「ハロン湾」(ベトナム)

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

名称

ハロン湾

(Vịnh Hạ Long)

場所

ハロン市

(Thành phố Hạ Long)

時差

2時間

時期

10月~4月(乾季)

(最高なのは10月~12月)

 

ハロン湾は、カルスト地形が海に沈んで出来た、ベトナムを代表する景勝地で、「海の桂林」と呼ばれ国内外から多くの観光客が訪れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆ハノイ空港からハノイ市内へのアクセス
☆ハノイからバスで行く
☆バイチャイのバスターミナルに着いたら
☆ハノイからツアーで行く
☆ハロン湾の概要
☆ハロン湾の見どころ
☆ハロン湾クルーズの内容
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

拠点の街はハノイ。ベトナムの首都で、都市の規模としてはホーチミンに次ぐ「ベトナム第2の都市」です。政治と文化の中心であり、人口は約650万人です。

 

最寄りの空港はハノイ空港(HAN)。国内外合わせて60以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ハノイ

Booking.com

 

また、ハロン湾側の拠点は「バイチャイ」になります。滞在予定の方はチェックしてみてください。

 

バイチャイ

Booking.com

 

ハノイからのバイチャイへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■ハノイ空港からハノイ市内へのアクセス

■ハノイ空港
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

タクシーで行く

市内へはタクシーかバスになります。ベトナムのタクシーは、まだまだメーターの確認や、しっかりとした料金交渉が必要です。事前に相場を調べていかないとぼったくられることもあります。信頼性が高いと言われているタクシーは2社あります。市内までは約30万~40万ドンです。

 

■ビナサンタクシー(VINASUN TAXI) ■マイリンタクシー(MAILINH TAXI)
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

バスで行く
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

バスはいくつかありますが、「86番」のバスが安くて安全で分かりやすいと評判です。時刻表はこちら。クリックで拡大できます。

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハノイ空港とハノイ駅をつないでいるバスで、左側が「ハノイ駅→空港」、右側が「空港→ハノイ駅」の時刻表です。空港から市内までは約50分、駅までは約70分です。料金は35000ドン(約175円)。

 

ターミナル1(国内線)の場合、外に出るとすぐにオレンジの看板があります。ターミナル2(国際線)の場合は、「02番」のスタンドに進み、1つ道を超えるとバス停があります。

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

国内線の方から出発するので、国際線のバス停に来るときには基本的に満員になっていて、そのまま1時間立つことになるので、シャトルバスでターミナル1に行って座る席を確保する方がオススメです。

 

ドライバーさんは高い確率で英語が分かるので、下ろしてほしい場所があれば伝えておけるというのが大きいですね。また、Wi-Fiも飛んでいます。

 

 

■ハノイからバスで行く

バイチャイへのバスは色々な場所から出ています。2018年にハロン市とハイフォン市をつなぐ高速道路が出来たため、ハノイ市からハロン市も高速道路でつながりました。所要時間は約4時間。料金はバスの等級によって違いますが、約8万~12万ドンです。

 

 

バスターミナル

ハノイ市にバスターミナルは4つありまして、バイチャイ行きは3つのターミナルから出ています。バスターミナルはベトナム語で「ベンセー(Ben Xe)」といいますので、探すときは「ターミナル」よりも「ベンセー」と言ってください。

 

宿泊場所から近いターミナルから乗れば大丈夫です。ターミナルでは「バイチャイ(Bai Chay)」や「ハロンベイ」と言えば通じます。

 

■ミーディン・バスターミナル(My Dinh)
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

「34番」のバスに乗ると終点がミーディンバスターミナルです。34番のバスの料金は7000ドンです。

 

■ザーラム・バスターミナル(Ben Xe Gia Lam)
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

■ルオンイエン・バスターミナル(Ben Xe Luong Yen)
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

通常バスとリムジンバス

通常のバスは、例えば「KUMHO VIET THANH」です。8時発で、料金は10万ドンです。車内もキレイで快適です。

 

■KUMHO VIET THANH
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

そして、リムジンバスは例えばこちらです。

 

■PHUC XUYEN
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

リムジンバスは12万~14万ドンで、料金的には大差ありません。時間も4時間程度ですから、ご予算に合わせて選んでみてください。

 

また、いずれにしても「高速」かどうかを確認することの方が大事です。高速は「Cao Toc」と言います。

 

ハノイからのバイチャイへのアクセスはネットで一括検索できますので、チェックしてみてください。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■バイチャイのバスターミナルに着いたら

市内のホテルへ行く

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

バイチャイに着いたら、そのままバイチャイの町に行くか、橋を渡って右側にある「ホンガイ」の町のどちらかへ向かいます。バイチャイには「ハロン湾」の船着き場があり、観光客の町です。ホンガイはベトナムの人々が住むエリアです。

 

町へ行く方法は3つありまして、タクシー・バイクタクシー・3番バス、になります。3番バスは、ターミナルからバイチャイ・ホンガイに行けるほか、バイチャイとホンガイ間もつないでいるので、よくお世話になるバスです。

バスターミナル→バイチャイ:約7000ドン
バスターミナル→ホンガイ:約15000ドン
バイチャイ-ホンガイ:約10000ドン

 

ハロン湾への船着き場でクルーズを申し込む

 

ハロン湾クルーズの船着き場は「トゥアンチャウ島」にあります。バスは無く、バイクタクシーかタクシーになります。バイクタクシーは4~6万ドン、タクシーは8~10万ドンを目安にしてください。

 

トゥアンチャウ島についたら、観光インフォメーションがありますので、情報を集めたい方は、まずはそちらへ行ってください。

 

■Tourist Recreation
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

そしたら、奥の船着き場へ行きます。

 

■Tuan Chau International Marina
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

この建物の中でチケットを2枚購入します。1枚はハロン湾へ入るためのチケットで、29万ドン。もう1枚はボートチケットで、2つのルートから選びます。1つは短いルートで10万ドン。もう1つは半日くらいのルートで15万ドンです。

 

この他、食事をつけるのか、その他のアクティビティをするのかで料金は変わってきます。

 

 

■ハノイからツアーで行く


ここまで、個人で行く方法をご説明してきましたが、ハロン湾へは、まだまだハノイからツアーで訪れるのが一般的です。

 

日帰り、1泊2日、2泊3日がありまして、予算や日程に合わせて選ぶわけですが、オススメはやはり1泊以上することです。

 

■ハロン湾の朝日
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

■ハロン湾の夕日
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

日帰りですと、日中の明るい間しかいられないので、ぜひハロン湾では時間を取ってみてください。クルーズ船は20人乗り~100人乗りまで様々です。料金は同じ20人乗りでも「日本語ガイド」「英語ガイド」「食事のランク」「立ち寄る場所」などによって変わってきますので、料金よりも内容を固めてツアーを探してみてください。大体の目安で、料金はこのようになります。

 

①日帰りツアー(英語ガイド):30~50ドル
②日帰りツアー(日本語ガイド):70ドル~150ドル
③1泊2日ツアー(英語):70ドル~
④1泊2日ツアー(日本語):200ドル~

 

 

■ハロン湾の概要

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハロン湾はベトナムを代表する景勝地で、1533平方kmという広大な湾内に大小3000もの奇岩が立っています。石灰質の大地が数億年前に地上に隆起し、その後、風雨によって浸食されて無数の奇岩が誕生しました。このような場所は「カルスト地形」と呼ばれるもので、世界中に存在します。

 

ハロン湾以外の代表的な場所に、中国の桂林があります。

 

■桂林
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

そのため、ハロン湾は「海の桂林」と呼ばれています。しかしその後、今度は沈降したことで、海から奇岩がニョキニョキ突き出た唯一無二の光景が生まれました。

 

また、ベトナムには「陸のハロン湾」と呼ばれる「ニンビン省」があります。町としては「タムコック」「チャンアン」「ホアルー」が有名です。

 

■チャンアン
「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

「海の桂林」がハロン湾で、「陸のハロン湾」が「ニンビン」ということは、観光地のヒエラルキーとして一番上は桂林なんですね、多分(^^)

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

伝説では、その昔、中国がベトナムに侵攻したとき、龍の親子が現れて敵を撃退し、その際に龍が口から吐き出した数々の宝石が湾内の島々になったと伝えられています。

 

 

■ハロン湾の見どころ

闘鶏岩

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハロン湾のシンボル的な岩です。2羽の鶏が向かい合っているように見えます。

 

親指岩

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

右手の親指にそっくりな岩です。

 

ゴリラ岩

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ゴリラの横顔。確かに似てます(^^)

 

ティエンクン鍾乳洞

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハロン湾クルーズで最も人気があるのが、1993年に発見されたティエンクン鍾乳洞(Dong thien cung)です。現在、ハロン湾内で上陸出来る鍾乳洞は6つ発見されていて、中でも多くのクルーズで訪れるのがこちらです。

 

鍾乳洞は非常に広い空間で、かつライトアップがされているので、とてもキレイです。ただ、鍾乳洞までは99段の階段を登っていきますので、しっかりした靴を履いていってください。

 

スンソット洞窟

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

「スンソット(Sung Sot)」とはベトナム語で「驚き」を意味します。驚くほど美しい、広い、そんな意味でつけられたのだと思います。「ハロン湾で一番美しい洞窟」とも言われていて、ボーホン島にあります。

 

水上集落

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

港を出て30分位すると出てきます。こんな世界遺産の中で暮らしている人々もいるんですね(^^)

 

カットバ島

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハロン湾内で最大の島で、唯一人が暮らしています。中でもビーチが非常にキレイです。ハロン湾の特徴である「エメラルドグリーンの海」と「奇岩」のコントラストを、ビーチという場所で見られる珍しい場所です。

 

宿もたくさんありますので、ぜひ滞在してみてください。

 

Booking.com

 

 

■ハロン湾クルーズの内容

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

クルーズでは夕日や朝日を見られるだけでなく、様々なイベントが行われます。とても楽しいのでオススメです。

 

ベトナム料理教室

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ベトナムの代表的料理「生春巻き」を、プロの料理人に教えてもらい、みんなで作って食べます。もちろん、クルーズ中はお腹いっぱいベトナム料理を堪能できます。

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

イカ釣り

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典 「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

夜のイベントでイカ釣りをすることができます。日本では中々機会が無いですから非常に楽しい体験となります。

 

太極拳

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

朝は全員で太極拳体験です。これをきっかけにハマる人も多いとのこと(^^) 世界遺産の絶景を見ながらの太極拳は、日頃のストレスが全て抜けていきますよ(^^)

 

カヤック

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

クルーズではカヤックを体験できます。ボートから眺めるハロン湾も良いですが、自分でカヤックを漕いでいくハロン湾は、違った魅力を発見できます。

 

船上でノンビリ景色を堪能

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

日帰りツアーは、特にハノイからの場合、強行軍になります。弾丸ツアーというか。それに比べ、クルーズではノンビリと絶景に浸ることができます。東南アジア屈指のパワースポットでもありますし、ぜひノンビリ美しい夕日と朝日を眺めてみてください。

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

豪華な客室

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典

 

ランクによって差はありますが、客室は基本的にとてもキレイです。部屋から眺めるハロン湾はまさに絶景。そしてもちろん見事な星空を見ることもできます。

 

 

これらの他に、前記した鍾乳洞や、真珠の養殖場なども訪れます。内容は1泊と2泊で違いますし、船のランクによっても料金は変わってきますので、色々検討してみてください。

 

いかがでしたでしょうか。ベトナム最大の絶景「ハロン湾」。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハノイ空港(約6時間半、ベトジェット・エア)

 

ハノイ-バイチャイ(バスで約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ハロン湾」(ベトナム):旅の大辞典
ベトナムの設定です。

備考

 

⇒ベトナムの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

ハノイ

Booking.com

バイチャイ

Booking.com

 

ハノイからバイチャイへのアクセス

Powered by 12Go Asia system

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆