「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

バガン遺跡

(Bagan)

場所

ミャンマー

(Myanmar)

時差

-2時間半

(サマータイム:無し)

時期

11月~2月

(乾季)

 

バガン遺跡は、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつとされている、ミャンマー屈指の仏教聖地です。こちらのページでは各地からのアクセスをご紹介します。観光の見どころについては「パガン②」をご覧ください。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

拠点の街はバガン。遺跡が集中しているオールドバガン地区には5軒のホテルのみが営業を許可されていて、安宿などはオールドバガンの北側に位置するニャウンウーに集中しています。また比較的新しい宿が並ぶニューバガン地区もあります。

 

最寄りの空港はバガン空港(NYU)。国内の4都市と就航しています。最新の就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ニャウンウー地区
Booking.com

 

オールドバガン地区
Booking.com

 

ニューバガン地区
Booking.com

 

 

■ヤンゴンからバガンへの行き方

バスで行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

「アウンミンガラー・ハイウェイバスストップ」というターミナルから出発します。

・「JJエクスプレス」が運行
・「VIP」と「エクスプレス」の2クラス
・所要時間:約9時間
・エクスプレス:1万5千~2万5千チャット
・VIP:3万~5万チャット

 

チケットはターミナルでも買えますし、ヤンゴン駅の近くにあるチケットオフィスでも購入できます。

 

■チケットオフィス
 

 

ダウンタウンからターミナルは、タクシーかバスになりまして、タクシーだと約1万チャット(約700円)。バスであれば、スーレー・パゴダの北にあるバス停から「YBSの36番」のバスに乗ってください。黄色い車体です。料金は200チャットです(約15円)。

 

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

ニャウンウーのバスターミナルから各エリアまではタクシーなどを利用します。

 

■バガンのバスターミナル
「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

・ニャウンウーまで:約1万チャット(約700円)
・オールドバガン、ニューバガンまで:
 約1万5千~2万チャット(約1050円~1400円)

 

鉄道で行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

ヤンゴン中央駅からバガン駅まで列車で行きます。アッパークラス、ミドルクラス、オーディナリークラスがあり、夕方発は寝台列車になります。

・16時発-翌日9時着
・所要時間:約17時間

 

■バガン駅
「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

バガン駅とバスターミナルは1kmくらいしか離れていないので、各エリアまでの料金は前記したとおりです。

 

■バガン駅とバスターミナル

 

ヤンゴンからバガンへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレーからバガンへの行き方

乗り合いワゴンで行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

・マンダレーの各宿で予約できて、ピックアップもしてもらえる
・約1万チャット(約700円)
・基本的に前記のバスターミナルに到着。
・OKエクスプレスはバガンのホテルまで連れて行ってくれる
・所要時間:約5時間

 

通常のバスで行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

マンダレー市内にある「チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション」からバガン行きが出ています。

・約1万チャット
・所要時間:約5時間
・乗り合いワゴンは窮屈で嫌という人
・夜行バスが良い人
・バスターミナルは前記の場所

 

鉄道で行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

マンダレー駅からバガン駅行きが出ています。

・所要時間:約9時間
・料金:約3000チャット(約210円)
・21時発はアッパークラスがあります
・それ以外は席が固い席になります

 

船で行く
「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典

出典:HIS

 

日本のHISがパガンとマンダレー間をクルーズ船でつないでいます。大河エーヤワディー川をノンビリ下っていくというのも良いですよね。ミャンマー旅行の中で一度してみてはいかがでしょうか。

 

マンダレーからバガンへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■インレー湖からバガンへの行き方

飛行機で行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

インレー湖の玄関となるヘーホー空港からバガンへ行くことが出来ます。航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

ニャウンシュエから大型バスで行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

インレー湖の拠点となるニャウンシュエからJJエクスプレスが出ています。料金は1万チャット(約700円)です。こちらから予約できます。

 

タウンジーから大型バスで行く

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典 

 

カックーの拠点となるタウンジーからもJJエクスプレスが出ています。出発は朝7時と19時(他にもあるとは思います)。ニャウンウーまでは1万チャット(約700円)です。こちらから予約できます。

 

 

以上になります。続いて「パガン②観光の見どころ」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヤンゴン空港(約8時間)

 

ヤンゴン-バガン空港(約1時間半)

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「パガン①各地からのアクセス」徹底ガイド:旅の大事典
ミャンマーの設定です。

備考

 

⇒ミャンマーのガイドブック

 

ニャウンウー地区
Booking.com
ヤンゴンからバガンへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆