「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

天界山

(回龙天界山)

場所

河南省

(Henan)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春~秋

 

天界山は、中国のグランドキャニオンともいえる大渓谷で、展望台からの壮大な景観は圧巻の一言です。日本では全く知られていませんが、とにかくスゴい場所なので、ぜひご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は鄭州市。河南省の省都であり、中国の中原地区の中心的な大都市です。殷の時代からの歴史があり、中国八大古都(北京、南京、杭州、西安、洛陽、開封、安陽、鄭州)の1つです。人口は約1000万人。

 

最寄りの空港は鄭州新鄭国際空港(CGO)。国内外合わせて80都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

鄭州市
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

鄭州空港は中国五大空港に数えられる巨大空港です。市内中心部からは南東に約40km離れています。市内への移動方法は、バス、鉄道、タクシーの3種類です。

 

バスで行く

■1線:「民航大酒店」行き
・6時~20時まで運行
・30分おきに運行
・所要時間:約40分
・料金:20元

 

■2線:「金鄭州大酒店」(鄭州駅)
・8時~19時まで運行
・1時間おきに運行
・料金:20元

 

高速鉄道で行く

■「鄭州駅」行き
・所要時間:30分
・料金:16元

 

■「鄭州東駅」行き
・所要時間:約20分
・料金:12元

 

■「開封宋城路」行き
・所要時間:約1時間
・料金:30元

 

■元焦作行き
・所要時間:約1時間半
・料金:44元

 

タクシーで行く

タクシーだと、所要時間は約50分、料金は約100元です。

 

 

■鄭州駅
 

 

鄭州駅はアジア最大の駅で、中国鉄道の心臓部です。日本だと新宿駅のような感じでしょうか。国内ほとんどの都市へ列車が出ています。

 

 

■天界山へのアクセス

■鄭州汽車駅広場
 

 

鄭州駅前広場に隣接している長距離バスターミナルから「新郷市」行きのバスに乗ります。

 

 

新郷のバスターミナルから「輝県市(辉县市)」のバスターミナルへ行きます。

 

 

輝県のバスターミナルから、観光バスやタクシーで天界山のビジターセンターへ行きます。

 

 

新郷まで行ったら、タクシーチャーターにしても良いと思います。1日チャーターで約500元を目安にしてください。

 

 

■天界山

 

 

天界山は「巨大な鍋のよう」と形容される、テーブルマウンテンのような山と、その周辺の大渓谷を指します。

 

■天界山
「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

大渓谷は「中国のグランドキャニオン」といっても過言ではないスケールで、その姿は「蒼龍」と称されます。山の中を龍が飛んでいるように見えるということです。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典 「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

グランドキャニオンに行ったことがある方は、非常に雰囲気が似ていることが分かると思います。

 

■グランドキャニオン・サウスリム
グランドキャニオン アメリカの絶景

 

一帯は「太行山脈」の一部で「南太行山」というエリアです。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://blog.sina.com.cn

 

周辺の最高峰は海抜1763mで、崖は300m以上の高さがあり、雲海が広がると「天界山」の名にふさわしい景観が広がります。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

特にスゴいのが各所に設置されている展望台からの眺めです。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典 「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロープウェーも整備されているので、体力を温存出来るとともに、空から雄大な風景を楽しめます。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

渓谷は降りることも出来て、ダイナミックな遊歩道が整備されています。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

真っ赤な巨石は、まるで「龍の背中」のようで「龍陰峡」と名付けられています。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

エリア内には100を超える名所があり、ホテルもあります。道教の聖地にもなっているので寺院も建てられていています。また、世界中で流行っている透明床の遊歩道も設置されています。

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。中国のグランドキャニオンにぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■郭亮トンネル


出典:www.sohu.com

 

天界山まで行ったら、ぜひ足を伸ばしたいのが「郭亮トンネル」です。崖の内部を通るトンネルで、全長は約1300m。10mおきに窓代わりの穴が開けられていて、自然光を取り入れる仕組みになっています。

 

 

なんと40年以上前の1977年に、郭亮村の村民が自分たちで造り上げたそうです。「壁にかかった道路」と称され、「世界で最も険しい10の道路」や「世界で最も珍しい18の道路」にも数えられています。

 

タクシーチャーターなどして、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-鄭州空港(約4時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「天界山」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

鄭州市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆