「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ウルル=カタ・ジュタ国立公園

(Uluru-Kata Tjuta National Park)

場所

ノーザンテリトリー州

(Northern Territory)

時差

+30分

サマータイム無し

時期

6月~8月

 

ウルルは「地球のへそ」と呼ばれる世界最大級の一枚岩で、オーストラリアのほぼ中央に位置します。世界でもトップクラスのパワースポットであり、アボリジニの力強い文化に触れることもできます。

 

たくさんの見どころがあるため、当サイトでは9ページに渡り特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「⑧その他のオプショナルツアー」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■サウンド・オブ・サイレンス 星空ディナー

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

赤土のアウトバックの大地に、結婚式場のような席がセッティングされ、一切の人工音が無い中で「静寂の音」を楽しむ大人気ツアーです。最初にウルルを見ながらスパークリングワインとカナッペを楽しみ、テーブルに移動してカタジュタに沈む夕日を眺めます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウルルやカタジュタのサンライズやサンセットについては「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑤ウルル周辺の見どころ」で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。料理はバイキング形式ですが豪華で、羊や牛肉だけでなく、カンガルーの肉やバラマンディー(魚)など、オーストラリアならではの食材も味わえます。サラダ、デザート、飲み物も豊富です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

舌鼓を打っていると、アボリジニの伝統楽器「ディジュリドゥ」の奏者が登場し、力強い独特な音色を聞かせてくれます。「ディジュリドゥ」は「セイルズ・イン・ザ・デザート」の入り口付近や、タウンスクエアの中心広場でもパフォーマンスが行われています。

 

 

良きところでスタッフが登場し、お礼やツアー主旨などを述べた後「それでは静寂を楽しみましょう。サウンズ・オブ・サイレンス。」と言うと、全員が口を閉じます。聞こえるのは風の音のみ。素晴らしい時間がそこにあります。

 

その後、満点の星空を使ってアボリジニの伝説を説明してくれます。これがビックリするやり方なので、ぜひ体験していただきたいです。最後に、テーブル席から少し離れた場所に設置された2台の本格的な望遠鏡で「月」と「木星」を眺めます。

 

木星は小さいのですが、月はクレーターまで見えますので、ぜひ見てみてください(^^) 基本敵に英語ツアーなのですが、星空解説は日本人スタッフが日本人客だけ集めて行ってくれます。

【サウンド・オブ・サイレンス 星空ディナー】
・サンセットの1時間前に出発
・所要時間:約4時間15分
・10歳以下は参加不可(静寂を壊す可能性があるため)
公式HP

 

 

■遊覧飛行ツアー

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

この車が迎えにきます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらがオフィスで、カバンなどはここに預けます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

前の組の飛行機が戻ってきたら、それぞれヘリコプター前で記念写真を撮ってもらい乗り込みます。記念写真は自分のカメラで撮ってくれるので無料です。完全予約制なので、待ち時間はほとんどありません。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

いざ出発。一番安い、15分・150A$コースでお届けします(ノД`)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

機内はパイロットを抜かして、前に2人、後ろに3人です。まずはカタジュタが見えてきます。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

カタジュタにも行きたい方は、25分・255A$~(^^;)

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウルルが登場です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

雄大な姿です。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

縦に入った地層や、凹んだ部分がよくわかります。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

15分はあっという間ですが、とても楽しいのでオススメです。サンライズ、サンセット、スカイダイビングまで含めて様々なコースがあります。所要時間や料金はそれぞれ異なりますので公式HPのこちらのページをご覧ください。

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■フィールド・オブ・ライト

 

2016年から始まったイルミネーションショーで、5万球の電球がウルルを彩ります。3つのコースがあります。公式HPはこちら。

①フィールド・オブ・ライト・パス(基本)
・入場券と往復送迎のみ
・所要時間:1時間15分
・1日3回催行

 

②フィールド・オブ・ライト・スターパス
・入場券と往復送迎
・ツアーガイドが同行
・スパークリングワインとカナッペ付き
・小高い丘の上にも行けて全景を眺められる
・所要時間:2時間30分
・1日1回催行

 

③フィールド・オブ・ライト・ディナー
・入場券と往復送迎
・ツアーガイドが同行
・スパークリングワインとカナッペ付き
・小高い丘の上にも行けて全景を眺められる
・「ディジュリドゥ」の演奏
・アボリジニの伝統食材「ブッシュ・タッカー」を使ったビュッフェディナー
・星空の解説
・所要時間:4時間30分
・1日1回催行

 

 

■スカイダイビング・ウルル

 

ウルルのスカイダイビングは、ベリーズの「グレートブルーホール」や、アメリカの「グランドキャニオン」と並ぶ、世界最高のスポットではないでしょうか。人生で一度はしたいスカイダイビングをウルルでするというのはオススメです。

 

ただ、ここはちょっと高いんですよね(^^;) 一番安いのが、昼にガイドと一緒に飛び降りるタンデムプランなんですが、それでも425A$~になります。しかし、一生モノの体験と捉えてやってみるのもアリだと思います。

【スカイダイビング・ウルル】
・毎日数本
・英語のみ
公式HP

 

 

■ハーレーダビッドソン・ライド

 

ハーレーに乗ってひた走る舞台としては、やはりアメリカの「ルート66」と、オーストラリアの「アウトバック」が一番ではないでしょうか。360度地平線が広がる中でウルルからカタジュタまでを巡る最高のツアーです。ショートライドやハーレー以外のバイクも用意されています。

【ハーレーダビッドソン・ライド】
・客の予定に合わせ催行
公式HP

 

 

■砂漠の爬虫類ツアー

 

ウルル周辺に生息している動物と触れ合うことができるショーで、男の子がいるご家庭などにオススメです。

【砂漠の爬虫類ツアー】
・1日2回
・英語のみ
公式HP

 

 

以上になります。続きまして下記から他のページをご覧ください。

 

エアーズロックは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-エアーズロック空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウルル=カタ・ジュタ国立公園⑧その他のオプショナルツアー」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒ノーザンテリトリー州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆