「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

クリスマス島

(Christmas island)

場所

西オーストラリア州

(Western Australia)

時差

-2時間

サマータイム無し

時期

11月下旬~12月上旬

 

クリスマス島は、数千万匹に及ぶカニが道路や浜辺を真っ赤に埋め尽くす「カニのパレード」で世界的に有名です。西オーストラリア州に属しますが、位置としてはインドネシアのジャワ島の下という感じです。パースから飛行機で行くのが一般的です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はパースとフライング・フィッシュ・コーブ(クリスマス島)です。

 

パースは西オーストラリア州の州都で、オーストラリア有数の大都市です。実は日本の鹿児島県と姉妹都市になっています。文化・教育・観光の中心で世界中から多くの人が訪れます。人口は約206万人。

 

最寄りの空港はパース空港(PER)。国内外合わせて約50都市に就航しています。2019年の9月から、成田からの直行便が運行しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。パース空港から市内への行き方は、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

パース
Booking.com

 

フライング・フィッシュ・コーブはクリスマス島唯一の町です。教会や学校もありまして、町としてちゃんと機能しています。ビジターセンターや宿もありますので、個人旅行で滞在することができます。人口は約2000人。

 

最寄りの空港はクリスマス・アイランド空港(XCH)。パースとココス諸島とのみ就航しています。航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

フライング・フィッシュ・コーブ
Booking.com

 

 

■クリスマス島の概要

 

 

クリスマス島は1643年12月25日に発見されたので、その名前が付けられています。空港は町から南東に約5km離れていて、町への移動方法はタクシーになります。所要時間は約10分、料金は約10A$です。

 

 

カニの大群以外では、ジンベエザメやマンタが集まるダイビングのメッカとしても知られています。

 

 

 

■カニのパレード

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.abc.net.au

 

テレビで一度は見たことがあるカニの大移動。クリスマス島で繁殖期に毎年発生する一大イベントです。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.lifegate.com

 

カニの種類は、オーストラリアのクリスマス島とココス諸島にのみ生息する「クリスマスアカガニ」。最大で12cmにもなるカニで、クリスマス島だけで約1億2千万匹が生息しているとされていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.catersnews.com

 

11月中旬、普段は森に住んでいるカニたちは、海へ向かって1週間に及ぶ大移動を始めます。雑食性で、落ち葉や花などを食べるためエサには困らないようです。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.lifegate.com

 

この時期は、町中もカニだらけで防ぎようがありません(^^;)

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.peregrinetraveladelaide.com.au

 

海に着いたカニ達は、まずオスが産卵のための穴を掘ります。準備が出来ると交尾を行い、オスはすぐに森へと帰り、メスは約2週間卵を抱えます。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.lifegate.com

 

お腹にたっぷり卵を抱えていますね。この卵は海水に触れると短時間で孵化するという性質があり、メスのカニ達は波の到来に合わせて卵を放出します。

 

卵の放出といっても、なかなかイメージがわかないと思います。こちらの動画に完璧に収められていますのでご覧ください。特に分かりやすい放出シーンは3:53~4:07、6:44~ラストです。

 

 

ちょっと衝撃映像のレベルではないでしょうか(^^;) 両手を上げて身体を振って一気に卵を放っていますΣ(゚∀゚ノ)ノ しかし、これらは海の生き物達にとって絶好の食事なので、マンタやジンベエザメのような大型の生き物も加わって大量に捕食されてしまいます。

 

この、ただ捕食される期間を3~4週間経て、運良く稚ガニに成長出来た個体だけが浜辺に戻ってきます。そのときの大きさは約5mmと小さいのですが、それでもこの状態です(^^;)

 

 

稚ガニたちは約10日の旅を経て森へとたどり着きます。その後、約3年は石や木の下で隠れて暮らし、4・5歳になってようやく大人となり、産卵のために海に出るようになります。

 

これら一連の大移動はカニ達にとってはまさに命がけで、一番の天敵はやはり人間です。もちろん、そこに生まれ育った人たちからしてみれば、そんな事言われても仕方ないのですが、カニ達にとっては「道路を通る車」が殺戮兵器になってしまいます。

 

ちょっとありえない映像がありました…。おそらく意図的にカニを車でひいている映像です。(削除されているかもしれません)

 

 

これは論外ですが、とはいえ島民が車で移動する中で結果としては同じことが起こり、多くのカニが犠牲になってきました。そのため、現在では様々な対策が取られています。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.christmas.net.au

 

まず、ピーク時には道路は完全に封鎖されます。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.telegraph.co.uk

 

そしてこちらは歩道橋。手前から壁を使ってカニ達を橋へと誘導しています。

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらはカニ専用の地下道です。ただ、それでも完璧では無いので、車にも工夫がなされるようになりました。

 

 

これらによって、人間の犠牲になるカニ達は激減したそうです(^^) 生命の躍動を目の当たりに出来るクリスマス島。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■郵便局で切手を買おう

 

 

町の郵便局ではクリスマス島ならではのカワイイ切手を買うことができます。土産物などにもオススメですので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://rainbowstampclub.blogspot.com

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パース空港(約10時間)

 

パース空港-クリスマス島空港(約6時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「クリスマス島」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒西オーストラリア州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

フライング・フィッシュ・コーブ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆