「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

モートン島

(moreton island)

場所

クイーンズランド州

(Queensland)

時差

+1時間

(サマータイム無し)

時期

4月~5月

9月~10月

 

モートン島は世界で3番目に大きな砂地まで、野生のイルカの餌付けと、ジュゴン探訪クルーズが世界的に有名です。その他、様々なアクティビティがあり、ブリスベンから簡単に行けるので、ぜひ行ってみてください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はブリスベン。シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市です。1838年にヨーロッパ人の入植が始まりました。人口は約230万人です。

 

最寄りの空港はブリスベン空港ブリスベン空港(BNE)。国内外合わせて80以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ブリスベン
Booking.com

 

 

■ブリスベン空港から市内

 

 

ブリスベン空港は市内中心部から北東に約13km離れています。市内への移動方法は、バス、電車、タクシーの3つです。

 

バスで行く

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「コニクション・エアポート・トランスファー(Con-x-ion Airport Transfer)」という乗り合いバスが、空港から市内までをつないでいて、目的地まで送ってくれます。各ターミナルの到着ロビーのサービスカウンターで申し込みます。

・ブリスベン市内:15A$~
・ゴールドコースト周辺:30A$~
・サンシャインコースト周辺:45A$~
公式HP

 

電車で行く

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

エアトレインという列車が空港とブリスベン市内、そしてゴールドコーストまでを結んでいます。チケットは券売機で購入します。

・5時頃~22時頃まで運行
・15~30分おきに運行
・ブリスベン中央駅まで:18.5A$/約30分
・ゴールドコースト・ロビナ駅まで:33.7A$/約2時間

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制です。空港利用料が3.7A$加算されます。また、深夜や週末などは割増になります。

・ブリスベン市内まで:45A$~/約30分
・ゴールドコーストまで:150A$~/約2時間
・サンシャインコーストまで:150A$~/約2時間

 

 

■モートン島へのアクセス

 

 

モートン島はブリスベンの沖合約40kmにある砂島で、ほぼ全域がモートン島国立公園に指定されています。島の西部中域に「タンガルーマ」というリゾートエリアがあり、ホテルが数軒ありますが、それ以外は基本的に手つかずの大自然です。

 

なので、観光の仕方は「タンガルーマのホテルに宿泊してアクティビティを申し込む」か、「ブリスベンからツアーに参加する」の2つになります。

 

■ホルトストリートワーフ

 

いずれにしてもブリスベンからはフェリーになりまして「ホルトストリートワーフ」のフェリー乗り場から出発します。所要時間は約1時間15分です。宿泊客以外は大きな荷物は持ち込めませんので注意してください。

 

■タンガルーマアイランドリゾート
 

 

タンガルーマで最大のホテルで何かと便利です。予約はこちらから出来ます。

 

 

■イルカの餌付け

 

モートン島で一番人気のアクティビティで、なんと野生のイルカの餌付けを体験することができますΣ(゚∀゚ノ)ノ 島の周辺には約600頭のイルカが生息していて、元々、日没後に浅瀬にやってくる姿が目撃されていました。1992年にイルカの生態を研究していた機関が餌付けを初めて、今では平均して6~8頭が毎晩姿を表すようになっています。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

観光客はスタッフの指示に従って一列に並びます。見てのとおり、海の中に入って直接エサを与えられます(^^) 50cmくらい水につかりますので、水着を忘れないようにしてください。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

餌付けにあたって説明がなされます。主なものは下記になります。

・イルカに手を触れない
・日焼け止めなどを塗った状態で餌付けをしない
・エサは水中であげる

 

スタッフが写真を撮ってくれますので、にっこり笑顔で記念写真を撮ってください(^^) モートン島の宿泊客は1回無料で餌付け体験を行うことができます。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

餌付けツアーには「船の上からエサをあげる」というツアーもありますので、申し込む際には「直接の餌付け」かどうかを確認して下さい。

 

 

■ジュゴン・クルーズ

 

モートン島周辺は、世界でも珍しいジュゴンの一大生息地になっていて、数百頭のジュゴンが生息しています。空から見ると、ときにはこんなことになっているようですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.jp/tangaloomaqld/

 

なので、かなりの確率で出会うことができます。他にイルカやウミガメが現れることも(^^) ジュゴンは起きている間はひたすら海底の水草を食べている生き物なのですが、15分に1回くらい呼吸をしに水面に上がります。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1分くらいで、また下に潜ってしまうのですが、意外と大きな体と愛くるしい顔のギャップがたまりません。ジュゴンクルーズの料金は約65A$です。

 

 

■サンドボード

 

モートン島には世界一高い砂丘「テンペスト山」があります。高さは285m。この山の一部を使い、高さ50m地点まで登って、約150mの距離を一気に下るアクティビティです。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最高時速は40kmにもなるので、怖くなったら早めに転がってしまいましょう。砂なので大丈夫です(^^) ツアーの所要時間は90分で、料金は約45A$です。

 

 

■沈没船タンガルーマ号

 

15隻の船が「防波堤」として人工的に沈められた場所で、スノーケリング、ダイビング、カヤッキングの名所になっています。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典: https://www.tangalooma.com

 

美しい海に赤く錆びた廃船の数々は、ファンタジーの世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ホエールウォッチング

 

毎年6月~11月になると、周辺には15000頭以上のザトウクジラが訪れます。シーズン中であれば、ほぼ100%の遭遇率だそうです。ツアーは約3時間で、料金は約75A$です。

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。その他、スキューバダイビング、遊覧飛行、パラセーリング、グランピング、4WDツアーなど、様々なアクティビティがありますので、旅程に合わせて選択してください。

 

モートン島には日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらのサイトでも日本語で申し込めます。数はこちらの方が多いです。

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ブリスベン空港(約9時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「モートン島」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒クイーンズランドのガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ブリスベン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆