「ベンメリア」(カンボジア)

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

 

名称

ベンメリア

(Beng Mealea)

場所

アンコール・ワットの東40km

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

ベンメリア遺跡は、「天空の城ラピュタ」の世界を感じられる場所として有名で、未だにほとんど修復がなされていないため、遺跡と自然が一体となった唯一無二の空間となっています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆空港から市内へのアクセス
☆ベンメリアへのアクセス
☆ベンメリア遺跡
☆備考

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典 

 

拠点の街はシェムリアップ。日本から直行便はありません。アンコール遺跡観光の拠点で、オールドマーケット付近が中心部になります。宿はその周辺を選ぶと便利です。人口は約20万人。

 

最寄りの空港はシェムリアップ空港(REP)。国内外合わせて91都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

シェムリアップ(オールドマーケット周辺)

Booking.com

 

 

■空港から市内へのアクセス

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典 

 

シェムリアップの空港では、カンボジアのアライバルビザを取ることができます。列が出来ていますからすぐに分かります。ネットでもビザは発行されています。手数料が6ドルついてしまいますが、空港で並ばなくて良いので楽です。ネットで取得したい方はこちらからどうぞ。3営業日ほどでメールが届きます。

 

・日本の窓口で申請:約4千円(レートによります)
・空港で申請:30ドル
・ネットで申請:36ドル

 

また、通常空港では両替などをすると思います。カンボジアの通貨は2つありまして「USドル」と「リエル」ですが、USドルだけで大丈夫です。そのため、両替はむしろ日本の方がレートが良かったりします。なのでカンボジア旅行の際は、日本の空港で両替をしてしまうのがオススメです。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

空港から市内へはトゥクトゥクやタクシーが出ています。深夜でもありますので安心ですが、深夜は少し高くなります。

 

■6:30~23:00
 タクシー:10ドル、トゥクトゥク:9ドル、バイクタクシー:9ドル

 

■23:00~6:30
 タクシー:15ドル、トゥクトゥク:14ドル、バイクタクシー:14ドル

 

 

■ベンメリアへのアクセス

 

ベンメリアはシェムリアップから北東に約40km離れています。ベンメリアの先には「プノンクーレン国立公園」や「コー・ケー遺跡」などがありますので、合わせて訪れると効率良く周ることができます。もちろんトンレサップ湖などとも絡められる距離なので、旅行の日程中のどこにでも組み込むことができます。

 

タクシーチャーターは約50ドル。トゥクトゥクは約30ドルです。ただ、ツアーも含め、結局は他の行き先との絡みになりますので、あくまでも目安にしてください。

 

そして、乗り合いバスを使って往復5ドルで行く方法もありますので、一応ご紹介します。こちらは旅慣れしてる方向けなので、ご注意ください。

 

シェムリアップから「ラーンタクシー」に乗る

 

ラーンタクシーとは、いわゆる乗り合いワゴンです。ベンメリアに行くには上の色をつけた部分でラーンタクシーを拾って乗車します。東西に走っている「国道6号線」と、南北に伸びる「アプサラロード」の交差点付近です。

 

 

この道沿いで、「プリアヴィヒア市行き」、「ストゥントゥレン行き」、「バンルン(ラタナキリ)行き」のどれかのラーンタクシーに乗車して、ベンメリアのチケット売り場で降車します。「プリアヴィヒア市行き」は「プリアヴィヒア遺跡行き」では無いので注意してください。ベンメリアまでは2.5ドルです。

 

ベンメリアのチケット売り場

 

ベンメリアのチケット売り場は遺跡まで約1km離れています。チケット売り場にはトゥクトゥクなどが停まっていますが、全てシェムリアップからのチャーターされたもので、乗ることができませんので注意してください。

 

帰りの乗り合いバス

 

帰りは、ヒッチハイクに近いレベルでラーンタクシーを停めます。上の色を塗ったあたりだと車がスピードを落としますので、止めやすいです。シェムリアップまでのバスは30分に1本しか走っていませんので、本気で停めてください(^^;)

 

帰りのバスも2.5ドルで大丈夫です。ただ、ラーンタクシーのドライバーは英語は話せないと思いますので、「シェムリアップ」と言ってどうにか伝える形になります。

 

なので、やはりこれは上級者向けの方法なので、基本的にはツアーで良いと思います。片道約1時間半です。

 

 

■ベンメリア遺跡

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

1辺が約1kmほどの遺跡で、未だに大部分が修復されていません。もし修復が進んで全貌が明らかになるとアンコール・ワットを凌ぐ規模ではないかと言われています。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

造られたのは12世紀前後と言われていて、アンコール・ワットとの類似点が多いので、「東のアンコール・ワット」とも呼ばれています。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

長い間に木々による侵食が進み、内戦で一気に壊されてしまいました。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

しかし、それによって完全な廃墟と化し、次第に苔むしていき、今では唯一無二の芸術的な廃墟となっていて、世界中から観光客を惹きつけています。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

上の写真だと奥の方に小さく人が写っていますが、実際に行くと、石や木のサイズが非常に大きくて、写真では伝わらないダイナミクスがある遺跡です。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

遺跡内は比較的自由に動き回れるので、こういった石にのぼっていっても怒られることはありません。ただ自己責任ですので、くれぐれも足元に注意してください。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

ベンメリアは「天空の城ラピュタ」の世界観を味わえるということで、特に日本人には絶大な人気を誇ります。ただ、ベンメリアが世間に知られた時期はラピュタの公開よりも遅いため、モデルでは無いそうです。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

カンボジアにはベンメリアの他にも、「プリアヴィヒア」という遺跡で、ラピュタの世界を味わうことができます。ベンメリアが「ラピュタの内部」だとすると、プリアヴィヒアは、パズーとシータが着地した、「ラピュタの周辺部」のような世界観です。

 

■プリアヴィヒア
「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

ベンメリア遺跡は全てではありませんが、内部にも入っていくことができまして、美しい写真の数々を撮ることができます。

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典

 

営業時間は6時~17時。年中無休で、入場料は5ドルです。ラピュタの世界をぜひ体験してみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハノイ空港(約6時間半、ベトジェット・エア)

 

ハノイ空港-シェムリアップ空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ベンメリア」(カンボジア):旅の大辞典
カンボジアの設定です。

備考

 

⇒カンボジアの関連商品

 

⇒アンコールワットの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

シェムリアップ

Booking.com


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆