「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ウルル=カタ・ジュタ国立公園

(Uluru-Kata Tjuta National Park)

場所

ノーザンテリトリー州

(Northern Territory)

時差

+30分

サマータイム無し

時期

6月~8月

 

ウルルは「地球のへそ」と呼ばれる世界最大級の一枚岩で、オーストラリアのほぼ中央に位置します。世界でもトップクラスのパワースポットであり、アボリジニの力強い文化に触れることもできます。

 

たくさんの見どころがあるため、当サイトでは9ページに渡り特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「⑦セグウェイ・ツアー」になります。

 

それではご紹介していきます。多分、日本で一番詳しい記事ですよ(^^)

 

 

■目次

 

 

■セグウェイ・ツアーの概要

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウルルは地表からの高さが335m、周囲は10.6kmにもなります。ベースウォークのコースが整備されているので誰でも一周することが出来ます。ウルル周辺についての詳細は「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑤ウルル周辺の見どころ」をご覧ください。サンライズやサンセットについても詳しく解説しています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典
※拡大できます

 

方法は、徒歩、自転車、セグウェイがあるのですが、いざ周ってみると想像以上に広いので、一番のオススメはセグウェイツアーです。理由は下記になります。

 

徒歩(約4時間)

【メリット】
・ウルルを自分の足で一周したという達成感が得られる
・無料で周ることもできる

 

【デメリット】
・気温が高い日は日射病・熱射病の恐れがある
・単純に疲れる
・時間がかかる
・上記の理由から準備する水の量が多くなり重い
 (現地に水を補給する場所はあります)
 (後述しますが1時間に最低1Lの水を飲むことが推奨されています)
・しかしトイレが少ない
・膨大な小バエがいる中で4時間歩く
・突き詰めると「ただの大きな岩」なのでガイドの説明があっても少し飽きる。
 ほぼ同じ景色が4時間続くので。

 

【注意点】
徒歩の場合、ガイド無しはやめた方が良いです。とにかく広いので、日射病などで体調が悪くなったとき、自転車やセグウェイと衝突したとき、滅多に無いですが落石によるケガをしてしまったときなど、万が一の場合に大変です。そして何よりも、ガイドの説明が無いとすぐに飽きてしまうと思います。ガイド無しにする場合は、往復1時間で終わる「クニヤウォーク」がオススメです。

 

自転車(約1時間~)

【メリット】
・短時間で周れる
・体力の消耗が少ない

 

【デメリット】
・上りの傾斜があるときにキツイ(急な場所はありませんが)
・料金がかかる:99A$(大人)/50A$(子供)
公式HP

 

【注意点】
自転車で周る人はガイドをつけずに自分たちで周る場合が多いと思います。徒歩の場合のような日射病の危険などは少なくなりますが、とにかくウルルはガイドの説明が無いと「ただの大きな岩山」なので「レンタル自転車でのガイドツアー」などに参加する方が良いと思います。もちろん「景色の良いサイクリング」とのみ捉えればガイド無しでも良いと思います。

 

セグウェイ

【メリット】
・立っているだけなので、体力の消耗がほぼ無い。
・操作は驚くほど簡単。
・実はかなりのスピードを出せるので自転車同様に短時間ですむ。
・特別な思い出になる。
・必ずガイドがいる

 

【デメリット】
・料金がかかる(内容により異なる)
公式HP

 

セグウェイというと、どこか「原付バイク」のように「若者が乗るもの」というイメージがあると思います。なので特に年配の方は「危なそう」「難しそう」と思ってしまうと思いますが、本当に簡単で、とにかく体力的に楽なので、むしろ年配の方や子供にこそ使ってほしい乗り物なんです。

 

また、世界中の観光地で使われ始めているセグウェイですが、ウルルほどセグウェイが活きる場も無いのではないかと思います。周辺環境、暑さ、総距離、消費する体力などを考えると、本当に最適なんです。ぜひ検討してみてください。

 

上の動画をまだご覧になってなかったら、ぜひ見てみてください。セグウェイで周るメリットと、歩くデメリットが伝わると思います。

 

 

 

■セグウェイ・ツアー

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらのバスが迎えに来ます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スタート地点にはセグウェイがずらり。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらのトレーラーに必要道具が全て入っていますので、両ヒジ・両ヒザにプロテクターを付けてヘルメットを装着します。トレーラーにはトイレもありますので、行きたい方はプロテクターを装着する前に行った方が良いです。
また、日本人には日本語の音声ガイドを貸してくれます。GPSの位置情報で勝手に作動しますので、何も操作する必要はありません。スマホタイプで腕に付けるようになっています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

準備が出来たらガイドさんが乗り方を説明してくれて、全体で30分ほど練習時間が設けられます。練習用のコースがあるので、そこをグルグル周ります。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://easysegway.com

 

セグウェイは体重移動で動きますので、進みたい方向に身体を傾ければOKです。上のイラストではあたかもハンドルを握っているかのように描かれてしまっていますが、これはハンドルではなくて「体勢を安定させるために手を置く台」なんです。なので握らなくても全く問題ありません。こんな感じです。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最初にやりがちな失敗は、持ち手をレバーのように前に倒すことで進むと思っていて、グッと身体を傾けてしまうことです。持ち手部分が前に傾いていることは関係なく、自分の体重がグッと前にかかってしまうことで急発進してしまいます。そして、慌てて身体を後ろに戻してしまうことで、今度は急にバックしてしまいます。すると、どうしても再び身体を前に傾けてしまい、また急発進する…というコントのような「メトロノーム状態」になってしまいます。

 

…ということをガイドが実演してくれるので本当に心配いりません。1分で慣れると思います(^^) コツは「手はパーにして、持ち手は握らず、置くだけにする」ということです。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

全員の練習が終わったら、いよいよ出発ですが、ツアー中は下記のようなルールがありますので、必ず守るようにしてください。

①出発前にガイドが全員にふった番号順で一列になって進む。
②ガイドは停車などの合図を腕で出すので、それを必ずマネて後ろに伝える。
 ・右折:右腕を右側に水平に伸ばす
 ・左折:左腕を左側に水平に伸ばす
 ・停車:手を上げる
③走行中は、周囲の写真は撮っても良いが「自撮り」は禁止。
④聖地になっている場所で写真は撮らない。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

説明ポイントやフォトポイントに到着するとガイドが解説を始めます。音声ガイドからも日本語解説が流れているはずです。音声ガイドは移動中にも「もうすぐで狭い道に入ります」とか「もうすぐで橋を渡ります」などと言ってくれます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

西オーストラリアのウェーブロックのような岩です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

見事な裂け目です。フォトポイントなので、セグウェイに乗ったまま記念写真を撮ってくれます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

給水所はカラフルなデザインです(^^)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ここには周辺を散策する際の注意点が書かれています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

【記載内容】
・常に水を飲み、喉が渇くのを待たないこと
・15分ごとに水を飲むこと
・1時間で最低1リットルの水を飲むこと
・十分な量の水を持って歩くこと

 

ということで、徒歩で周るのは本当に想像より大変なので、セグウェイをオススメさせていただいています。何より楽しいですしね(^^)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウルルの東側に周るとスゴイ穴がいくつもあいています。これらはノッチと呼ばれていて、精霊が宿っているとされています。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

停まるときは、このように手をあげるわけです(^^) ちなみにここはフォトスポットなので写真を撮っても大丈夫なのですが、どの穴がOKでどの穴がダメなのかは観光客には判断が付きませんので、その意味でもガイドツアーに参加したほうが良いと思います。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最後は道路です。走りやすい上に、この段階では全員もうセグウェイに慣れているので結構スピードを出しちゃいます(^^;) また、この写真を見ると徒歩だと大変そうというのも伝わると思います。

 

そして、ムティジュルの泉と洞窟を見学して終了です。ムティジュル関係は「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑤ウルル周辺の見どころ」をご覧ください。

 

 

以上になります。とても楽しいので、ぜひ参加してみてください♪続きまして下記から他のページをご覧ください。

 

エアーズロックは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-エアーズロック空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑦セグウェイ・ツアー」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒ノーザンテリトリー州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆