「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

トロルの舌

(Trolltunga)

場所

オッダ

(Odda)

時差

7時間

時期

6月~8月

 

トロルの舌は、高さ約700mの崖の上から空中に向かって水平に伸びている岩で、麓から片道約5時間のトレッキングコースを歩いて到着します。ノルウェー屈指の絶景スポットで、国内外から多くの観光客が訪れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町は、トロルの舌から近い順に、ティッセダル、オッダ、ヴォス、ベルゲンの4つです。

 

ティッダセルは、登山口まで車で約15分程の場所にあります。トロルの舌へのトレッキングは往復で約10時間かかるため、最寄りの町であるティッダセルに宿泊して、朝早くに出発して夜はゆっくり休むのがオススメです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ティッダセル
Booking.com

 

オッダは、ノルウェーの「5大フィヨルド」の1つである「ハルダンゲルフィヨルド」の端にある街で、1913年にウレスヴァンの町から分離する形で誕生しました。2020年の1月1日に周辺の2つの自治体と合併し再びウレスヴァンとなり、現在はその中心地として機能しています。人口は約7000人。

 

 

オッダ
Booking.com

 

ヴォスはウィンターリゾートが盛んで、2005年に上村愛子さんが優勝したモーグルの世界選手権が行われた場所です。オスロから行く場合経由することになります。人口は約13000人。

 

 

ヴォス
Booking.com

 

ベルゲンは、11世紀からの歴史を持つ古都で、オスロに次ぐノルウェー第2の都市す。様々な産業や学問、金融、観光などの中心地で、多くの観光客が訪れます。人口は約26万人。

 

 

 

最寄りの空港はベルゲン空港(BGO)。国内外合わせて60都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

ベルゲン
Booking.com

 

 

■オスロからのアクセス

 

オスロから行く場合、電車で「ヴォス」へ行って、バスに乗り換えて「オッダ」に行きます。ただ、オスロからよりベルゲンから行く方が一般的なので、そちらのルートを詳しくご紹介します。

 

 

■ベルゲン空港から市内

 

 

ベルゲン空港は市内中心部から南に約12km離れています。移動手段は、空港バス、トラム、タクシーの3種類です。

 

空港バスで行く

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「FLYBUSSEN」という空港バスが市内とをつないでいます。チケットは券売機、オンライン、車内で購入できますが、車内だと20クローネ値上がりしてしまいます。

・所要時間:約25分
・10分おきに運行
公式HP
・料金:105クローネ(片道)/155クローネ(往復)
・「ベルゲン・バスステーション」「フェスト広場」「魚市場」「ブリッゲン」の順に停車

 

トラムで行く

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トラム(路面電車)が空港から市内をつないでいます。こちらも車内で購入すると値上がりします。

・所要時間:約50分
・料金:37クローネ(車内:60クローネ)

 

タクシーで行く

タクシーの場合、所要時間は約30分。料金は約400クローネからです。

 

 

■ベルゲンからオッダへのアクセス

 

 

ベルゲンのバスステーションから、オッダのバスターミナルへの直通バスが出ています。

・930番のバス
・7時半~20時半まで運行
・土曜日以外:1日4本程度
・土曜日:1日2本
・所要時間:3時間40分
・料金:300クローネ

 

■オッダのバスターミナル
 

 

 

■オッダから登山口へのアクセス

 

オッダのバスターミナルから「995番」のバスで、トロルの舌の登山口へ行くことが出来ます。バスターミナルは町の北部にある「ルーテル教会」の横です。

・料金:250クローネ
・所要時間:20分
時刻表検索

■登山口

 

また、上記の「拠点の街」でご紹介したとおり、オッダからティッダセルの町へ行き一泊するのもオススメです。その場合はタクシーで登山口へ行きます。所要時間は約15分です。

 

 

■トロルの舌

 

登山口からトロルの舌は約12kmの道のりで、所要時間の目安は片道4~5時間です。往復で約10時間になる本格的なトレッキングですので、装備をしっかりして臨んでください。

 

雨具、トレッキングシューズ、ライト、サングラス、帽子、携行食、ゴミ袋、タオル、常備薬などは必携です。水は山に流れている沢の水を飲めますので、500mlのペットボトルが1つあれば大丈夫です。

 

出発地点にはインフォメーションセンターがあり、登山用のグッズも売られているので、なにか不安があればここで購入してください。また、道中にトイレはありませんので、特に女性はトイレを忘れずに済ませてください。

 

オッダやティッダセルの町でガイドツアーも申し込めますので、慣れていない方はツアーに参加するのもオススメです。雨が降るだけで全く違うものになってしまいますので、十分に注意してください。山に入りだすと、もう電話やネットは通じません。オッダの観光協会のHPからも申し込むことができます。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典 「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出発地点には、今は使われていないケーブルカーの路線があります。以前は、みんなこれを階段代わりに登っていました。非常に急勾配で面白い場所なのですが、現在は危険だということで利用は禁止されているようです。横に山道がありますので、そこから登れるようになっています。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

道中にはトロルの舌への標識が立っていて、残りの距離が表示されています。また、石に赤文字で「T」と書いてありますので、それも目印にします。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

道中は絶景の連続です。ただ、上の方になると陽の光を遮るものが無いので、日射病などに気をつけてください。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、ついに到着。こちらがトロルの舌です。

 

 

トロルの舌からの目線だとこうなります。

 

 

ハイシーズンだと写真撮影のための行列が出来ています。一人旅の人は周囲の人に撮影をお願いするわけなのですが、自分が列に並んでいる間、待ってもらう可能性があるので、道中で同じく一人で行動している人に声をかけてペアになっておくのがオススメです。

 

また、ほとんどの日本人にとっては一生に一度の場所になると思うので、あえてガイドツアーに参加して、プロに写真を撮ってもらうというのもありだと思います。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トロルの舌の標高は約1100m、崖としての高さは約700mにもなります。下に見えているのはフィヨルドではなく湖です。ここへ個人で来られるのは基本的には6月15日~9月15日まで。その他のシーズンも「入れてしまう」のですが、危ないのでガイドツアーに参加してください。

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.disney.co.jp

 

トロルの舌は現地では「トロルトゥンガ」と呼ばれます。トロルは北欧全般に伝承される、醜い見た目の妖精・怪物ですが、発祥はノルウェーとされています。上の画像は「アナと雪の女王」のトロルたちですが、この作品はノルウェーが舞台になっています。

 

 

以上が個人での行き方になります。ガイドツアーの場合、トロルの舌でテントを張り一泊することも可能です。朝日や夕日も見られますし、観光客が来るまでトロルの舌を独占できるので、写真撮り放題ですからオススメです。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン空港-ベルゲン空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「トロルの舌」徹底ガイド:旅の大辞典
ノルウェーの設定です。

備考

 

⇒ノルウェーの絶景

 

オッダ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆