「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ミューレン

(murren)

場所

スイス

(Switzerland)

時差

8時間

時期

5月~9月

 

ミューレンは「007」シリーズにも登場した展望台があることで有名で、ラウターブルンネンからゴンドラと電車で簡単に行くことができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の町はインターラーケンとラウターブルンネン。

 

インターラーケンは、ベルン高地の観光拠点になる町で「グリンデルヴァルト」や「ラウターブルンネン」への列車が出ています。町では基本的にドイツ語が使われます。人口は約6000人。インターラーケンへのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

最寄りの空港はジュネーブ空港(GVA)。国内外合わせて130以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。(ベルン空港は現在一般には使われておりません)

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

インターラーケン
Booking.com

 

ラウターブルンネンは「音の鳴り響く泉」という意味で、村の周辺で、なんと72もの滝を見ることができます。人口は約2600人。

 

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ラウターブルンネン
Booking.com

 

 

■インターラーケンからラウターブルンネンへのアクセス

■東駅(Interlaken Ost)
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

インターラーケンの東駅から「ベルナーオーバーラント鉄道(BOB)」で「ラウターブルンネン駅」へ行くことが出来ます。

・6時~23時まで運行
・30分ごとに運行
・所要時間:約20分
・料金:7.6フラン
時刻表

 

■ラウターブルンネン駅
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■ベルナーオーバーラント鉄道の路線図(拡大できます)
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ラウターブルンネンからミューレンへのアクセス

 

ラウターブルンネン駅前にゴンドラ乗り場があるので、それに乗って「グリュッチュアルプ(Grütschalp)」へ行きます。降りてすぐ鉄道駅がありますので、それに乗り換えて「ミューレン駅」へ行きます。所要時間は約15分です。

 

■ゴンドラ乗り場
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■ミューレン駅
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■ミューレンの見どころ

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ミューレンは海抜1650mにある村で、ユングフラウ、アイガー、メンヒという3つの名峰を望むことができます。人気のアルプスにおける人気エリアの1つで、450人の人口に対し、2000人分の宿泊施設が用意されています。

 

シルトホルン展望台

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

標高2970mの頂上にある展望台で、360度のパノラマで200を超える名峰を一望することができます。

 

 

スゴイですよね。雲が出ても、また素晴らしいです(^^) ここからは、アイガー、ユングフラウ、メンヒの3名峰をハッキリと見ることができます。

 

 

展望台の側面には「007」の文字。ここは1969年の映画「女王陛下の007」で、ジェームズ・ボンドが潜入した敵の研究所のロケ地なんです。

 

 

現在は改装されてレストラン「ピッツ・グロリア(Piz Gloria)」として使われていて、なんと360度回転します。

 

 

ミューレンからはゴンドラを2つ乗り継いで簡単にアクセスすることが出来ます。

 

 

ミューレンバッハ滝

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ラウターブルンネンから、上記とは別ルートで行く場合に現れる滝です。まず、ラウターブルンネンからバスで「シュテッヘルベルク(Stechelberg)」へ行きます。

 

 

ここから、上記のシルトホルン展望台まで下の流れでロープウェーを乗り継ぐのですが、星印の場所にミューレンバッハ滝があります。

 

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

その結果、こんな雄大なことになります(^^)

 

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スゴイですよね、スケールが違います。この滝は落差419mで、実はスイスで最も高低差がある滝なんです。

 

以上になります。ジェームズ・ボンドも訪れた展望台に、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■スイスでは必須の観光パス

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スイスは世界トップクラスに物価が高い国です。たくさんの素晴らしい絶景観光列車があり「全部行きたい!」と思うものの、その料金を知ると「…1つ2つが限界かな…」となってしまうと思います(^^;)

 

世界の物価をはかる基準の1つとされる「ビックマック指数=世界のビックマックの値段」では、日本が390円なのに対し、スイスはなんと860円ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロープウェーやケーブルカー、登山鉄道が往復で1万円を超えることも珍しくなく、食事や宿代なども合わせると、個人旅行で安く抑えようとしてもすぐに10万、20万という単位になってしまいます。例えばですが、ヨーロッパ最高所の鉄道駅として有名なユングフラウヨッホ駅にベルンから行くとします。

 

■ユングフラウヨッホ駅
「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すると「片道」の交通費だけで下記の料金がかかります。(小数点以下は省略します)

・ベルン~インターラーケン:14フラン
・インターラーケン~グリンデルワルト:15フラン
・グリンデルワルト~クライネ・シャイデック:27フラン
・クライネ・シャイデック~ユングフラウヨッホ:64フラン
⇒合計:120フラン=13460円

 

とんでもないですね(^^;) LCCで東南アジアまで行ける額です。そこで欠かせないのが各種の観光パスになります。種類が多くて分かりづらいのですが、一般的に検討される3つのパスをご紹介しますので、それぞれの予定に合わせて選んでみてください。

 

スイスハーフフェアカード(半額パス)

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スイスの公共交通機関が「1ヶ月間半額」になるカードです。博物館や美術館には使えません。上記の「ユングフラウヨッホ駅」へ行く「ユングフラウヨッホ鉄道」も50%オフになります。値段などは変化してしまうので、リンク先から最新の情報をご覧ください。公式HPと値段は同じです。

 

スイストラベルパス(旧スイスパス)

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは、スイスの公共交通機関が「乗り放題」になるカードです。また約500の博物館・美術館が無料になります。博物館などがメインになる方は、完全にこちらになります。ユングフラウヨッホ鉄道は25%オフになります。

 

また、有効期限は「3日/4日/8日/15日」と設定されていて、それぞれ料金が変わります。

 

スイストラベルパス・フレックス

こちらは、トラベルパスの使用条件が少しだけ変わったもので、トラベルパスは「連続した3日/4日/8日/15日」で使わなければいけないのですが、フレックスになると「1ヶ月の中の任意の3日/4日/8日/15日」で使うことができます。詳細はこちらから。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-アブダビ空港(約10時間)

 

アブダビ空港-ジュネーブ空港(約6時間)

 

ジュネーブ-ベルン(電車で約1時間)

 

ベルン-インターラーケン(電車で約1時間)

 

インターラーケン-ラウターブルンネン(電車で約20分)

 

ラウターブルンネン-ミューレン(ゴンドラと電車で約30分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ミューレン」徹底ガイド:旅の大辞典
スイスの設定です。

備考

 

⇒スイスのガイドブック

 

ラウターブルンネン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆