「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

グラストンベリー・トー

(Glastonbury Tor)

場所

サマセット

(Somerset)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

グラストンベリーは、イギリスのパワースポットが並ぶ「レイライン」の上に位置し、ヨーロッパ屈指のパワースポットとして世界中から多くの人が訪れています。丘の上からは絶景を一望できます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はロンドンとグラストンベリーです。

 

ロンドンは言わずと知れたイギリスの首都で、ヨーロッパ屈指の世界都市です。都市圏の人口は約1400万人。ロンドンの観光パスや見どころなどについては、こちらのページをご覧ください。

 

最寄りの空港はヒースロー空港(LHR)。国内外合わせて200以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロンドン中心部(ソーホー地区)
Booking.com

 

グラストンベリーは、グラストンベリー・フェスティバルで有名な場所で、アーサー王伝説や聖杯など数々の伝説が残されている町でもあります。人口は約9千人。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

グラストンベリー
Booking.com

 

 

■ロンドンからのアクセス

 

ロンドンから行く場合「パディントン駅(Paddington)」から「ブリストル駅(Bristol Temple Meads)」まで電車で行って、バスに乗り換えてグラストンベリーへ行きます。

・5時半頃~23時半まで運行
・頻繁に運行
・所要時間:1時間半~2時間
・料金37ポンド~

 

■パディントン駅
「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■ブリストル駅
「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ブリストル駅を出たら、大通りまで直進して突き当りを左に曲がるとすぐにバス停が見えます。

 

■ブリストルのバス乗り場
「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ここから「376番」のバスに乗ります。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

・7時頃~24時頃まで運行
・30分間隔で運行
・所要時間:約1時間半
・料金:6.6ポンド(片道)

 

■グラストンベリーのバスターミナル
「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスターミナルからグラストンベリー・トーまでは、徒歩で約15分です。

 

 

 

以上が個人での行き方になります。また、ロンドンから現地ツアーに参加する方法もあります。周辺にはストーンヘンジなど様々な観光地がありまして、含まれる内容によって値段は変わります。詳細はこちらからご覧ください。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■グラストンベリー・トー

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

グラストンベリー・トーは、イギリスのパワースポットが一列に並ぶ「セント・マイケルズ・レイライン」の上にあり、同国屈指のパワースポットとして知られています。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「セント・マイケルズ」とは「聖ミカエルの」を意味し「レイライン」は「光の道」を意味します。「光の道」とは何かというと、パワースポットが一直線に並んでいるような場所のことで、世界にはいくつかの有名なレイラインがあります。イギリスのレイラインは「聖ミカエル」にまつわるものが多いことからこのように呼ばれていて、総延長は約320kmに及びます。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「グラストンベリー・トー」とは「グラストンベリーの丘」という意味で、頂上の建物は「旧聖ミカエル教会」と言います。この教会は、屋根の無い独特なつくりをしていて、標高約145mの丘の頂上にポツンと立つ様は、この地が特別な場所であることを充分に説明しています。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

伝説によれば、かつて一帯は湿地帯であり、この丘はまさに島のように湿地帯に浮かんでいたそうです。麓からは一本道が整備されていて、誰でも簡単に登ることが出来ます。入場料などはなく、入場時間の制限もありません。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが「旧聖ミカエル教会」14世紀に建てられたものです。中に入り上を見上げると空があります。ここに太陽が現れたら、確かにパワーを感じてしまいますね。

 

 

そして、頂上から見る周辺の景色はまさに絶景です。下のストリートビューをぐるぐる回してみてください。本当にスゴイです。

 

 

この丘は様々な伝説が残されていて「アーサー王伝説」の中で王が亡くなった地とされている「アヴァロン島」であるとか、イエス・キリストの遺体を引き取ったヨセフが、イギリスに来て最初に建てたキリスト教教会の地などと言われています。

 

12世紀末には、アーサー王と王妃のものとされる骨や棺が頂上で発掘され、グラストンベリー修道院長たちが修道院に埋葬したとされています。

 

 

実際にこの地に立つと、そんな伝説や神話が生まれて当然だなと感じられます。地元の人にとっては、神聖な場所であるとともに憩いの場でもあり、ファミリーからお年寄りの方まで多くが訪れています。

 

 

以上になります。イギリスが誇るパワースポットにぜひ行ってみてください♪

 

 

■グラストンベリーの見どころ

グラストンベリー修道院跡

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

7世紀に造られた修道院で、14世紀には強大な権力を持っていました。しかし16世紀の宗教改革によって建物は壊されてしまい廃墟になります。敷地は広くて緑も多く、石造りの巨大な廃墟は「遺跡」として見ごたえがあります。

 

 

チャリス・ウェル

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

グラストンベリー・トーの麓にあり「聖なる井戸」を意味します。水が鉄分で赤くなっているため、キリストが磔にされた際にその血を受け止めた「聖杯」と結び付けられています。聖杯は「最後の晩餐」で用いられた杯とも言われていて、上記のヨセフが、この井戸に聖杯を埋めたことで、2000年もの間枯れること無く水が湧き出ていると言われています。

 

もちろん、この赤い水は飲めませんが、飲める水をあるのでペットボトルなどに入れて持ち帰ることができます。井戸はとても静かな場所なので、ノンビリとした非日常を味わうことができます。井戸はとても可愛らしい庭園の中にあります。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ハイストリート

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

グラストンベリーは、日本でパワースポットという言葉が流行る遥か以前からの世界的なパワースポットなので「ハイストリート」という通りにはスピリチュアル関係のショップが並んでいて、独特な世界観になっています。

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典 「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン-グラストンベリー(バスと電車で約3時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「グラストンベリー・トー」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

グラストンベリー
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆