「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ダハシュール

(Dahsur)

場所

エジプト

(Egypt)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

10月~3月

(冬季)

 

ダハシュールは、ギザから南に約30km離れた場所にあるネクロポリスで、クフ王の父であるスネフェル王が残した壮大な2つのピラミッドが有名です。ギザと比べるとグッと人が少なくなるので、イメージどおりの「砂漠の中のピラミッド」を体験しやすい場所です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はカイロとギザです。

 

カイロは、エジプトの首都であり同国最大の都市です。イスラム世界の中心地の1つとして長らく繁栄し、世界都市ランキングでは常にアフリカ1位に選ばれています。人口は約1200万人。

 

最寄りの空港はカイロ空港(CAI)。国内外合わせて90都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

カイロ
Booking.com

 

ギザは、都市圏としてはカイロに含まれていますが、ギザ県という独立した行政区分です。カイロがアフリカ最大の都市なので小さいように思えてしまいますが、ピラミッドを中心に発展してきたギザも十分に大都市と言える規模です。人口は約370万人。最寄りの空港はカイロ空港です。

 

 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ギザ
Booking.com

 

 

■ダハシュールへのアクセス

公共交通機関で行く

 

 

ダハシュール方面へのバスは、ギザのマリオテーヤ橋近くにあるバスターミナルから出ています。ピラミッド通り(アル・ハラム通り)とマリオテーヤ運河が交差している場所です。近くの「ピラミッド病院(Al Haram Hospital)」を目印にしてください。

 

カイロからだと、ピラミッドへ行くためのバスは全てマリオテーヤを通ります。ドライバーに「ピラミッド病院で降ろして欲しい」と言って、ドライバーの近くに乗っていれば良きところで降ろしてくれると思います。カイロからピラミッドへのバスは、こちらのページをご覧ください。

 

 

マリオテーヤのバスターミナルからは、ダハシュール行きのバスも1日数便出ていますが、一度サッカラへ行き、バスを乗り継いでダハシュールへ向かうのが一般的です。「マリオテーヤ」→「アブシール」→「サッカラ」→「ダハシュール」という流れになります。

■マリオテーヤ→アブシール
・所要時間:約20分
・料金:2ポンド

 

■アブシール→サッカラ
・所要時間:約20分
・料金:1.5ポンド

 

■サッカラ→ダハシュール
・所要時間:20分
・料金:1.5ポンド

 

ツアーで行く

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典

 

サッカラ、ダハシュール、メンフィスなどをまとめて周る現地ツアーもあります。ギザからサッカラが約20km、サッカラからダハシュールが約10kmなので、車でパーッと周るのが一番効率的ではあります。微妙に遠いというよりは微妙に近い場所なんですよね。

 

ですので、1つ1つを細部までガッツリ見るということでなく、ハイライトの階段ピラミッドや屈折ピラミッドを1日で周ってしまいたいという方はツアーもありだと思います。上のツアーは日本語ガイドも可能になるので少し高くなりますが、英語ガイドでよければ下のツアーのように安くなります。それぞれ詳細はリンクからご覧ください。

 

 

タクシーチャーターで行く

タクシーチャーターも出来る距離なので、予算に余裕がある人は検討してみてください。ただ、1日チャーターとなると交渉はしっかりしておいた方が良いと思います。

 

 

■ダハシュール

 

 

ギザから南に約30km、車で約1時間ほど走るとダハシュールの町に到着します。町まで行ってしまうとピラミッドまでかなり距離があるので、バスで行く人はチケット売り場に近い場所で降ろしてもらってください。

 

チケット売り場は警察の検問所のすぐ後ろにあります。ダハシュールエリアの入場料で60ポンド。営業時間は8時~16時です。

 

・赤:赤のピラミッド
・青:屈折ピラミッド
・黒:黒のピラミッド
・緑:ダハシュールの町
・黄:チケット売り場

 

一帯は見てのとおり荒涼とした大地で、日光を遮るものが一切ありません(^^;) また、地味に距離がありまして、例えば赤のピラミッドと屈折ピラミッドは約1.8km離れています。

 

なので、歩くのはあまりオススメ出来ない場所です。カイロからのツアーやタクシーチャーター、またはダハシュールでタクシーチャーターして周るのがオススメです。

※「カイロパス」を購入すると、カイロ、ギザ、サッカラ、ダハシュールの主要な見どころが含まれているので、周遊旅行をする方にはオススメです。詳細はこちらのページからご覧ください。

 

赤のピラミッド

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典

 

クフ王の父であるスネフェル王が造った世界最古の真正ピラミッドです。化粧石が剥がれて赤茶けた石が露出していることから名付けられました。

 

一辺が約220m、高さが104mという巨大なピラミッドで、実はクフ王のピラミッドに次いで2番目に大きいピラミッドです。ただ、石を高く積み上げる技術はクフ王の時代よりも低かったため、傾斜角が43度19分と緩やかになっています。

 

クフ王の息子であるカフラー王のピラミッドと比較すると違いがよく分かります。カフラー王のピラミッドは、一辺はほぼ同じ215mですが、高さは143mもあり、傾斜角は53度10分となっています。

 

■赤のピラミッド            ■カフラー王のピラミッド
 

 

中にも入ることが出来ます。入り口が結構高いので、かなり体力がいります(^^;)

 

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中はシンプルながら、クフ王のピラミッドのように「ピラミッド中心部」に空間が設けられています。

 

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://old.world-mysteries.com

 

カフラー王のピラミッドは地上レベルに空間が造られていて、メンカウラー王のピラミッドは地下に造られています。詳細はこちらのページをご覧ください。

 

内部の様子はこちらです。ピラミッドの中とは思えない三角屋根が美しい部屋が3つ並んでいて、クフ王のピラミッド内部に勝るとも劣らない印象を受けます。

 

 

これで美しい四角錐のピラミッドを造る技術が確立し、息子のクフ王の代で世界最大のピラミッドが造られるというわけです。一般庶民や奴隷は大変だったと思いますが、後世の人間からすると壮大な親子の物語ですね(^^)

 

屈折ピラミッド

 

スネフェル王が4番目に造ったピラミッドで、一辺が約190m、高さが105m。傾斜角が下半分は54度27分なのに対して、上半分が43度22分と緩やかになっていることから名付けられました。

 

当初は真正ピラミッドを造る予定でしたが、傾斜を急にしすぎて技術的に難しくなり途中で計画を変更した、という説が一般的です。

 

 

画面をグルッと回して周囲を見てみてください。真後ろには赤のピラミッドがあります。大きいので近く見えますが約1.8km離れていますので、徒歩だと歩けど歩けどたどりつきません(T^T) 何かしら車で移動するのがオススメです。

 

そして!1965年以来、長らく屈折ピラミッドは中に入れませんでしたが、2019年7月から一般公開が再開されています(^^)

 

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://old.world-mysteries.com

 

こちらの動画がイラスト付きで分かりやすく解説されているので、興味のある方はご覧ください。

 

 

黒のピラミッド

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典

 

紀元前20世紀頃の王様アメンエムハト2世のピラミッドです。スネフェル王の時代から7世紀ほど新しいピラミッドですが、崩れてしまっているので遠くから見るだけになります。普通の岩山みたいです(^^;)

 

以上になります。クフ王の父親が築いた2つの大ピラミッド。ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カイロ空港(約13時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ダハシュール」徹底ガイド:旅の大辞典
エジプトの設定です。

備考

 

⇒エジプトのガイドブック

 

ギザ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆