「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

イスタンブール

(Istanbul)

場所

トルコ

(Turkey)

時差

-6時間

サマータイム:無し

時期

春~秋

 

イスタンブールは古代から世界史の中心地の1つで、「ビザンティウム」「コンスタンティノープル」と名前を変えながら、東西の交易路として発展し続けました。当サイトでは4ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■イスタンブールの見どころ一覧

 

イスタンブールには多くの見どころがありますが、ここは外せないという7ヶ所を厳選しました。こちらのページでは赤のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■スルタン・アフメット・ジャーミー

 

 

1616年に造られたモスクで、イスタンブールのシンボルであるとともに「世界で最も美しいモスク」と称されます。その色合いから「ブルーモスク」とも呼ばれていて、世界で唯一となる6本のミナレットが、高さ43m、直径27.5mという巨大なドームを囲んでいます。

 

6本になった理由は諸説あります。1つ目は、スルタンが建築家に言った「アルトゥン(黄金)」という言葉を、建築家が「アルトゥ(6本)」と聞き間違えたという説。これはあるかもしれないですね(^^;)

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2つ目は、当時6本のミナレットを持つモスクはメッカにしかなくて、それと同格にするために6本にした。しかし、そのままでは怒られてしまうので、メッカに新たなミナレットを1本贈り「メッカは7本・イスタンブールは6本・他は4本」という構図を造って別格なものにした、という説です。真偽は定かではありませんが、とにかく雄大な姿です。

 

 

内部は数万枚のブルータイルやステンドグラスで覆われていて圧巻の美しさです。礼拝の時間は入ることが出来ません。また、肩やヒザが出ている服装はNGですが、入り口で民族衣装を貸してもらえます。

【スルタン・アフメット・ジャーミー】
■営業時間
・4月~9月:8時半~19時
・10月~3月:8時半~17時
■料金:無料
公式HP

 

ちなみにマレーシアにもブルーモスクと呼ばれるモスクがあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

■マレーシアのブルーモスク
「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■アヤソフィア・ジャーミー

 

 

350年頃にキリスト教の大聖堂として建設され、その後、幾度となく焼失・破壊・崩壊・再建を繰り返し、1453年にオスマン帝国のメフメト2世がモスクとして使うことを宣言しました。

 

そして1934年、トルコ共和国の初代大統領であるムスタファ・ケマル・アタテュルクが「博物館」に転用したことで世俗化され、一切の宗教的使用が禁じられました。このときの改装・修復で、漆喰に覆われていた昔のモザイク画などが再び姿を表しました。

 

 

内部は世界のどの教会やモスクとも違う雰囲気になっていて、ドームの一角には大きく聖母マリアが描かれています。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして「聖母マリアの手形」「すすり泣く柱」と呼ばれる名所があります。柱の小さなくぼみに指を入れて濡れるか、親指をくぼみに入れた状態で残りの指を柱につけて一回転させられれば願いが叶うとされています。こんな感じです。

 

 

さらに2020年7月24日、アヤソフィアは再びモスクに戻り「アヤソフィア・ジャーミー」となりました。同日、実に86年ぶりとなる金曜礼拝が行われ、トルコ政府の首脳陣も顔を揃えました。礼拝の時間以外であれば引き続き中に入ることが可能です。モスクなので入場料も無くなりました。夜には美しくライトアップされます。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

【アヤソフィア・ジャーミー】
■営業時間
・4月~9月:9時~19時
・10月~3月:9時~17時
■料金:無料

 

 

■トプカプ宮殿

 

 

1453年からオスマン帝国のスルタン(君主)が暮らした宮殿で、現在は博物館として使用されています。実は「宮殿」に相当する建物はなくて、東京ドーム15個分に相当する70万平方mの敷地に立ち並ぶ、ハーレム・宝物館・離れ・議会場などの20以上の建物を総称して「トプカプ宮殿」と呼びます。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典 「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典 「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

特に宝物館は見ごたえがあり、シンドバッドの冒険やアラジンの中に出てくるような「財宝」の数々が展示されています。非常に人気なので基本的に行列が出来ています。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.pt

 

真ん中は「「スプーン職人のダイヤ」といって、世界で7番目に大きい86カラットのダイヤモンドを、49個の小さいダイヤモンドで囲んでいますΣ(゚∀゚ノ)ノ 右下は「トプカプの短剣」。3つの大きなエメラルドがはめ込まれ、ダイヤモンドも散りばめられています。

 

しかし、トプカプ宮殿の一番の見どころはダイナミックなその展望です。敷地内には4つの庭園がありますが、第4庭園からは金閣湾と新市街を一望できます。

 

【トプカプ宮殿】
■営業時間
・4月~9月:9時~18時45分
・10月~3月:9時~16時45分
・火曜日:休み

 

■料金
・入場料:60リラ
・ハーレム:35リラ

 

■オーディオガイド
・トプカプ宮殿:20リラ
・ハーレム:20リラ
・トプカプ宮殿+ハーレム:30リラ

 

 

■地下宮殿

 

 

正式名称は「バシリカ・シスタン(Basilica Cistern)」といって、宮殿と名がついていますが実際には東ローマ帝国時代に造られた巨大な貯水槽です。全長143m、幅65m、高さ9mという巨大な空間で、ぼんやりと灯りがともる薄暗い空間に336本もの大理石の柱が並んでいます。

 

 

現在も水が張られていて、水の中には魚がたくさん泳いでいます(^^;) そして最大の見どころは、1985年の改修工事で発見された2つの「メデューサの土台」です。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典 「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

なぜか2つの柱だけ土台がメデューサの彫刻になっているんですΣ(゚∀゚ノ)ノ 目がギョロッとしているので迫力があります。なぜ2つだけこうなっているのか、その理由は未だに分かっておりません。

 

ここにもアヤソフィアと同じく、親指を入れて一回転させると願いが叶うと言われている柱があります。「涙目の円柱」と呼ばれていて、観光客が試していると思うので探してみてください。中央の左側にあります。

【地下宮殿】
・営業時間:9時~18時半
・料金:30リラ
・無休
公式HP

 

 

■グランドバザール

 

 

15世紀半ばからの歴史があるバザールで、現地では「屋根付き市場」を意味する「カパルチャルシュ」と呼ばれています。スルタン・アフメット地区に隣接する「ベヤズット地区」にあり、アヤソフィアから徒歩10分です。

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

4000店が軒を連ねる巨大バザールは、入り口だけで21ヶ所もあり、中には60もの通路が入り組んでいるので、油断すると迷子になります(^^;) 業種ごとにエリアが分かれているので、目当てのものがあるときは便利です。地図はこちらで、下記の色分けになっています。

・金:金製品
・緑:絨毯
・青:衣類
・オレンジ:銅製品
・紫:布関係
・ピンク:お土産・雑貨
・茶:革製品
・赤:骨董品
・灰:銀製品

 

シーシャや絨毯、チャイのポッドやトルココーヒーなど、お土産は全部揃いますので旅の最終日にでも行ってみてください。

【グランドバザール】
・営業時間:8時~19時
・日曜日:休み

 

以上になります。続きまして下記から観光の見どころをご覧ください。

 

イスタンブールは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-イスタンブール空港(約12時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「イスタンブール②スルタン・アフメット地区」徹底ガイド:旅の大辞典
トルコの設定です。

備考

 

⇒トルコのガイドブック

 

イスタンブール
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆