「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

サッカラ

(Saqqara)

場所

エジプト

(Egypt)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

10月~3月

(冬季)

 

サッカラは、今も次々に新しい遺跡が発見されている「古代エジプトの巨大墓地」です。階段ピラミッド以外にもたくさんの遺跡が存在するので、しっかり見るのであれば丸1日は必要です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はカイロとギザです。

 

カイロは、エジプトの首都であり同国最大の都市です。イスラム世界の中心地の1つとして長らく繁栄し、世界都市ランキングでは常にアフリカ1位に選ばれています。人口は約1200万人。

 

最寄りの空港はカイロ空港(CAI)。国内外合わせて90都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カイロ
Booking.com

 

ギザは、都市圏としてはカイロに含まれていますが、ギザ県という独立した行政区分です。カイロがアフリカ最大の都市なので小さいように思えてしまいますが、ピラミッドを中心に発展してきたギザも十分に大都市と言える規模です。人口は約370万人。最寄りの空港はカイロ空港です。

 

 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ギザ
Booking.com

 

 

■サッカラへのアクセス

公共交通機関で行く

 

 

サッカラ方面へのバスは、ギザのマリオテーヤ橋近くにあるバスターミナルから出ています。ピラミッド通り(アル・ハラム通り)とマリオテーヤ運河が交差している場所です。近くの「ピラミッド病院(Al Haram Hospital)」を目印にしてください。

 

カイロからだと、ピラミッドへ行くためのバスは全てマリオテーヤを通ります。ドライバーに「ピラミッド病院で降ろして欲しい」と言って、ドライバーの近くに乗っていれば良きところで降ろしてくれると思います。カイロからピラミッドへのバスは、こちらのページをご覧ください。

 

マリオテーヤのバスターミナルからは「アブシール(Abusir)行き」のバスに乗ります。所要時間は約20分、料金は2ポンドです。アブシールに着いたらサッカラ行きのマイクロバスに乗り換えます。サッカラの村まで行くと行き過ぎなので、ドライバーにピラミッドに行きたいことを伝えて途中で降ろしてもらってください。所要時間は約10分、料金は1.5ポンドです。

 

 

ツアーで行く

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

サッカラ、ダハシュール、メンフィスなどをまとめて周る現地ツアーもあります。ギザからサッカラが約20km、サッカラからダハシュールが約10kmなので、車でパーッと周るのが一番効率的ではあります。微妙に遠いというよりは微妙に近い場所なんですよね。

 

ですので、1つ1つを細部までガッツリ見るということでなく、ハイライトの階段ピラミッドや屈折ピラミッドを1日で周ってしまいたいという方はツアーもありだと思います。上のツアーは日本語ガイドも可能になるので少し高くなりますが、英語ガイドでよければ下のツアーのように安くなります。それぞれ詳細はリンクからご覧ください。

 

 

タクシーチャーターで行く

タクシーチャーターも出来る距離なので、予算に余裕がある人は検討してみてください。ただ、1日チャーターとなると交渉はしっかりしておいた方が良いと思います。

 

 

■階段ピラミッド

 

 

サッカラは、古代エジプトにおける巨大な墓地で、実は17人もの王がピラミッドを建てていますΣ(゚∀゚ノ)ノ その中で最古にして最も保存状態が良いピラミッドが「階段ピラミッド」として有名なジェセル王のピラミッドです。

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://pyramidbuilding.weebly.com

 

ピラミッドの周囲は東西277m・南北545mの壁に囲まれていて、南東に1か所だけ入り口があります。こちらです。

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中に入ると20本の列柱回廊があらわれます。

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、それを通り抜けると階段ピラミッドが登場します。

 

 

階段ピラミッドは東西に125m、南北に109mという長方形で、高さが62mあります。造られたのは紀元前27世紀頃。古代エジプトおいて「古王国」と呼ばれる最古の時代です。

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

元々は一辺が63m、高さが10mの、正方形のマスタバ(墓)でした。しかし、その後に拡張が繰り返されて、結局6段のマスタバが積み重なり現在の姿になったと考えられています。壁の中には、ピラミッドを中心に神殿・葬祭殿・王宮・倉庫などがあり「ピラミッド・コンプレックス(複合体)」を形成しています。

 

さらに、ピラミッドの地下28mの場所には複雑な空間が造られていて、王の玄室や回廊などが張り巡らされていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.jp

 

サッカラは2006年頃から修復作業が行われていたので、常に作業台や入れない場所があったのですが、2020年に完了して全て公開されています。

【サッカラ】
■共通チケット:150ポンド
・ジェセル王のピラミッド複合体
・テティ王のピラミッド
・イムホテプ博物館
・カゲムニのマスタバ
・ティのマスタバ
・プタハホテプとアクティホテプのマスタバ

 

■個別チケット
・セラベウム:100ポンド
・新王国の墳墓群:30ポンド
・メレルカのマスタバ:50ポンド
・第5王朝のマスタバ:40ポンド

 

■営業時間:8時~16時

※「カイロパス」を購入すると、カイロ、ギザ、サッカラ、ダハシュールの主要な見どころが含まれているので、周遊旅行をする方にはオススメです。詳細はこちらのページからご覧ください。

 

 

■そのほかの見どころ

テティ王のピラミッド

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://rainerebert.com

 

外観は崩れてしまって丘のようになっていますが、内部には壁一面に「ピラミッドテキスト」と呼ばれるヒエログリフが彫られています。

 

メレルカのマスタバ

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://commons.wikimedia.org

 

サッカラにはたくさんのマスタバがありますが、メレルカのマスタバは古王国時代の最大規模のもので、32もの部屋が設けられています。

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
photo by:Akkadium

 

中にも入ることができ、色鮮やかな壁画などを見ることが出来ます。メレルカは王ではなく宰相で、マスタバの中にあるメレルカ像はレプリカです。本物は考古学博物館に展示されています。

 

セラペウム

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://hiddenincatours.com

 

セラペウムとは「聖牛アピスのための地下墳墓」のことで、巨大な地下回廊と牡牛のミイラが納められていた棺を見ることができます。

 

以上になります。ギザは人で溢れていますが、サッカラになるとグッと減ります。ノンビリ観光できるので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カイロ空港(約13時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「サッカラ」徹底ガイド:旅の大辞典
エジプトの設定です。

備考

 

⇒エジプトのガイドブック

 

ギザ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆