「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ギザのピラミッド

(Giza)

場所

エジプト

(Egypt)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

10月~3月

(冬季)

 

ギザのピラミッドは、エアーズロックやグランドキャニオンと並ぶ世界的観光地で、未だに多くの謎が残されている世界屈指のオーパーツでもあります。当サイトでは5ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「ギザ③三大ピラミッドの内部」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ギザのピラミッド観光の概要

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

・赤:クフ王のピラミッド
・青:カフラー王のピラミッド
・緑:メンカウラー王のピラミッド
・黄:王妃のピラミッド
・紫:大スフィンクス
・黒:太陽の船の博物館
・灰:ピラミッド・パノラマ・ポイント
・水色:クフ王側のチケット売り場
・オレンジ:スフィンクス側のチケット売り場

 

位置関係はこのようになっていて、ピラミッドの内部に入るためのチケットは「クフ王側のチケット売り場」(水色)で販売しています。スフィンクスの正面にあることで有名なケンタッキーはオレンジのエリアにあります。

 

ピラミッドの内部は順に修復されているため、3つの内の1つは入れないのが基本です。メインはクフ王のピラミッドですから、その内部は見られる時期に行きたいですね。

■入場料(2019年末)
・エリア入場料:200ポンド
・クフ王のピラミッドの内部:400ポンド
・カフラー王のピラミッドの内部:100ポンド
・メンカウラー王のピラミッドの内部:100ポンド
・スフィンクスエリア:100ポンド
・エリア入場料+クフ王+太陽の博物館:600ポンド

 

■営業時間:8時~16時

 

カイロやギザだけでなく、サッカラやダハシュールなども訪れる方は「カイロパス」を購入するのがオススメです。詳細はこちらのページからご覧ください。

 

 

■クフ王のピラミッドの内部

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

 

クフ王のピラミッドは、1辺が230m、現在の高さが137m、元々の高さが146.5m、傾斜角が51度50分。世界最大のピラミッドです。

 

ピラミッドは中に入ることが可能です。その昔、盗掘者たちが開けた穴が入り口になっていて、青で囲んだ部分が昔の入り口、赤で囲んだ部分が現在の入り口です。

 

 

こちらが入り口周辺です。画面をグルっと回して周囲を見てみてください。ピラミッドを下から見上げたときの圧倒的な威容や、1つ1つの岩の大きさ、現地の状況や周辺環境がよく分かります。

 

クフ王のピラミッドの内部は入場制限があり、午前(8時~)・午後(13時~)それぞれ150人ずつです。内部に入るためのチケットは全てマリオット・メナ・ハウス側のチケット売り場で販売しています。クフ王のピラミッドは一番高くて360ポンドです。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.britannica.com

 

内部はこのようになっています。全て見学できるわけではなくて、入り口(赤)から「王の玄室」(白)までがルートになります。実は、近年になって内部がシンメトリーになっていることが分かり、イラストに描いてある構造が、もう1つそのまま隣にある可能性が高いそうです。

 

中に入る際にチケットのチェックがあります。昔はカメラを持ち込めたのですが、現在撮影は禁止になっていて、カメラは預けないといけません。

 

 

内部はシンプルですが壮大な空間になっています。これが全て約4500年前に人力で造られたと思うと唖然としてしまいます。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらがゴールの「王の玄室」です。特に装飾の無いシンプルなつくりです。ルクソールにある「王家の谷」の墓などは鮮やかな壁画に覆われているため、クフ王の玄室は果たして王の墓なのか違和感を覚えてしまいます。

 

■王家の谷の墓
「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

 

王の玄室の上には、重力を分散するために造られた「重力軽減の間」があります。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://fopunkt.com

 

この最上階に、クフ王の名前と「在位17年」の記載があったため、クフ王のピラミッドだと判明しました。ただ、3大ピラミッドからは王のミイラが発見されていないので、ピラミッドを墓とする説に異論を唱える学者も大勢います。

 

では何なのかといったときに、神殿や天文台とする説もありますが、未だ解明には至っていないという表現が適切のようです。

 

 

■カフラー王のピラミッドの内部

 

クフ王の息子であるカフラー王のピラミッドは、1辺が215m、高さが143m、傾斜角が53度10分。頂上部に化粧石が残っていて、建設当初の美しい姿を想起させてくれるピラミッドです。クフ王のピラミッドに比べると非常にシンプルな内部構造になっています。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.mummies2pyramids.info

 

玄室はこちら。盗掘される前は財宝で埋め尽くされていたのでしょうか?

 

 

このピラミッドは、付属している神殿からカフラー王の名前が彫られた像が発見されたことでカフラー王のピラミッドとされています。

 

 

■メンカウラー王のピラミッドの内部

 

カフラー王の息子であるメンカウラー王のピラミッドは、1辺が103m、現在の高さが62m、元々の高さが65.5m、傾斜角が51度20分。クフ王のピラミッドには及びませんが、カフラー王のピラミッドよりは複雑な内部構造になっています。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.wonders-of-the-world.net

 

玄室からは、外とつながっている通路の他に、途中で行き止まりになる通路が延びています。建造計画が変更したため残されてしまった遺物なのか、それとも象徴的な意味があるのか議論が分かれています。詳細な内部図がこちらです。

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.touregypt.net

 

内部の様子はこんな感じ。インディ・ジョーンズの世界ですね(^^)

 

 

 

■3つのピラミッドを比較して

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://epubbud_uploads.s3.amazonaws.com

 

3つのピラミッドの大きさや内部構造を比較すると、クフ王のピラミッドは一番大きいだけでなく最も複雑なつくりになっているのが分かります。ピラミッドの中心部にも空間を造っていって、非常に苦労したであろうことが予想されます。

 

その苦労があったからか、息子のカフラー王のピラミッドは、ピラミッドの中心部ではなく地上部に空間を造り、その上に石を重ねていったことが分かります。サイズも若干小さくなりました。

 

そして、孫のメンカウラー王のピラミッドは、サイズがググっと小さくなるだけでなく、そもそも地下部分に空間を造ってしまい、その上に石を重ねていったことが見て取れます。造る側の立場に立って考えると納得な流れですね(^^;)

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.ancient-origins.net

 

以上になります。続きまして下記から観光の見どころをご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はリンクからご覧ください。

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カイロ空港(約13時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ギザ③三大ピラミッドの内部」徹底ガイド:旅の大辞典
エジプトの設定です。

備考

 

⇒エジプトのガイドブック

 

ギザ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆