「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ロンドン

(London)

場所

イギリス

(England)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

ロンドンは、世界で最も外国人観光客が訪れる都市の1つで、たくさんの見どころがあります。当サイトでは4ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「ロンドン①アクセスと観光パス」になります。

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ロンドンは言わずと知れたイギリスの首都で、ヨーロッパ屈指の世界都市です。都市圏の人口は約1400万人。

 

最寄りの空港はヒースロー空港(LHR)。国内外合わせて200以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

ロンドンは巨大な都市なので宿泊エリアに悩むところです。いくつか定番の場所をご紹介しますので、目的や予算に合わせて検討してみてください。

 

1つ目はソーホー地区。20世紀の半ばから「夜の街」「歓楽街」として栄えた地区です。当時は、いわゆる新宿歌舞伎町のような危なさもありましたが、時代とともにファッション街へと変化していき、現在では性風俗産業は姿を消しています。

 

ただ、ゲイバーやレズビアンバーなどは残っていて「安全に遊べる夜の街」として定評があります。特に「ピカデリーサーカス駅」の周辺が賑やかです。1つネックがあるとすれば、超中心地なので高いです(^^;)

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ソーホー地区
Booking.com

 

2つ目は「サウスケンジントン駅」周辺です。住宅街になるので、治安もよく値段も下がってきます。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

サウスケンジントン駅
Booking.com

 

3つ目は「カムデンタウン」。ロンドンの北側に位置します。少し離れた場所になるので、値段がぐっと下がります。治安も良いエリアなのでオススメです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カムデンタウン
Booking.com

 

 

■ヒースロー空港から市内

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ヒースロー空港はロンドンの中心部から西に約25km離れています。ターミナルは2~5まであり、シャトルでつながっています。ターミナル1は老朽化のため使われておりません。

 

移動方法は、ヒースロー・エクスプレス、TFLレール、地下鉄、空港シャトルバス、タクシーの5つです。

 

ヒースロー・エクスプレス

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ヒースロー・エクスプレスは「特急列車」と思っていただければよくて、市内中心部までは行かず「パディントン駅」で地下鉄に乗り換える必要があります。

 

所要時間は一番短いです。料金が高めですが公式HPから予約すると安くなり、半月前で約15€、1ヶ月前で約7.5€になります。乗り放題カードのオイスターカードが使えます。

・所要時間:約15分
・料金:22~25€
・15分間隔で運行
公式HP
・ターミナル2・3・5から発車
・オイスターカード可

 

■パディントン駅
「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

TFLレール

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「急行列車」という感じです。ヒーロー・エクスプレスと同じで「パディントン駅」で地下鉄に乗り換える必要があります。

・所要時間:約30分
・料金:10€
・30分間隔で運行
公式HP
・ターミナル2・3・4から発車
・オイスターカード可

 

地下鉄で行く

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典
※拡大できます

 

左下の赤い四角で囲んだところが空港で、真ん中の青い円で囲んだ部分がロンドン中心部です。「ピカデリー・サーカス駅」「キングス・クロス駅」などへ直接行くことができます。

・所要時間:約30分
・料金:3.1~5.1€
・5分間隔で運行
・ターミナル2、3、5から発車
・オイスターカード可

 

空港シャトルバス

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ヒースロー空港からヴィクトリア駅のコーチステーションまでをつないでいます。コーチステーションは「長距離バスターミナル」を意味します。

・所要時間:約50分
・料金:6~10€
・15分間隔で運行
・ターミナル2・3から発車
公式HP

 

■ヴィクトリア駅のコーチステーション
「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

タクシー

 

所要時間は約1時間、料金は約90€です。

 

 

■観光パス

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ロンドンパス」という観光パスがあります。主要な観光地を含む約80箇所が入場無料になり、ウィンザー城のような郊外も対象になっていて、さらに観光バスの「ホップオン・ホップオフバス」も無料になりますので、ロンドン観光がメインの方は購入必須です。

 

購入方法と各種料金

 

購入は、現地、公式サイト(英語)、公式サイト(日本語)「kkday」(旅行サイト)、の4つあります。現地購入の場合は、インフォメーションセンターやビジターセンターで購入します。

 

オンライン購入する場合は「kkday」→「公式サイト(英語)」→「公式サイト(日本語)」の順で値段が上がっていきます。厳密には「kkday」と「公式サイト(英語)」は1日券・2日券までは同額で、3日券以降に下の画像のように違いが出てきます。

 

ただ、料金が同じであれば日本語で購入出来たほうが、その後が安心というメリットがありますので、基本的には「kkday」で大丈夫です.それぞれ画像をクリックするとサイトにとびます。

 

■公式サイト(英語)

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■公式サイト(日本語)

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■kkday

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

対象施設と通常価格

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

対象となる全施設と通常料金は、公式サイトで上のように写真付きで分かりやすく表示されていますので、自身が行きたい場所をチェックしてみてください。

 

使い方・注意点

①基本的には、スマホで表示して入り口で提示します。ただ、そのまま入場出来る場所と、チケットに引き換えなくてはいけない場所があります。優先的に入場出来る施設には「FAST TRACK」という入口があります。

 

②乗り放題は24時間ではなく「使い始めた日の24時まで」になります。

 

③対象施設には1回しか入れません。複数日程の券を購入した場合も同様で、ホップオン・ホップバスも1日しか使えません。

 

④ウィンザー城は郊外にありますが、12:30以降であればロンドンパスで「パディントン駅」から「ウィンザー駅」までの運賃が無料になります。

 

 

■オイスターカード

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「オイスターカード」は「Suica」のようなICカードで、下記の公共交通機関で使えます。一回一回支払う手間が省けますし、ゾーン別の料金設定など旅行者には分かりづらい部分も気にしなくて良くなります。

・地下鉄
・電車
・路線バス
・トラム
・テムズ・ケーブルカー
・ドックランド・ライト・レイルウェイ(DLR)

 

地下鉄では下記の表のように、1回毎の料金が割引になるほか、1日にかかる金額の上限が決まっていて「その上限以降はどれだけ乗っても料金がかからない」というメリットがあります。普通は「上限に達したら使えない」ですから、非常にありがたいシステムです。

 

Zone 1回券 カード

(ピーク時)

カード

(オフピーク時)

上限
Zone1 4.9€ 2.4€ 2.4€ 7.0€
Zone1-2 4.9€ 2.9€ 2.4€ 7.0€
Zone1-3 4.9€ 3.3€ 2.8€ 8.2€
Zone1-4 5.9€ 3.9€ 2.8€ 10.1€
Zone1-5 5.9€ 4.7€ 3.1€ 12.0€
Zone1-6 6.0€ 5.1€ 3.1€ 12.8€

 

また、ロンドン名物の2階建てバスなどは、そもそも現金での支払いが出来ませんので、オイスターカードかトラベルカードのどちらかが必要になります。

 

そして、購入から48時間が経過すれば、チャージしたものの使わなかった分が払い戻しになります。カード購入時に5€のデポジットを払いますが、それも払い戻し時に返却されます。

 

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

オイスターカードは券売機で購入します。言語選択が出来まして、日本語にもなりますので安心です。

 

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バスでも地下鉄でも、読み取り機にタッチして使います。

 

 

■トラベルーカード

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トラベルカードは乗り放題チケットです。こちらも券売機で購入できて、下記のような料金設定になっています。公式サイトはこちらです。

Zone カード

(ピーク時)

カード

(オフピーク時)

1回券
Zone1 13.1€ 13.1€ 35.1€
Zone1-2 13.1€ 13.1€ 35.1€
Zone1-3 13.1€ 13.1€ 41.2€
Zone1-4 13.1€ 13.1€ 50.5€
Zone1-5 18.6€ 13.1€ 60.0€
Zone1-6 18.6€ 13.1€ 64.2€

 

「オイスターカード」と「トラベルカード」のどちらが良いのかですが、各自の行き先によりますが、オイスターカードは48時間立たないと払い戻しがないので、自分の滞在日数が2日以内ならトラベルカードの方が良いかもしれません。

 

以上になります。続きまして下記から市内の見どころをご覧ください。

 

ロンドンは日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ロンドン①アクセスと観光パス」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

ロンドン中心部
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆