「ナパリン」(フィリピン)

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ナパリン

(Napaling)

場所

パングラオ島

(Panglao Island)

時差

1時間

時期

12月~5月(乾季)

 

日本ではほとんど知られていませんが、チョコレートヒルズで有名なボホール島の少し先に位置するパングラオ島に、ニシンの一種である「ミズン」が大量に群れているダイビングポイントがあります。

 

水面から2~3mの場所に群れているため、スノーケリングでも簡単に楽しむことが出来ます。

 

それではご紹介していきます。多分、日本で一番詳しいページですよ♪

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆ナパリンへのアクセス
☆ナパリンのダイビング
☆飛び込み台
☆ヒナグダナン鍾乳洞
☆バリカサグ島
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の町は、ボホール島のタグビラランか、パングラオ島のアロナビーチ周辺になります。

 

タクビラランは、ボホール州の州都になっている街です。人口は約10万人。マニラからは東南へ630kmほど、セブからは南へ72kmほど離れています。

 

最寄りの空港はボホール・パングラオ空港 (TAG)。国内外合わせて8都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらからチェックしてみてください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■タグビララン

Booking.com

 

パングラオ島は、ボホール島と橋でつながった小さな島です。セブ島とマクタン島みたいな感じですね。

 

島には「パングラオ」という町もあるのですが、観光の拠点になるのは「アロナビーチ」で、ビーチにいたるまでの「アロナビーチロード」周辺に、ホテル、安宿、レストラン、バー、銀行など、必要なものが集中しています。

 

 

このストリートビューは2016年時点らしいのですが、今はもうびっくりするほど観光化されてます。セブンイレブンもマクドナルドもあります(^^;)

 

宿はこちらからチェックしてみてください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■アロナビーチ周辺

Booking.com

 

 

■ナパリンへのアクセス

 

ナパリンは、パングラオ島の北西部に位置します。タグビララン空港からはタクシーで約15分。アロナビーチからは約25分。

 

タグビラランのダオ・バスターミナルから行く場合は、一旦アロナビーチ周辺まで行けば客引きがいますので、そこで申し込めば送迎は無料で現地まで連れて行ってくれます。

 

バスターミナルからアロナビーチ周辺までは、「Panglao」と書かれたジプニーに乗り、1時間~1時間半です。料金は25ペソくらい。

 

 

■ナパリンのダイビング

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

ダイビングポイントの目の前にあるのが、「カリカサンリゾート」です。アロナビーチで申し込むと、必ずここへ来ます。

 

非常に広くて雰囲気のあるリゾートですが、調べてみると値段は非常に安いので、穴場だなと感じます。

 

Booking.com

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

リゾートの横は断崖絶壁になっていて、とても見晴らしがよいです。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

下を見ると、もう魚の群れがいることが分かります。スノーケリングをしている人も見えます。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらでブリーフィングや準備をしたら、リゾートの奥の方から、崖下へ降りていきます。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして下に着いたら、この動画のように群れまで泳いでいきます。

 

 

上の動画は2017年に撮影されたようなのですが、2019年末では、この10倍くらいの規模にまで群れが成長しています。セブ島のモアルボアルがイワシの群れで有名ですが、現在では遜色ないレベルまできています。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

うねりながら動く群れの姿は、あたかも龍のようです。この魚はイワシのように見えますが、実際にはニシンの一種で「ミズン」という魚だそうです。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ダイビング時間は40~45分で、この群れの回りで10~15分くらい留まってくれます。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

他の見どころとしては、カエルアンコウがたくさんいるので、一回で数匹は見られると思います。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

最大深度が12mくらいのダイビングになるので、初心者でも安心して楽しめますし、体験ダイビングも行われています。体験ダイビングは、このようにガイドがタンクの部分をつかんで牽引する形です。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

黄色い服の人のように、スノーケリングでも簡単に楽しめますので、スノーケリングでも良いと思います。

 

 

■飛び込み台

※1:26~飛び込み台と、スノーケリングの様子が流れています。

 

カリカサンリゾートの隣にある飛び込み台で、カリカサンリゾートとは違う施設のため、別途400ペソかかるのですが約10mの高さから飛び込むことができます。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

横から見ると、こんな感じ。ここはすでに中国人の方には知られたポイントらしく、若い人たちが集団で訪れています。

 

ぜひやってみてください♪

 

 

■ヒナグダナン鍾乳洞

 

透き通った碧い水をたたえる小さい鍾乳洞です。マンホールのごとき小さい入口から地下に入っていきます。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

すると、中には見事な鍾乳洞が。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

規模は小さいですが、逆にサクッと見られて良いと思います。泳ぐことも出来るようで、上の動画の00:36辺りから洞窟の様子が映っています。

 

 

■バリカサグ島

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

また、ボホール島からは様々な有名ダイビングポイントに行くことが出来ますが、中でも頭1つ抜けた世界的なポイントが「バリカサグ島」です。

 

小さな丸い島で、透明度が高い中で魚影もとても濃いです。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

大型のカメがたくさん。

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

パープルビューティーの群れも美しいです。

 

アロナビーチからは船で約40分。アロナビーチで客引きに申し込めば翌日には行くことができます。ワイド、マクロ、群れと、どれだけ潜っても飽きることは無いすごいポイントですので、ぜひ行ってみてください。

 

以上になります。ボホール島のチョコレートヒルズやターシャについては、こちらの特集ページをご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-セブ空港 (約5時間、セブパシフィック)

 

セブ空港-タグビララン空港(約20分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ナパリン」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典
フィリピンの設定です。

備考

 

⇒フィリピンの関連商品

 

⇒セブ島留学の関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆

スポンサーリンク