「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ロッキンハム・ドルフィンツアー

(Rockingham dolphin tour)

場所

西オーストラリア州

(Western Australia)

時差

-1時間

サマータイム無し

時期

12月~3月

 

ロッキンハムは、野生のイルカと泳ぐことが出来るドルフィンスイムで世界的に有名です。動物なのでどこまで近寄ってくれるかは運も必要なんですが、遭遇できることは間違いありません。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はロッキンハムとパースです。

 

パースは西オーストラリア州の州都で、オーストラリア有数の大都市です。実は日本の鹿児島県と姉妹都市になっています。文化・教育・観光の中心で世界中から多くの人が訪れます。人口は約206万人。

 

最寄りの空港はパース空港(PER)。国内外合わせて約50都市に就航しています。2019年の9月から、成田からの直行便が運行しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

パース
Booking.com

 

ロッキンハムは、パースから南に約50km離れた街で、北西の沖合にはオーストラリア最大の海軍基地であるガーデンアイランドがあります。人口は約15000人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロッキンハム
Booking.com

 

 

■パース空港からパース市内への移動

 

 

パース空港は4つのターミナルがあり、T1が国際線で残りは国内線です。とても広い空港で、ターミナル間の移動も無料バスで約15分かかります。市内中心部からは東に約12km離れていて、市内への移動方法はバス、タクシー、レンタカーの3つです。

 

バスで行く

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ルート40」と「ルート380」の路線バスが、空港と市内中心部の「エリザベス・キー・バス・ステーション」をつないでいます。料金はどちらも4.9A$です。

■ルート40
・ターミナル3・4から運行
・5時半頃~23時頃まで運行
・所要時間:約35分
・30~60分に1本

 

■ルート380
・ターミナル1・2から運行
・5時頃~25時頃まで運行
・所要時間:約45分
・30~60分に1本

 

時刻表検索

 

■エリザベス・キー・バス・ステーション
 

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、市内中心部まで約30分。料金は約40A$で、空港使用料が3A$加算されます。また、土日祝の割増もあります。

 

レンタカーは日本語で予約できます。

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■パースからロッキンハムへのアクセス

 

パースからロッキンハムへの移動方法は、レンタカー以外だと電車かタクシーになります。路線バスだと乗り継ぎがある上に時間もかかり値段も高くなるので外して大丈夫です。

 

電車で行く

 

 

「パース地下駅(Perth Underground駅)」から「ロッキンハム駅」へ直通列車が出ています。

・5時半頃~24時頃まで運行
・頻繁に運行
・所要時間:34分
・料金:5A$~
時刻表検索

 

■ロッキンハム駅
 

 

タクシーで行く

タクシーだと、所要時間は約40分、料金は約100A$です。

 

 

■ドルフィン・ツアー

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ツアーは「ロッキンハム・ドルフィンズ(Rockingham Dolphins)」「ロッキンハム・ワイルド・エンカウンターズ(Rockingham Wild Encounters)」などが催行しています。もう20年ほどになる大人気ツアーです。

 

出発は7時頃。結構大きな船にスタッフと20人ほどの客が乗りこみまして、船はイルカを探し、客は4~5つのグループに分かれておきます。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

イルカが現れるとグループごとに交代で海に入ります。結構、出たり入ったりが多くて体力がいるのと、天気が良くないととても寒いので、行くなら暑い夏を選んだ方が良いです。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スタッフの後ろに一列に並ぶ形なので、自由に泳げるわけではありません。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スタッフは慣れた様子でイルカと戯れます(^^) 透明度はあまり高くありません。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ビュンビュン動くイルカには大興奮です。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ただ、多少運もありまして、グループによっては全然イルカが近寄ってくれずに、遠くから眺めるだけということもあります。海に入った状態でイルカが離れていってしまうと、とても追いつけるものでは無いので、次のターンを待つしかありません。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ちなみに、こーゆーアクティビティに参加し海に出る場合、とても活躍するのがウォータープルーフバッグです。

 

 

 

ダイバーやサーファーにはおなじみなのですが、水から中身を完璧に守ってくれます。通常ジッパーなどは無くて、上の開口部をくるくる折り曲げて行くことで密閉します。補助的な使い方ですが、中に空気を入れて密封することで緊急時の浮き袋にもなったりします。リュックにもショルダーにもなるので大変便利です。

 

デザインは単色か迷彩が多く、迷彩はピンク、オレンジ、紫、黄色など、ウォータープルーフバッグ以外ではあまり見られない色使いがされていて人気があります。

 

バッグの正面に書いてある「5」「10」「20」は、容積のことで「5L」「10L」「20L」を表しています。ちなみに20Lは非常に大きめのリュックという感じです。小さいサイズの「2L」などもあり、これはこれで重宝します。

 

 「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中にはカメラ、財布、パスポート、など最低限の物しか入りませんが、それら一番大事な物だけを持っていきたい場面で活躍します。サンオイルや常備薬などを入れてる人も多いですね。

 

また、ウォータープルーフなので当然スコールでも台風でもへっちゃらですし、ドロなどで汚れても水でガンガン洗えて、タオルでふけばすぐ乾くのでので、20Lのバッグなどは旅の中で非常に活躍しますので、アウトドア派の人にはオススメです。

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロッキンハムの海には約180頭のイルカが生息していると言われていますし、旅行会社も客がイルカに会えないまま終わらせるわけにいかないので、とりあえず見るだけならほぼ確実です(^^;) あとはイルカが近寄ってきてくれるのを祈るのみです。ぜひ暑い日に行ってみてください♪

 

 

以上になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パース空港(約10時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ロッキンハム」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒西オーストラリア州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ロッキンハム
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆