「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ブルーマウンテンズ

(Blue Mountains)

場所

ニューサウスウェールズ州

(New South Wales)

時差

+1時間

(サマータイム無し)

時期

4月~5月

9月~10月

 

ブルー・マウンテンズは世界遺産に登録されている国立公園で、スリーシスターズを始めとする峡谷の絶景が有名です。シドニーから日帰りで簡単に行くことが出来ます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はシドニーとカトゥーンバです。

 

シドニーは、オーストラリア最大の都市であり、南半球随一の世界都市です。約4万年前からアボリジニーが暮らしていたとされています。首都はキャンベラなので間違えないようにしてください。人口は約410万人。

 

最寄りの空港はシドニー空港(SYD)。国内外合わせて約100都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。ブリスベンやゴールドコーストからの陸路の移動はこちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

シドニー
Booking.com

 

カトゥーンバは、ブルー・マウンテンズ国立公園の玄関口です。19世紀の終わりから観光地として開発されてきました。人口は約8000人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カトゥーンバ
Booking.com

 

 

■シドニー空港から市内

 

 

空港は市内中心部から南に約10km離れています。空港から市内への移動方法は電車かタクシーになります。

 

電車で行く

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「エアポートリンク」という電車が空港から市内までをつないでいます。

・4時半頃~25時頃まで運行
・セントラル駅まで約15分
・料金:市内エリアは17.8A$
公式HP

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、所要時間は約30分、料金は44~55A$です。空港利用料が4.5A$加算され、22時~6時は深夜割増になります。

 

 

■ブルーマウンテンズへのアクセス

■セントラル駅
 

 

シドニーのセントラル駅から、カトゥーンバ駅まで直通列車が出ています。

・4時半頃~23時半頃から運行
・20~60分おきに運行
・所要時間:約2時間
・料金:20~40A$

 

■カトゥーンバ駅
 

 

国立公園内は2つのバスが運行しています。

 

ブルーマウンテンズ・エクスプローラー

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

気持ちの良い2階建てバスです。

・29ヶ所をめぐる循環バス
・9時15分~17時半まで運行
・30分に1本運行
・料金:40A$(1日券)
公式HP

 

トロリーツアーズ

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

レトロな雰囲気のバスです。

・29ヶ所をめぐる循環バス(同上)
・9時45分~16時45分まで運行
・1時間に1本運行
・料金:25A$(1日券)
公式HP

 

以上が個人での行き方になります。ブルーマウンテンズは日本語で予約できる現地ツアーも多いです。詳細はこちらからご覧ください。

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ブルーマウンテンズの見どころ

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ブルーマウンテンズは「マウンテンズ」と名付けられていますが、実際にはグレートディヴァイディング山脈の一角にある「高原地帯」です。ユーカリの木から発せられるオイルが太陽の光に反射して、全体が青くかすんで見えることから名付けられました。

 

スリーシスターズ

 

 

ブルーマウンテンズのシンボルになっている3つの奇岩です。カトゥーンバの町の南端にあるエコーポイントという展望台から一望できます。

 

 

高さはそれぞれ900mを超えていますΣ(゚∀゚ノ)ノ 周辺には太古よりアボリジニのダルーグ族、グンドゥングラ族、ウィラジュリー族、ダーワル族などが居住しています。スリーシスターズはアボリジニの伝説によれば、マイナー、ウィムラー、ガナドゥという3姉妹が、村の長老によって岩へと変えられてしまった姿とのことです。

 

シーニックワールド

 

 

3つの乗り物で大自然を楽しめる施設で、上記のエコーポイントから徒歩で約30分ほどの場所にあります。

 

■マップ
「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1つ目は「シーニック・レイルウェイ」。最大斜度が52度というトロッコ列車です。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

約2分で310mの断崖を降下していきます。結構スピードが速いので面白いです。また、座席に角度調節のボタンがついていて、最大で64度まで上げることができますΣ(゚∀゚ノ)ノ 空いていれば何回でも載せてくれます。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2つ目は「シーニック・ケーブルウェイ」。ジャミソン渓谷の谷底から頂上までの545mを往復します。こちらはゆっくりなので安心です。なんと最大で84名も乗車できます。上記の「シーニック・レイルウェイ」から遊歩道でつながっていて、徒歩で約15分です。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

3つ目は「シーニック・スカイウェイ」。ジャミソン渓谷の上空にかかるゴンドラで全長は270m。約7分で往復します。床がガラスになっている大人気のアトラクションです。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

【シーニックワールド】
・営業時間:9時~17時
・料金:35A$(大人)/18A$(子供)
・所要時間:約2時間
公式HP

 

ジェノラン・ケーブ

 

 

カトゥーンバから車で1時間ほどの場所にある洞窟群で、発見されている鍾乳洞としては世界最古と言われています。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

合計9つの鍾乳洞と美しい地下河川があり、ガイドツアーで見学することができます。中はキレイにライトアップされています。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、岩壁にポッカリと空いた「カルロッタ・アーチ(Carlotta Arch)」も見応えがあります。

 

 

また、恐竜が現れそうな「ブルーレイク(Blue lake)」も見逃せません。

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「カルロッタ・アーチ」と「ブルーレイク」は洞窟の周辺にあり、徒歩で行くことができます。このジェノラン・ケーブ周辺へ行きたい場合、シドニーから日帰りは相当厳しいので一泊二日でスケジューリングするのが無難です。

 

また、ここを絡めるのであれば、そもそもシドニーからツアーに参加してしまうのも良いと思います。その場合は、カルロッタ・アーチとブルーレイクへ行くか確認してください。

 

ルーラ・カスケード

 

 

カトゥーンバの隣にあるルーラ(レウラ)の町にある滝です。ウォーキングコースが整備されていて、1時間コースと2~3時間コースがあります。

 

リンカーンズ・ロック

 

 

「ウェントワース・フォールズ」の町の南に位置するビューポイントで、「キングステーブルランド高原」の雄大な光景を一望できます。

 

 

ブルーマウンテンズ随一のビューポイントで、ノルウェーの「プレーケストーレン」「トロルの舌」、カンボジアの「プリアヴィヒア」に匹敵する世界レベルの場所だと思います(^^)

 

 

以上になります。シドニーに来たら外せないブルーマウンテンズ観光。ぜひゆっくり時間を取って楽しんでください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-シドニー空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ブルーマウンテンズ」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒シドニーのガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

シドニー
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆