、接地面は丸みを帯び不思議なバランスを保っています(,,゚Д゚)

 

■仙人指路
黄山の行き方と見どころ

 

こちらは仙人が天を指差しているかのような形をしていることから名付けられました。そのほか色々な怪石があり名前が付けられているので、ガイドブックを持参するか、日本のガイドツアーに参加する方が楽しめると思います(^^)

 

黄山の行き方と見どころ
出典:http://m.51wendang.com

 

黄山の行き方と見どころ

 

写真は「迎客松」と呼ばれる奇松で、樹齢は約800年、高さは10mにもなります。これらは「黄山松」と呼ばれていて、黄山を天下第一の山たらしめています。荒涼とした岩山の裂け目に根を張る姿は「強い生命力」の象徴として大切にされています。

 

ただ、実は松の他にもたくさんの植物が生えていて、その数は1450種類にもなりますΣ(゚∀゚ノ)ノ また、ニホンジカ・短尾猿・オオサンショウウオ・ハッカンなど絶滅危惧種の貴重な動物たちも数多く生息しています。

 

黄山の行き方と見どころ

 

荒涼とした岩山に鮮やかな緑の奇松が立ち並び、そこに真っ白い雲の海が浮かぶ…これぞまさに黄山を象徴する景観です(^^) もちろん自然のものですから運が必要です。全体が真っ白になっても困りますし、雲1つ無い快晴でも風情がない。日頃の行いが大事ですね。

 

黄山の行き方と見どころ

 

黄山は冬の雪化粧も有名で、怪石、雲海、奇松、温泉に冬雪を加えて「五絶」と称することもあります。

 

 

黄山温泉

 

 

黄山の山麓にある温泉で、温度は42.5度なので日本人でもしっかり満足できます。炭酸が強めなのですが硫黄が入っていないので飲泉も可能です。なんと1日400トンものお湯が絶えず湧き出ているそうですΣ(゚∀゚ノ)ノ 入浴は水着になりますので注意してください。

 

 

玉屏楼賓館

 

 

黄山の中にホテルは複数ありますが、ここはロケーションが素晴らしくて飛来石のすぐ近くにあります。ここなら夕焼け・朝焼けなども最高の状態で楽しむことが出来ます。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

以上になります。天下一の名山「黄山」。ぜひ行ってみてください(^^) 各地からのアクセスや黄山の概要については「黄山①」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「黄山②観光の見どころ」徹底ガイド 【旅の大事典】

 

 

中国の名山

■華山

五岳の中で最も険しい山である華山は「奇険天下第一山」と称されます。古くから道教の修行地になってきて、現在でも多くの道士が住んでいます。詳細は下記からご覧ください。

「華山」徹底ガイド

■峨嵋山

峨嵋山は古来より名山として有名で「峨眉天下の秀」という日本語もあるほどです。山頂には黄金の「四面十方普賢金像」がそびえ立ちます。詳細は下記からご覧ください。

「峨嵋山」徹底ガイド

■三清山

三清山は中国屈指の道教の聖地であり、無数の奇岩があることで有名です。詳細は下記からご覧ください。

「三清山」徹底ガイド

■西樵山

西樵山は「広東四大名山」と称されていて、頂上には世界最大の座仏像がそびえ立っています。詳細は下記からご覧ください。

「西樵山」徹底ガイド

■泰山

泰山は中国でも屈指の名山で、秦の始皇帝を始めとする歴代の皇帝が儀式を行ってきました。特に「仙人橋」は必見です。詳細は下記からご覧ください。

「泰山」徹底ガイド

■天界山

天界山は中国のグランドキャニオンともいえる大渓谷で、展望台からの壮大な景観は圧巻の一言です。詳細は下記からご覧ください。

「天界山」徹底ガイド

■天門山

天門山は、映画「AVATAR」の世界が広がる「張家界」の代表的なスポットです。詳細は下記からご覧ください。

「張家界③天門山」徹底ガイド

■武夷山

武夷山は「黄山」「桂林」と並んで「中国人が一生に一度は訪れたい場所」と言われています。詳細は下記からご覧ください。

「武夷山」徹底ガイド

■梵浄山

梵浄山は「貴州第一名山」「武陵第一峰」などと称される「とんでもない景色が広がる山」です(^^;) 2018年には世界遺産にも登録されています。詳細は下記からご覧ください。

「梵浄山」徹底ガイド

■龍虎山

龍虎山は道教発祥の地と言われていて、「道教文化」「丹霞地形」「懸墓遺跡群」が「三絶」と称されます。詳細は下記からご覧ください。

「龍虎山」徹底ガイド

 

世界には他にも魅力的な山がたくさんあります。興味のある方は「世界の『旅行で行けるスゴい山』総特集」をご覧ください。当サイトで取り上げている場所の中から特にスゴい74ヶ所を6つのテーマに分けてご紹介しています(^^)

 

 

観光の基本情報

航空便例 ・日本-北京(約4時間)

・北京-屯渓(約2時間15分)

ベストシーズン 7月~9月
外務省 海外安全情報 中華人民共和国
ガイドブック 中国のガイドブック

中国の指差し会話帳

ビザ 15日以内の観光は不要。ビザ取得で30日まで滞在可。
パスポート残存期間 60日以上が望ましい。
時差 ・全国共通で-1時間

・サマータイム:無し
※新疆ウイグル自治区は非公式の「新疆時間(北京-2時間)」あり。

チップ 無し
日本への電話 00(国際識別番号)と81(日本の国番号)をつけて、市外局番(東京:03など)や携帯電話の090などの最初の0を取る。

例)03-9999-9999へかける場合
00+81+3+9999-9999

現地で使える中国語 ②こんにちは。

你好.(ニーハオ)

 

③こんばんは。
晚上好.(ワンシャンハオ)

 

④ありがとう。
谢谢.(シエ シエ)

 

⑤さようなら。
再见.(ザイジィェン)

 

⑥はい・いいえ。
是・不是.(シー・ブーシー)

 

⑦~へ行きたい。
我要去~.(ウォ ヤオ チュィ~)

 

⑧これがほしいです。
我要这个(ウォ ヤオ ジェガ)

 

⑨これはいくらですか?
这个多少钱?(ヂァ グァ ドゥォ シャオ チィェン?)

 

⑩値下げしてくれませんか?
便宜一点(ビエンイー イーディエン)

電圧とプラグ ・220V

・Oが基本でB、Cなどもある。
コンセントタイプ

通貨 人民元(通貨コード:CNY/RMB、記号:¥)で、読み方は「Yuan」。補助通貨は「角(Mao)」と「分(Fen)」。1元=10角=100分。

 

日本大使館 HP

中国の絶景一覧

中国の絶景

 

アイコンをクリックすると「名前/写真/ガイド記事へのリンク」が表示され、リンクをクリックすると別ウィンドウで記事が開きます。グーグルマップを使用してリンクを貼っているため「リダイレクトの警告」が表示されるかもしれませんが、全て確実に当サイト内のリンク(http://tabinodaiziten.com~)なのでご安心ください。また、地図にアイコンが表示されていないときはページを更新してみてくださいm(_ _)m

 

■赤のアイコン
個別のガイド記事です。

 

■その他の色のアイコン
1つの国に同系統の場所が複数あるときや、多くの見どころが集中している大都市などは、1つのページで複数の場所をご紹介していて、それらが同じ色になっています。青、緑、紫…など様々な色がありますが、まとまりを分かりやすくしているだけで、色ごとに意味が異なるわけではありません。

スポンサーリンク