ベリーズのスキューバダイビング(ベリーズの絶景)

ベリーズのスキューバダイビング(ベリーズの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ベリーズのスキューバダイビング(ベリーズの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ベリーズのスキューバダイビング

(scuba diving )

場所

ベリーズバリアリーフ

(Belize Barrier Reef)

時差

15時間

時期

3月~6月

 

ベリーズはユカタン半島にある、日本の四国地方ほどの小さい国です。カリブ海の美しい海、マヤ遺跡、熱帯雨林のジャングルなど神秘的な魅力が旅行者を惹きつけています。

 

治安の良さに加え、旧イギリス領のため英語が使われているので、他の中米諸国と違い、日本人にも非常に観光しやすい国なんです。

 

世界2位の規模を誇るベリーズバリアリーフは総延長が240km。そこに「キー(Caye)」と呼ばれる200以上もの小さい島々が浮かぶ姿は「カリブ海の宝石」と称されます。

 

サンゴ礁の他にも、ラグーンや亜熱帯林など、まさに「水」がキーワードの国となっています。

 

特にスキューバダイビングにおいては、「世界7大水中景観」の1つにも数えられるほど多様な魅力を誇ります。

 

このページでは、ベリーズの様々なダイブスポットをご紹介します。特に有名な「グレートブルーホール」は特集ページをご覧下さい。

 

 

■目次

 

 

■グラデンスピット(Gladden Spit)

バハマの絶景

 

別名「ジンベエザメゾーン」。

 

毎年、3月~6月の満月前後、フエダイの一種である「スナッパー」という魚が何万匹と集まり産卵をします。その卵を食べに極めて高確率でジンベエザメが訪れるという、奇跡のようなダイブスポットで、世界中のダイバーが集まります。

 

ダイバーが集まっていると、むしろジンベエの方から近寄ってきます。透明度も高いので、美しい写真を前後左右上下から自在に撮ることができますよ♪

 

ちなみに、グラデンスピットは自然保護区になっていて、深度21mを超えることが禁止されていますので、ガイドに合わせて厳守してください。

 

拠点の街はプラセンシア(Placencia)。港からボートで3時間くらいです。船酔いに弱い人は薬を飲んでいきましょう。

 

ちなみに、プラセンシアには「プラセンシア・サイドウォーク」という小道があります。マヤ族の人たちが土産物を売っていたりするのですが、ここは「世界一狭い歩道」としてギネス記録に認定されています。お時間があったら行ってみてください♪別にそこまで狭くないと思うんですけどね…(^^;)

 

 

■プラセンシア・サイドウォークバハマの絶景

 

 

■サンペドロ(san pedro)

ベリーズの島で最も大きい「アンバ・グリンス・キー」にあるサンペドロは、小さい町ですがベリーズ最大のリゾート地です。高い建物は一切ない、まさに南国の楽園。ベリーズ空港から飛行機で15分。船では1時間です。

 

観光地なので物価が高く、現地の人々は、わざわざ隣のキー・カー・カーまで買い物に行くそうです。

 

サンペドロには無数のダイブスポットがありますが、特に有名な2つをご紹介します。

 

 

ホール・チェン海洋保護区(Hol Chan Marine Reserve)
バハマの絶景

 

ベリーズで最も有名なダイブスポット。サンペドロから船で15分です。たくさんの種類のカラフルな魚群は、まさに水族館の水槽に潜っているかのよう。水深も3m~10mと浅く、シュノーケリングでも美しいサンゴ礁の海を堪能できます。初心者から上級者まで幅広く楽しめるスポットです。

 

シャークレイ・アレイ(SHARK‐RAY ALLEY)
バハマの絶景

 

数百匹のシャークレイとスティングレイ(エイ)が群れるスポット。気が付けば周りはサメだらけになっています。

 

水深も浅いので、キレイで迫力のある写真を撮ることができます。ほかにもナースシャークやウミガメも普通に現れますよ♪

 

グレートブルーホール(Great Blue Hole)
バハマの絶景

 

世界的観光地として非常に有名です。詳細はこちらからご覧ください。

 

バハマの絶景

 

サンペドロでは、ビーチに面していて絶景を満喫できる「バナナビーチリゾート」が欧米客に人気で常に予約待ちとなっています。日程が合えばぜひ泊まってみたいホテルですね。
クチコミはトリップアドバイザーをご覧下さい。
最安値を探したい場合は「トリバゴ」が早いです。
 カナダの絶景

 

 

■ベリーズシティ(Belize City)

バハマの絶景

 

ベリーズシティ周辺にも様々なスポットがありますが、知っておきたいのはマナティ保護区になっている「スワロー・キー」です。

 

ベリーズシティから船で約20分。保護区であるため、一緒に遊泳できないのが残念ですが、カワイイ姿を船上から見ることができます。

 

ただ、せっかくなら一緒に泳ぎたいですよね。その可能性があるのが、キーカーカー保護区の北にある「North channel」です。必ずとは行きませんが、よく目撃談が聞かれますので、時間があれば試してみてください♪

 

また、マナティといえばフロリダのホモサッサスプリングスが聖地です。こちらで特集しておりますので、ご覧下さい。

 

 

■キー・カーカー(Caye Cualker)

バハマの絶景

 

ベリーズシティから船で40分。物価や宿代が安く、世界中のバッグパッカーが集う一大観光地です。

 

無数のダイビングスポットがあり、基本的にベリーズのメインのダイビングスポットへは、どこでもキーカーカーからアクセスすることができます(遠い場所はクルーズなどになる場合もありますが)。上記のマナティ保護区へのツアーも催行されていて、75ベリーズドル(約4100円)です。

 

特に有名なのが、世界最長クラスの水中洞窟です。鍾乳石が見事ですので、上級者は行ってみてください♪

 

バハマの絶景

 

 

■備考

ちなみに、ベリーズを訪れる日本の方は、おそらく他の国と合わせて回る方が多いかと思います。旅のスタイルは様々ですが、せっかくのカリブ海を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪楽しさ倍増ですよ(^^)/

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

また、潜れるようになったら必ず持っておきたいのが「水中カメラ」です。

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

ベリーズへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■近畿日本ツーリスト 

 

行き方

■航空便例
・日本-ベリーズシティ国際空港
(約17時間、ユナイテッド航空、ヒューストン経由)

 

■ベリーズシティ国際空港-サンペドロ空港(15分)

 

■現地のダイブショップで申込

ホテル検索

 

 ←プラセンシアの設定です。
 ←サンペドロの設定です。
 ←キーカーカーの設定です。
 ←ベリーズシティの設定です。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

ベリーズのスキューバダイビング(ベリーズの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ベリーズの設定です。

備考

 

⇒ベリーズの関連商品

 

⇒パイレーツオブカリビアンの関連商品

 

 

 

 

中米のガイドブック

 



スポンサーリンク



ベリーズのスキューバダイビング(ベリーズの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆