「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

シュコツィアン洞窟群

(Škocjan Caves)

場所

スロベニア

(Slovenija)

時差

8時間

時期

5月~9月

 

シュコツィアン洞窟群は、ポストイナ鍾乳洞から南西に約30km離れていて、ポストイナよりも知名度は低いですが、勝るとも劣らない素晴らしい世界が広がっています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はリュブリャナとディヴァーチャです。

 

リュブリャナはスロベニアの首都で、約4000年前の人類の痕跡が残されているという歴史ある土地です。スロベニアでは唯一の国際都市であり、人口は約30万人です。リュブリャナの見どころは、こちらからご覧ください。

 

最寄りの空港はリュブリャナ空港(LJU)。国外の18都市へ就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

リュブリャナ
Booking.com

 

ディヴァーチャは、イタリアのトリエステまで約20kmの場所にあり、シュコツィアン洞窟群の最寄りの町になります。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ディヴァーチャ
Booking.com

 

 

■空港から市内へのアクセス

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

リュブリャナ空港は市内中心部から北に約25km離れています。移動方法は、路線バス、シャトルバス、タクシーの3つです。

 

路線バスで行く

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「28番」の路線バスが空港と市内中心部をつないでいます。

・料金:4€
・所要時間:約45分
・平日:5:20~20:10
(1時間毎に1本運行)
・土日祝:6:10~19:10
(2~3時間に1本運行)
時刻表

 

シャトルバスで行く

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ミニワゴンタイプの乗り合いバスが出ています。停車駅はありませんが、乗客の行き先を近いところから周っていきますので、完全な直行にはなりません。

・料金:10€
・所要時間:30~40分

 

タクシー

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

市内中心部までは約30分です。上の画像はリュブリャナの公式HPのものですが、どれだけ高くても35€以上はありえない、ということみたいですね。空港タクシーですから、そこまで悪いことはしてこないとは思いますが、メーター制でも遠回りされることもありますから、一応相場を知っておくと良いと思います。

 

 

■リュブリャナからディヴァーチャへのアクセス

■リュブリャナ駅
「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

リュブリャナ駅からディヴァーチャ駅まで直通列車が出ています。時刻表の検索はこちらです。出発駅に「Ljubljana」、到着駅に「Divaca」を入れて検索してください。

・6:00~21:03まで運行
・1日10本程度
・所要時間:約1時間半
・料金:7.7€

 

■ディヴァーチャ駅
「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ディヴァーチャ駅からシュコツィアン洞窟群までは、無料のシャトルバスが出ています。

 

 

 

■シュコツィアン洞窟群の概要

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

シュコツィアン洞窟群は、全長約6kmの鍾乳洞で、内部は最大で深さ200mにもなります。周辺は「クラス地方(Kras)」といって、ドイツ語では「カルスト地方」。すなわち石灰質の土壌を示す「カルスト地形」の語源となっているエリアなんです。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

カルスト地形は水の影響を受けやすく中が空洞になるため、あるとき地上部分が陥没して大穴があきます。メキシコのユカタン半島ではセノーテと呼ばれるものですね。こちらでは「ドリーネ(doline)」と呼ばれ、洞窟の上からは赤で囲んだ「マーラ・ドリーネ(Mala dolina)」と、青で囲んだ「ヴェリカ・ドリーネ(Velika dolina)」を見ることができます。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが観光の入り口。ポストイナ鍾乳洞とは違ってこじんまりしています。チケット販売所の他に一応レストランがあります。鍾乳洞の見学はルート1~3に分かれていて、観光客が参加するのは1と2が一般的です。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ルート1

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ルート1は「地下峡谷見学(Through the underground Canyon)」です。ガイドツアーの参加になります。ツアーはシーズンに寄って下記のように催行本数が変わります。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ルート2

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ルート2は「地下河川のレカ川見学(Following the Reka River underground)」です。こちらは個人で参加できます。それぞれ料金は下記のようになります。

■ルート1
・11~2月:16€
・3~6月:18€
・7~8月:20€
・9~10月:18€

 

■ルート2
・4~10月のみ:12.5€

 

■ルート1+2
・24€

 

 

■シュコツィアン洞窟群

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まずは、ルート1から。最初にガイドさんから説明を受けます。1グループは10~20人です。鍾乳洞内は出口以外の撮影が完全に禁止なため、公式HPの写真をお借りします。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

こちらがハイライトの「ツェルケヴェニコヴィムの吊り橋」。洞窟の中にもかかわらず高さ45mの場所に吊り橋が架けられていて、下を地下河川が流れています。雄大すぎて唖然とする場所です。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典 「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

そのほか、どこを見ても壮大な景色が広がっています。ツアーは約2時間。出口に近いところでは写真を撮ることができます。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

続いてルート2。こちらは、地下に流れ込むレカ川に沿って周辺の自然を満喫するトレッキングという感じです。岩山にトンネルが彫られ、川の上にたくさんの橋が架けられて、約2時間の間、終始絶景が広がります。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

入り口からして雄大です。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

川は美しいエメラルドグリーン。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

圧倒的な大自然が広がります。

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トータル約4時間歩き回ることになりますので、しっかりした靴、飲料水、携行食など、準備をちゃんとしてから訪れてください。

 

 

以上になります。この鍾乳洞は200万年以上前から形成されていて、今から1万年前には人類が住んでいた痕跡も残されているそうです。ポストイナ洞窟とはまた違った素晴らしさがありますので、ぜひ行ってみてください♪

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワルシャワ空港(約11時間)

 

ワルシャワ空港-リュブリャナ空港(約1時間40分)

 

リュブリャナ-ディヴァーチャ(バスで約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「シュコツィアン洞窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
スロヴェニアの設定です。

備考

 

⇒スロヴェニアのガイドブック

 

リュブリャナ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆