「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ブルーラグーン

(Blue Lagoon)

場所

レイキャビク

(Reykjavík)

時差

9時間

時期

6月から8月

 

ブルーラグーンは、世界最大の露天入浴施設で、アイスランドの窓口であるケプラヴィーク空港からバスで簡単に訪れることができます。運が良ければオーロラ鑑賞も出来るという神スポットです♪

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はレイキャビク。アイスランドの首都で、アイスランドの人口の約3分の2が集中しています。首都としては世界最北で、地熱エネルギーの利用や水素燃料による路線バスの運行など、クリーンエネルギーが発達しています。人口は約12万人。

 

最寄りの空港はケプラヴィーク国際空港(KEF)。国内外合わせて20以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

レイキャビク
Booking.com

 

 

■ケプラヴィーク国際空港から市内

 

 

空港は市内から南西に約50km離れています。レイキャビク市内への移動方法は、シャトルバス、路線バス、タクシーの3種類です。また、アイスランドに鉄道はありません。

 

シャトルバスは3社が運行しています。どのバスも飛行機の到着に合わせて、その30~40分後に出発します。チケットは青で囲んだチケットカウンターで購入します。

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シャトルバス①「Fly bus」

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最も定番のシャトルバスです。バスターミナルまで行く「Fly bus」と、バスターミナル後に自分のホテルへ行ってくれる「Fly bus+(プラス)」があります。

・所要時間:約45分(バスターミナルまで)
・30分に1本程度
・「Fly bus」:3299クローナ(片道)/6299クローナ(往復)
・「Fly bus+」:4299クローナ(片道)/7299クローナ(往復)
公式HP

 

日本語で申し込むこともできます。詳細はこちらからご覧ください。

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

逆方向の「レイキャビク→空港」はこちらです。

 

■BSIバスターミナル
 

 

シャトルバス②「Airport Express」

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「Gray line社」が運行していて、レイキャビクの停車場所も上記のターミナルとは異なり「Gray line社」のターミナルへ行きます。

・所要時間:約45分
・30分に1本程度
・料金:20.17USドル(ターミナルまで)/28.02USドル(ターミナル後にホテルへ)
公式HP

 

■Gray Lineバスターミナル
 

 

こちらも日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シャトルバス③「Airport Direct」

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ターミナル行きの「Airport Direct Economy」と、ホテルへ送迎してくれる「Airport Direct Premium」があります。予約は公式HPからになります。

・所要時間:約45分
・「Airport Direct Economy」:3300クローナ
・「Airport Direct Premium」:5990クローナ
公式HP

 

路線バス

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「55番」の路線バスが、空港と上記のBSIバスターミナルをつないでいます。

・1日12本程度
・所要時間:約1時間
・料金:1680クローナ
公式HP

 

タクシー

タクシーはもちろんあるのですが、市内まで50kmも離れているので高額になります。12000~15000クローナを目安にしてください。

 

 

■ブルーラグーンへのアクセス

 

ブルーラグーンは空港からバスで20分の距離にあります。同時にレイキャビクからは約50km離れているので、空港とレイキャビクの移動間でブルーラグーンを訪れるのが一般的です。

 

上記の3つの空港シャトルバスは、全て「空港~ブルーラグーン~レイキャビク」という路線があるので、バスで簡単にアクセスできます。レイキャビクでは上記の「BSIバスターミナル」で発着します。チケットは全て現地でも購入出来ますし、日本語でオンライン予約もできます。

 

 

■ブルーラグーン

 

 

概要

1987年にオープンした世界最大の露天入浴施設で、面積は「50mの競泳用プール」が4つ分の約5000平方m。天然温泉ではなく、隣にある「スヴァルツエンギ発電所」が絶えず排水していた「地下の熱水」が溜まって出来たという、偶然の産物でした。

 

元々アイスランドでは早くから地熱エネルギーが利用されてきました。発電所では、汲み上げた「真水」を地下の「熱水」で温めて、その真水を暖房用として周辺に供給していました。「地下の熱水をそのまま供給すれば良いのでは?」と思ってしまいますが、ミネラル分が豊富なため、供給パイプに不純物が付着・沈殿していくため、そのまま流すことは出来なかったんだそうです。

 

そのため、真水を温め終わった地下の熱水は、そのまま周辺に排水されていきました。一帯は溶岩で出来た大地なため、当初はすぐに地中に染み込んでいたのですが、熱水に含まれていた「シリカ」という成分が「冷えると水と分離する」という性質を持っていたため、次第に溶岩の穴が埋まっていき泥のようになっていきました。そして、いつの間にか排水はドンドン溜まっていき池のようになったというわけです。

 

現在、お湯は48時間で完全に入れ替わるようになっているため、常にキレイな状態で保たれています。

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://shennabyshenna.dk/

 

今では年間で約20万人が訪れる人気施設になっていて、ビヨンセなどの世界的なセレブも訪れて入浴を楽しんでいます。

 

基本情報

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.mbl.is/

 

上の写真を一見すると「50mプール4つ分」というのが疑わしくなりますが、全部が入れるわけではないんですね。よく見ると人がいるのは中央の部分だけなのが分かると思います。観光のポイントは下記になります。

【基本情報】
・年中無休
・日時指定の完全予約制。公式HPから。
・チケットは3種類(下記詳細)
・13歳以下無料
・混むのは10時~18時頃
・水温は常時39度
・肌に良い効果があります

 

チケットは次のようになります。ただ、これは「基本」なのでピークタイムは値上がりすることがあります。

①「コンフォート(Comfort)」:6990クローナ
入場料/シリカの泥パック(顔)/タオル/1ドリンク

②「プレミアム(Premium)」:9900クローナ
入場料/シリカの泥パック(顔)/タオル/1ドリンク/シリカ以外の顔パック1つ/スリッパ/バスローブ/レストランのテーブル予約/ワイン1杯

③「ラグジュアリー(Luxury)」:79000クローナ
スパなどが含まれる一番豪華なプランです。詳細はこちらからご覧ください。

 

入浴の流れ

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

駐車場に到着したら、ゴツゴツとした溶岩の間を歩いていきます。入り口はこちら。

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

建物の内部は広々としていて清潔です(^^)

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

受付で、日本のスーパー銭湯でも定番のバーコード付きのリストバンドをもらいます。これで各種購入が出来て、最後に追加料金分を受付で精算します。更衣室のロッカーは指定されておらず、リストバンドでロックすることで、どれでも自分専用のロッカーになります。

 

更衣室では水着には着替えません。水着とタオルを持ってシャワールームへ行き、まずは体を洗います。洗い終わったら水着を着ていよいよ入浴です。

 

 

入浴の注意点として、お湯は肌には良いですが髪には良くありません。毒ではないですが「シリカ」が付いてバリバリになります。またアクセサリーなどもにも良くないので必ず外してください。

 

写真撮影は出来ます。ただ、カメラを落としたら探すのが大変ですので気をつけてください。泥パックコーナーは温泉の中にあります。

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

入場券に付いてくるドリンク1つも水中バーカウンターで頼むことができます。

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。世界最大の露天入浴施設「ブルーラグーン」。ぜひ行ってみてください♪

 

日本語で予約できる現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヘルシンキ空港(約10時間、フィンランド航空)

 

ヘルシンキ空港-レイキャビク空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ブルーラグーン」徹底ガイド:旅の大辞典
アイスランドの設定です。

備考

 

⇒アイスランドのガイドブック

 

レイキャビク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆