「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

名称

バガン遺跡

(Bagan)

場所

バガン

(Bagan)

時差

2時間半

時期

11月~2月

(乾季・冬季)

 

バガン遺跡は、カンボジアのアンコール・ワットインドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつとされている、ミャンマー屈指の仏教聖地です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

拠点の街はバガン。遺跡が集中しているオールドバガン地区には5軒のホテルのみが営業を許可されていて、安宿などはオールドバガンの北側に位置するニャウンウーに集中しています。また比較的新しい宿が並ぶニューバガン地区もあります。

 

最寄りの空港はバガン空港(NYU)。国内の4都市と就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ニャウンウー地区
Booking.com

 

オールドバガン地区
Booking.com

 

ニューバガン地区
Booking.com

 

 

■ヤンゴンからバガンへの行き方

バスで行く
■アウンミンガラー

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

「アウンミンガラー・ハイウェイバスストップ」というターミナルから出発します。

・「JJエクスプレス」が「VIP」と「エクスプレス」という2つのクラスで運行。
・所要時間:約9時間
・料金(エクスプレス):
 1万5千~2万5千チャット(約1050円~1750円)
 VIPクラスは約2倍になります。

 

チケットはターミナルでも買えますし、ヤンゴン駅の近くにあるチケットオフィスでも購入できます。

 

■チケットオフィス

 

ダウンタウンからターミナルは、タクシーかバスになりまして、タクシーだと約1万チャット(約700円)。バスであれば、スーレー・パゴダの北にあるバス停から「YBSの36番」のバスに乗ってください。黄色い車体です。料金は200チャットです(約15円)。

 

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ニャウンウーのバスターミナルから各エリアまではタクシーなどを利用します。

 

■バガンのバスターミナル
「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

・ニャウンウーまで:約1万チャット(約700円)
・オールドバガン、ニューバガンまで:
 約1万5千~2万チャット(約1050円~1400円)

 

鉄道で行く
■ヤンゴン中央駅

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴン中央駅からバガン駅まで列車で行きます。アッパークラス、ミドルクラス、オーディナリークラスがあり、夕方発は寝台列車になります。

・16時発-翌日9時着
・所要時間:約17時間

 

■バガン駅
「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

バガン駅とバスターミナルは1kmくらいしか離れていないので、各エリアまでの料金は前記したとおりです。

 

■バガン駅とバスターミナル

 

ヤンゴンからバガンへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレーからバガンへの行き方

乗り合いワゴンで行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

・マンダレーの各宿で予約できて、ピックアップもしてもらえる
・約1万チャット(約700円)
・基本的に前記のバスターミナルに到着。
・OKエクスプレスはバガンのホテルまで連れて行ってくれる
・所要時間:約5時間

 

通常のバスで行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

マンダレー市内にある「チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション」からバガン行きが出ています。

・約1万チャット
・所要時間:約5時間
・乗り合いワゴンは窮屈で嫌という人
・夜行バスが良い人
・バスターミナルは前記の場所

 

鉄道で行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

マンダレー駅からバガン駅行きが出ています。

・所要時間:約9時間
・料金:約3000チャット(約210円)
・21時発はアッパークラスがあります
・それ以外は席が固い席になります

 

船で行く
「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

出典:HIS

 

HISが、パガンとマンダレー間をクルーズ船でつないでいます。大河エーヤワディー川をノンビリ下っていくというのも良いですよね。ミャンマー旅行の中で一度してみてはいかがでしょうか。クルーズの詳細はこちらです。

 

マンダレーからバガンへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■インレー湖からバガンへの行き方

飛行機で行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

インレー湖の玄関となるヘーホー空港からバガンへ行くことが出来ます。航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

ニャウンシュエから大型バスで行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

インレー湖の拠点となるニャウンシュエからJJエクスプレスが出ています。料金は1万チャット(約700円)です。こちらから予約できます。

 

タウンジーから大型バスで行く

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

カックーの拠点となるタウンジーからもJJエクスプレスが出ています。出発は朝7時と19時(他にもあるとは思います)。ニャウンウーまでは1万チャット(約700円)です。こちらから予約できます。

 

 

■パガン遺跡の概要

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

バガンは、ミャンマーの最初の王朝であるパガン朝の都で、エーヤワディー川東岸の平地に約3000もの仏塔が立っています。仏塔や寺院の多くは11~13世紀に造られたもので、最盛期にはスリランカ、インド、カンボジア、タイからの仏僧が訪れ、仏教研究の国際的な中心地となりました。

 

パゴタには基本的に登れなくなった

2017年末から、基本的に全てのパゴタは登ることができなくなってしまいました。遺跡の保護や地震の不安、観光客が落下して死亡したことなどが原因です。

 

エリアは大きく5箇所に分かれている

前記した「ニャウンウー」「オールドバガン」「ニューバガン」の他に「ミンカバー村」と「ミンナントゥ村」があります。

 

ハイライトは朝の気球

3つの会社が気球ツアーを催行しています。

 

夕日を見られる場所

以前はサンセットを見られる有名な寺院がありましたが、現在は登ることができませんので、サンセット観賞用に新たにつくられた丘などから見ることになります。

 

入域料

入域料は25000チャット(約1750円)です。パゴタ毎の入場料などはありません。

 

 

■ニャウンウーの見どころ

 

シュエジゴン・パゴダ

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ニャウンウーの街中にあり、バガンを代表するパゴタです。11世紀に建立され、高さは約40m。その後のミャンマー式パゴタの原型となりました。仏塔には「ブッダの歯と骨」が奉納されていて、ミャンマー全域でみても非常に神聖な寺院となっています。

 

ティーロミンロー寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

1215年にナンダウンミャー王により造られました。「ティーロミンロー」とは「傘の王」という意味で、ナンダウンミャー王のことを指します。

 

ナンダウンミャー王は、前国王が「この傘が倒れた方向にいる者を王とする」と言って傘を倒した結果選ばれた王様なので、このように呼ばれていました。高さ45mの壁に施された彫刻が有名です。

 

バガン・ビューイングタワー

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

高さ61mの展望台で360度を見渡すことができます。寺院などではなく観光施設ですので、入場料がUS10ドルかかります。

 

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

■オールドバガンの見どころ

 

アーナンダ寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

パガンで最大の見どころと言われる寺院で、1090年にチャンスィッター王によって建立されました。黄金の仏塔を中心にシンメトリーの構造になっていて、東西南北の4面に黄金の仏像が安置されています。非常に美しい寺院で「ビルマのウェストミンスター寺院」とも称されます。高さは51m。

 

ダマヤンジー寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

1165年にナラトゥー王によって建てられた、バガンで最大のパゴダです。ナラトゥー王は自分の父を殺害してしまい、後に贖罪のためにこのパゴダを建てたと伝えられています。

 

タビニュ寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

12世紀にアラウンスィードゥー王によって建てられたパゴタで、高さは61m。バガンで最も高いパゴタです。タビニュとは、仏陀の「無限の知恵」を意味します。東向きに造られていて、東西南北の四面に入口がありますが、東側の入口が突出しています。

 

スラマニ寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

1183年にナラパティシードゥー王によって建立された寺院で「スラマニ」とは「最高の宝石」「小さなルビー」を意味します。上記の「ティーローミンロー寺院」のモデルとなった寺院と言われています。内部のフレスコ画も有名です。

 

ゴードーパリン寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

高さは55mで、バガンで2番目に高い寺院です。かのマルコポーロが絵に描いたということで有名です。

 

ブーパヤー

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

球根の形をしたパゴタで、エーヤワディー川の近くに建てられているため、他のパゴタとは違った景観を見ることができます。

 

そもそもは7世紀頃に造られた非常に古いパゴタなのですが、1975年の地震で崩壊し新しく造られました。その際、以前のデザインは踏襲されることはなく、新しいデザインや素材で造られたそうです。

 

 

■そのほかの見どころ

ダマヤザカ・パゴダ

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ニューバガンにあります。上から見ると分かるのですが、台座が五角形になっているという非常に珍しいパゴタです。

 

 

ミャーゼディー寺院

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ミンカバー村にある「アジアのロゼッタストーン」と呼ばれる「ミャーゼディー碑文」が発見された寺院で、世界遺産に登録されています。

 

ビルマ語・モン語・パーリ語・ピュー語でミャンマーの歴史が綴られていて、この石碑のおかげでミャンマーの歴史が紐解かれていったそうです。

 

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

■朝日は気球ツアーで見る


バガンと言えば気球ですよね。ツアー会社は3つありまして「スタンダートコース」と「プレミアムコース」があります。プレミアムの方が人数が少ないので、よりゆったりと空の旅を楽しめます。どちらにしても料金は高めですが素晴らしい体験になりますので、ぜひしてみてください。

 

バルーンズ・オーバー・バガン

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

■スタンダード:350ドル・16人乗り
■プレミアム:450ドル・8人乗り
■赤い気球
公式HP

 

ゴールデン・イーグル・バルーニング

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

■スタンダード:330ドル・12人乗り
■プレミアム:390ドル・8人乗り
■黄色い気球
■公式HP

 

オリエンタル・バルーニング

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

■スタンダード:399ドル・12人乗り
■緑の気球
■公式HP

 

どのツアーも朝食がついています。プレミアムだと少し豪華な食事が出るのと、スタッフが撮影した写真のデータをUSBでもらうことができます。

 

流れとしては、5時頃に宿に迎えが来て、まず朝食を食べます。6時頃に離陸して、約1時間の空の旅を終えたらシャンパンなどで乾杯。最後に証明書をもらいます。気球ツアーは世界中どこでも同じような流れですね。

 

 

■夕日を見られる場所

バガン・ビューイングタワー

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

まずは上記のこちらが一番です。高さ61mの展望台なので、イメージ通りのパガンの夕日を見ることができます。

 

ニャウンラパットの丘

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

人為的に造られた丘で、朝日も夕日も見ることができます。

 

Brick Monastery

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

寺院の上に登り朝日と夕日を見ることができます。アクセスが悪いのでレンタルバイクで訪れる場所です。

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヤンゴン空港(約8時間、全日空)

 

ヤンゴン-バガン空港(約1時間30分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「パガン/バガン」(ミャンマー):旅の大辞典
ミャンマーの設定です。

備考

 

⇒ミャンマーの関連商品

 

ニャウンウー地区
Booking.com

ヤンゴンからバガンへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆