「ソコロ諸島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ソコロ諸島

(Isla Socorro)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-15時間

冬:-16時間

時期

11月~5月

(6月~11月)

 

ソコロ諸島は「メキシコのガラパゴス」と称されるダイバーズ天国で、海底から海流によって運ばれる豊富なプランクトンを求めて、ジャイアントマンタからクジラ、ハンマーヘッドリバーまで無数の大物が現れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町はカボ・サン・ルーカス。バハ・カリフォルニア半島の南端に位置する町で、近隣にある「サン・ホセ・デル・カボ」という町と共に「ロスカボス」と呼ばれるのが一般的です。マリンスポーツやスポーツフィッシングのメッカとして多くの観光客が訪れます。人口は約81000人。

 

最寄りの空港はロスカボス空港(SJD)。国内外合わせて約30都市に就航しています。最新の就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

カボ・サン・ルーカス
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港はサン・ホセ・デル・カボから北に約12km、カボ・サン・ルーカスから北東に約45km離れています。移動方法はタクシーのみです。

■サン・ホセ・デル・カボまで
・所要時間:約15分
・料金:約5US$

 

■カボ・サン・ルーカスまで
・所要時間:約40分
・料金:12~16US$

 

 

■ソコロ諸島の概要

・赤:ソコロ島
・青:サン・ベネディクト島
・緑:ロカ・パルティダ島
・黄:クラリオン島
・紫:カボ・サン・ルーカス

 

ソコロ諸島はカボ・サン・ルーカスから南に約450km離れています。アクセスはダイブクルーズのみで所要時間は24時間です。最大の島はソコロ島(赤)で唯一の有人島です。ただ、ダイビングとしてはロカ・パルティダ島(緑)がメインになります。

 

■サン・ベネディクト島
「ソコロ諸島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.com.au

 

それぞれは火山島であり、海底4000mからそびえ立つ火山の頂上が水面に島として露出しているため、海流が山肌をかけのぼり深海の豊富な栄養素を海面に届けます。それにより膨大なプランクトンが発生し、それを食べる小魚やマンタなどが集まり、小魚をエサにするイルカやサメなどが集まります。

 

そこから付いた名前は「メキシコのガラパゴス」。6mを超えるジャイアントマンタを筆頭に、ハンマーヘッドを始めとした7種類のサメ、子育てをしにやってくるザトウクジラ、バンドウイルカ、キハダマグロ、カツオやギンガメの群れなど、大物という大物は全て見られるといっても過言ではないスゴい場所なんです。

 

 

■ダイビングカレンダー

生き物
生き物 シーズン
ジャイアントマンタ 通年
バンドウイルカ 通年
サメ系 通年
ギンガメアジなどの回遊魚 通年
ザトウクジラ 2月~3月
ハンマーヘッドシャーク 3月~4月
ジンベエザメ 11月~1月

 

温度
11月~5月 温度
気温 25~27℃
水温 20~23℃

 

 

■ダイビングスタイル

「ソコロ諸島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.jp

 

クルーズでは1日4本が一般的で、1本が約1時間のロングダイビングになります。ドリフトダイビングであり、平均水深も深くなるので中級者以上向けになるのは否めません。

 

現在、約10隻のクルーズ船が運行していて、アドバンス以上のライセンスと経験本数50本を基準にしているところもあります。ただ、それに満たなくても参加させてくれるクルーズはありますので、現地のダイビングショップや日系の旅行会社に連絡を取って確認するのがオススメです。

 

空き時間はカヤックやパドルボートをすることも出来ますし、船上でノンビリすることもできます。クルーズ後はスタッフにチップを渡すのが一般的で、200US$~400US$なので、これも事前に確認しておくと安心です。

 

 

■ダイビングポイント

ロカ・パルティーダ

 

ソコロ諸島におけるメインのダイビングポイントで、水深約80mまで一気に落ちるドロップオフに無数の生き物が集まります。ハンマーヘッドリバーやカツオの大群など中々お目にかかれない景色の中で、ふと振り向くとジンベエやタイガーシャークが浮遊しています(,,゚Д゚)

 

島の上はカツオドリのコロニーになっていて、大量のフンで真っ白になっています。

 

カボ・ピアルセ

 

ソコロ島の東側にあるポイントで、ハンマーヘッド、イルカ、マンタ、ガラパゴスシャーク、シルバーシャークなどが次々に現れます。ときにザトウクジラのブリーチング(ジャンプ)やマンタの捕食なども見られます。

 

ボイラー

 

サン・ベネディクト島の西側にあるポイントで、海底から中層にそそり立つ巨大な根がマンタのクリーニングステーションになっています。ブラックマンタ、ハンマーヘッド、イルカ、ギンガメ、カンパチなども普通に現れます。

 

キャニオン

 

サン・ベネディクト島の南側にあるポイントで、ここはなんといっても6mオーバーのジャイアントマンタが現れることで有名です。横幅が3mを超えてくると本当に飛行機が飛んでいるような感覚になるのですが、その倍というのだから驚きです。

 

ハンマーヘッドリバーやジンベエが現れることもある大興奮のポイントです。

 

「ソコロ諸島」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://divebooker.com

 

以上になります。ダイバー垂涎の「メキシコのガラパゴス」ことソコロ諸島。ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本ーロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-ロスカボス空港(約2時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ソコロ諸島」徹底ガイド:旅の大辞典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

カボ・サン・ルーカス
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆