「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ギザのピラミッド

(Giza)

場所

エジプト

(Egypt)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

10月~3月

(冬季)

 

ギザのピラミッドは、エアーズロックやグランドキャニオンと並ぶ世界的観光地で、未だに多くの謎が残されている世界屈指のオーパーツでもあります。当サイトでは5ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■エジプトの歴史

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.ancient-origins.net

 

世界中どの国に行く場合でも同じですが、特にエジプトは歴史を知ってから行くことで楽しさが増す国だと思います。簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

 

古代エジプトは今から約6000年前にあたる紀元前40世紀頃に最初の王朝が誕生します。そして、前27世紀~前22世紀を「古王国」、前21世紀~前18世紀を「中王国」、前16世紀~前11世紀を「新王国」と呼びます。

 

ギザの三大ピラミッドは古王国時代のもので、黄金のマスクで有名なツタンカーメンは新王国時代の王様です。また、ユダヤ教の預言者として有名なモーセがヘブライ人を率いてエジプトを脱出したのも新王国時代にあたる前13世紀の頃でした。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://medium.com

 

新王国が崩壊すると、エジプトは長らくアッシリア、ローマ、ペルシャなど他勢力に支配されます。そして9世紀になってトゥールーン朝が成立し、久々にエジプトの王朝が生まれますが、16世紀になって一帯はオスマン帝国が猛威をふるいエジプトも支配下に入ります。

 

19世紀になると帝国主義の時代が到来します。エジプトはオスマン帝国のムハンマド・アリーが独立王朝を建てることに成功し近代化を進めるものの、大帝国イギリスの力には及ばず、第一次世界大戦後にイギリスの植民地となります。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.jp

 

しかし、第1次世界対戦後には独立を勝ち取り、1937年には国際連盟にも加盟します。その後、1952年のエジプト革命で王制が廃止され共和制に移行し、1956年のスエズ動乱では、イギリス・フランス・イスラエルを相手に、スエズ運河の国有化を成功させます。

 

以降、アフリカのリーダー的な立場で発展を続けますがが、2011年にはアラブ圏全域で「アラブの春」と呼ばれる反政府運動が勃発し、エジプトでも武力衝突が起こるようになり観光客が減少していきました。

 

数年間は不安定でしたが2014年頃から落ち着きを取り戻し、現在はカイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・ハルガダなどの主要な観光地は元の状態に戻っています。

 

 

■ピラミッドの歴史

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ピラミッドは、ギザの3大ピラミッドが特別有名ですが、実はエジプト全体に約140基が確認されていて、スーダンのメロエのピラミッドも含めると約300基が存在します。

 

古代エジプトにおいては、ナイル川の西側の砂漠が「太陽が沈む方向」=「あの世」と考えられていたので、ピラミッドや葬祭殿などはナイル川の西に建てられていて、神殿などは東に建てられています。

 

初期のピラミッドが造られたのは紀元前27世紀頃のこと。当時の形状はサッカラに代表される「階段ピラミッド」でした。これはマスタバと呼ばれる墓を6段積み重ねたピラミッドで、非常に画期的なものでした。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして技術も進歩していき、同じ紀元前27世紀頃に、クフ王の父であるスネフェル王がダハシュールに屈折ピラミッドを完成させます。これは、途中まで傾斜角が54度なのですが、途中から43度になっています。

 

技術的な面から急遽変更せざるを得なくなったとか、最初からこの形で建設されたとか、未だに解明はされていません。そして、スネフェル王はついに完全な四角錐の「真正ピラミッド」を完成させます。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらもダハシュールにあります。表面の花崗岩が赤く見えることから「赤のピラミッド」と名付けられていますが、建設当初は石灰岩で覆われていたため真っ白だったそうです。非常に美しいシルエットですが、傾斜角は43度19分と緩やかです。

 

スネフェル王のピラミッド建設はこれが最後になりましたが、息子のクフ王が意志を受け継いでギザの大ピラミッドを完成させました。親子2代の壮大なプロジェクトだったわけですね(^^)

 

 

■三大ピラミッドの概要

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

奥から「クフ王」「カフラー王」「メンカウラー王」のピラミッドで、手前に並んでいる小さなピラミッドは王妃達のピラミッドです。3人の関係性はクフ王の子供がカフラー王、孫がメンカウラー王です。

 

手前のメンカウラー王のピラミッドが一番小さく、クフ王のピラミッドが遠くにあるため、どうしても真ん中のメンカウラー王のピラミッドが一番大きく見えますが、クフ王のピラミッドが最大です。

■クフ王のピラミッド
・1辺:230m
・高さ:137m(元々は146.5m)
・角度:51度50分
・頂上には元の高さを示す鉄の棒が立っている

 

■カフラー王のピラミッド
・1辺:215m
・高さ:143m
・角度:53度10分

 

■メンカウラー王のピラミッド
・1辺:103m
・高さ:62m(元々は65.5m)
・角度:51度20分

 

実際にピラミッドを見ると、本当にただ岩を積み上げただけの建造物ということを改めて認識し驚かされます。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1つ1つの岩は52~149cmで、重さは平均で2.5トンにもなり、クフ王のピラミッドではそれが約230万個も積み上げられていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

■ピラミッドの造り方

 

ピラミッドは、しっかりした土壌に穴を掘って水を流し込んで水平をとり、穴を埋めた後に巨石を積み重ねていったとされています。上の動画が2分ほどのアニメーションでまとまっていて分かりやすいのでご覧ください。

 

 

■ピラミッドは登れるの?

 

ピラミッドは1983年から登頂が禁止されていますので登ってはいけません。上部は風が非常に強く、歴史上多くの人々が転落して亡くなっているためです。しかし、現在ユーチューバーたちが勝手に登っていて問題になっています。

 

 

 

危ないし、ルール違反なのでやめましょう。2015年には「世界ふしぎ発見!」が許可を取ってリポートしていましたが、一般の旅行者だと今後も難しそうです。

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.rbbtoday.com

 

以上になります。続きまして下記から観光の見どころをご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はリンクからご覧ください。

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カイロ空港(約13時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ギザ②ピラミッドの歴史と基本情報」徹底ガイド:旅の大辞典
エジプトの設定です。

備考

 

⇒エジプトのガイドブック

 

ギザ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆