「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

モルドヴィア地方の教会群

(Churches of Moldaviar)

場所

スチャバ

(Suceava)

時差

夏:6時間/冬:7時間

時期

春と秋

 

モルドヴィア地方の教会群は、ルーマニア北部のスチャバ県に点在する8つのルーマニア正教会を指します。一般的な教会と違って建物の外壁部分にフレスコ画が描かれているのが特徴です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はスチャバ。14~16世紀にモルダヴィア公国の首都だった場所で、ザムカ丘に代表される丘陵地帯と、スチャヴァ川谷の湿原地帯に分かれています。人口は約10万人。

 

最寄りの空港はスチャバ国際空港(SCV)。国内外合わせて5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

スチャバ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

スチャバ空港は市内中心部から北西に約6km離れています。道路がグルっと迂回する形になっているので、走行距離だと10kmほどになります。市内への移動方法はタクシーしかなくて、料金は25~30レイです。

 

 

■モルドヴィア地方の教会群

 

1487年~1583年にかけて建てられたもので、モルドヴァ公国の歴代の領主たちが、オスマン帝国との戦いに勝利するたびに記念として建造しました。1993年に7つの教会が世界遺産に登録され、2010年に1つ追加されました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

全ての教会はスチャバから車で1時間以内の場所にあります。観光はツアーかレンタカーになりまして、入場時間は基本的に9時半~18時半です。入場料や写真撮影料の有無は教会ごとに決まっていて、入場料がある場合も10レイくらいです。

 

それではご紹介していきます。写真はウイキペディアからもお借りしています。

 

 

■アルボーレ修道院(アルボレ教会)

 

 

正しくは「前駆授洗イオアン斬首教会」という名前で「洗礼者ヨハネの斬首教会」という意味です。1502年に地元の貴族であるルカ・アルボレによって建てられました。壁画は1541年に描かれたものです。外壁の保存状態は良い方ではありませんが、内部は保存状態の良いイコン画で埋め尽くされています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■フモール修道院(生神女就寝教会)

 

 

1530年に建てられた教会で「コンスタンティノープルの陥落」や「最後の審判」など様々なフレスコ画が描かれています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

隣には1641年に建てられた「ヴァシル・ルプの塔(Vasile Lupu)」があり、一応登ることが出来ますが高さが無いので、それほど景観は変わりません(^^;)

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■モルドヴィツァ修道院(受胎告知教会)

 

 

1532年に建てられた教会で、こちらは非常に壁画の保存状態が良いことで知られています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらも「コンスタンティノープルの陥落」と「最後の審判」、そして「ジェシーの樹」などが描かれています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■パトラウツィ修道院(聖十字架教会)

 

 

1487年に建てられた教会で、内部のフレスコ画の画家は不明なものの、非常に繊細な画が良い保存状態で残っています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■プロボタ修道院(聖ニコラス教会)

 

 

1530年に建てられた教会で、外壁のフレスコ画の保存状態は良くないものの、内部には青を貴重にしたイコン画がしっかりと残っています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■聖ジョージ教会(スチャバ)

 

 

1522年に建てられたスチャバ市内にある教会で、左側の外壁に描かれた「最後の審判」のフレスコ画がインパクト大です(^^;)

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ヴォロネツ修道院(聖ジョージ教会)

 

 

1488年に建てられた教会で、8つの教会の中で最も保存状態の良い壁画を見ることができます。

 

 

壁画の基調となっている青は「ヴォロネツ・ブルー」と呼ばれるほど評価が高く、ルーマニアで最も有名な教会と言われています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

内部のフレスコ画もひときわ素晴らしい状態で残っています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■スチェヴィツァ修道院(復活教会)

 

 

1581年に建てられた教会で、ビザンツ様式とゴシック様式が取り入れられています。2010年に追加で登録された教会がこちらで、わざわざ追加で登録されるだけあって素晴らしい壁画が残っています。

 

 

フレスコ画は1601年に描かれたもので、旧約聖書と新約聖書の聖書のエピソードが壁の内外を埋め尽くしています。

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

以上になります。中々一般的な旅行先ではありませんが、とても素晴らしいので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ドーハ空港(約11時間半)

 

ドーハ空港-ブカレスト空港(約5時間)

 

ブカレスト空港-スチャバ空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「モルドヴィア地方の教会群」徹底ガイド:旅の大辞典
ルーマニアの設定です。

備考

 

⇒ルーマニアのガイドブック

 

スチャバ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆