「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

カイロ

(Cairo)

場所

エジプト

(Egypt)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

10月~3月

(冬季)

 

カイロはアラブ圏最大の都市で、ギザのピラミッドを始めとした古代エジプトの遺跡群が有名です。こちらのページでは中洲とイスラム地区の見どころについてご紹介します。空港から市内へのアクセス、カイロパス、考古学博物館については「カイロ①」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■カイロの見どころ一覧

 

カイロには多くの見どころがありますが、ここは外せないという5ヶ所を厳選しました。当ページでは緑と赤のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

カイロは新市街(青)、中洲(緑)、イスラム地区(赤)、そして南部にある「オールドカイロ」の4エリアに区分されます。宿は新市街に多く、考古学博物館に歩いて行けるような距離がオススメです。

 

 

■カイロタワー

 

 

1961年に造られた塔で、アフリカで2番目に高い建物です。ナイル川に浮かぶゲズィーラ島にあり、天気の良い日であれば展望台からギザのピラミッドを見ることができます。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

展望台は屋外なので開放感も抜群です。エジプトというと、つい遺跡やモスクに目がいってしまい、カイロタワーのような新しい観光地は人気が低いですが、素晴らしい景色を一望できるのでオススメです。

 

【カイロタワー】
・営業時間:9時~25時
・料金:180ポンド
・アクセス:地下鉄オペラ駅下車、徒歩6分

 

 

■シタデルとガーマ・ムハンマド・アリ

 

 

シタデルは城塞を意味していて、十字軍を撃退した英雄サラディンが1176年に建設しました。内側にはマルムーク朝やオスマン朝時代の建物もあり、さながら大きな歴史博物館といったところです。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.jp

 

ムカッタムの丘に建てられていて、テラスからは素晴らしい景色を一望できます。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「軍事博物館」。中世から現代までの武器や模型が展示されていて、外には戦闘機や戦車が並んでいます。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最大の見どころは、カイロのランドマークである「ガーマ・ムハンマド・アリ」です。エジプトではモスクのことをガーマと呼びます。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トルコのブルーモスクをモデルにしているので、複数のドームやミナレットが造られています。これはエジプトのモスクとしては極めて珍しい特徴です。

 

中もブルーモスクと似た造りになっていて、円状にめぐらされたライトが幻想的な空間を演出しています。

 

【シタデルとガーマ・ムハンマド・アリ】
■営業時間:8時~17時
■料金:140ポンド(シタデル内共通)
■アクセス
・タフリール西から「160番」のバス
・アフマド・ヘルミ広場から「401番」のバス
・料金:1ポンド

 

 

■ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

 

 

879年に建てられた、カイロに現存する最古のモスクです。高さ40mのミナレットは、外側に螺旋階段がもうけられているという独特な形状をしています。

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

これは、イラクのサーマッラーのマルウィヤ・ミナレットをモデルにしています。

 

■サッマーラー
「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://commons.wikimedia.org

 

螺旋式のミナレットは、実は世界に3つしかありません。とはいえイラクには治安の面でなかなか行けませんから、エジプトで行けるというのは嬉しい限りです。また、カイロは「1000のミナレットを持つ街」と形容されていますが、老朽化が進んで登れるミナレットは減ってきています。カイロタワーとはまた違った眺望なので、ぜひミナレットには登ってみてください。

【ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン】
・営業時間:8時~17時
・料金:無料
・アクセス:タハリール広場からタクシーで約20分

 

 

■ハーン・ハリーリ

 

 

カイロの一大スークで、観光客向けの土産物も全て揃っています。レストランやカフェも多く、歩くだけで楽しい場所なので、カイロ滞在中に一度は行ってみてください。特に夜は売り物のランプの灯りで幻想的な空間になります。

 

■アクセス
・地下鉄アタバ駅から約500m
・タハリール広場から車で約10分

 

以上になります。イスラム地区は他にもたくさんのガーマがありますので、ぜひ時間を取って散策してみてください。空港から市内への移動や考古学博物館については「カイロ①」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カイロ空港(約13時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カイロ②中洲とイスラム地区」徹底ガイド:旅の大辞典
エジプトの設定です。

備考

 

⇒エジプトのガイドブック

 

カイロ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆