「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

名称

ボディ・タタウン

(Bodi Tataung)

場所

モンユワ

(Monywa)

時差

2時間半

時期

11月~2月

(乾季・冬季)

 

ボディ・タタウンは、111mの寝仏、129mの立仏、そして約1万体の仏像がある「仏教テーマパーク」とも言われる場所です。マンダレーから日帰りで訪れることが出来ます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

拠点の街はマンダレーとモンユワです。マンダレーは、ヤンゴンから北に約700km離れていて、ミャンマーの中央に位置します。ヤンゴンに次ぐミャンマー第2の都市で、イギリスに植民地とされるまでの首都でもありました。人口は約90万人です。

 

正方形の「旧王宮」を中心に、碁盤の目状に道が整備されていて、王宮の北に位置するマンダレーヒルでは素晴らしい夕日を見ることができます。

 

最寄りの空港はマンダレー空港 (MDL)。国内外合わせて27都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

マンダレー中心部
Booking.com

 

モンユワは、マンダレーから西に約130km離れていて、チンドウィン川東岸に位置します。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

モンユワ
Booking.com

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレー空港からマンダレー市内

■マンダレー国際空港
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからは飛行機で約1時間20分。1日10便以上が運行しています。

 

マンダレーには、もう1つ「マンダレー・チャンミャタジー空港」という空港があります。これは昔使われていた空港で、現在はほとんどマンダレー国際空港に就航便が移っていますので注意してください。

 

マンダレー国際空港から市内の中心部へは約40km離れていて、空港バスかタクシーを使います。

 

エアポートミニバス

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

空港の1階に「エアコン・ミニバスサービス」というカウンターがあります。ツーリストインフォメーションの隣です。そこでチケットを購入して、建物の外に出ると青い乗り合いワゴンがありますので、それに乗車します。料金は4000チャット(約280円)です。

 

タクシー

タクシーだと、約15000チャット(約1050円)です。所要時間はどちらも約1時間です。

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへバスで行く

■アウンミンガラー
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

「アウンミンガラー・ハイウェイバスストップ」というターミナルから出発します。

・「JJエクスプレス」が「VIP」と「エクスプレス」という2つのクラスで運行。
・所要時間:約9時間
・料金(エクスプレス):
 1万5千~2万チャット(約1050円~1400円)
 VIPクラスは約2倍になります。
・1日4便で、朝と夕方に「VIP」と「エクスプレス」がそれぞれ1本ずつ運行。
 出発時刻はほぼ同じです。
・朝:9時発-18時着
・夕方:21時発-朝6時着

 

チケットはターミナルでも買えますし、ヤンゴン駅の近くにあるチケットオフィスでも購入できます。

 

■チケットオフィス

 

ダウンタウンからターミナルは、タクシーかバスになりまして、タクシーだと約1万チャット(約700円)。バスであれば、スーレー・パゴダの北にあるバス停から「YBSの36番」のバスに乗ってください。黄色い車体です。料金は200チャットです(約15円)。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

■マンダレーのバスターミナル
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

マンダレーのバスターミナルは「チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション」といって、市内の中心から少し離れています。

 

市内まではタクシーで約5千チャット(約350円)、バイクタクシーで約2千チャット(約140円)です。

 

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへ鉄道で行く

■ヤンゴン中央駅
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴン中央駅から、マンダレー駅まで列車で行きます。アッパークラス、ミドルクラス、オーディナリークラスがあり、夕方発は寝台列車になります。

・6時発-21時着
・15時発-5時10分着
・17時発-7時45分着
・所要時間:約15時間

 

■マンダレー駅
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレーからモンユワへ行く

■Thiri Mandalar Highway Bus Station
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

モンユワ行きのバス停は、市内中心部から約1kmほど西にあります。時計塔からは車で約10分です。

 

 

モンユワまでは、エアコン付きで約3000チャット(約210円)、エアコン無しで約2500チャット(約175円)。所要時間は約3時間半です。1日に10便以上が出ていますので、本数の心配はしなくても大丈夫です。

 

■モンユワのバスターミナル
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

モンユワからボディ・タタウンまでは約18km離れていて、車で約30分です。トゥクトゥク、バイクタクシーなどがターミナルにいますので、チャーターして後述する他の見どころと合わせて周るのが一般的。料金は1万~1万5千チャットです。

 

 

ただ、ボディ・タタウンは入り口までしか送ってくれません。ボディ・タタウン内は「専用のバイクタクシーに乗り換えないといけない」という感じです。ボディ・タタウン内は1000チャットです。

 

 

■ボディ・タタウン

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

ボディ・タタウンは、一般に「ボディ・タタウン村」と呼ばれていて「仏教テーマパーク」などと言われたりもします。最初の見どころは、敷地に入るとすぐに現れる無数の仏像です。

 

 

これだけでもスゴいですよね。並べ過ぎです(^^;) そして中に入れば入るほど、山のような仏像が。なんと敷地内に1万体の仏像があるそうです。

 


This photo of Laykyun Sekkya Buddha is courtesy of TripAdvisor

 


This photo of Laykyun Sekkya Buddha is courtesy of TripAdvisor

 

そして「シュエターリャウン寝仏」が現れます。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

高さは20mで、全長は何と111m。寝仏としては世界第2位の大きさです。人が立つと巨大さが際立ちます。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

枕は、何故かビルになっています(^^;) また、後ろから内部に入ることもできます。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

ちなみに、世界一の大きさの寝仏は、同じミャンマーにある「ウィンセントーヤ寝釈迦仏」です。なんと186m(^^;)

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

また「シュエターリャウン寝仏」というと、一般的には同じミャンマーのバゴーにある「シュエターリャウン寝仏」を指します。名前が同じなので間違えやすいですが、バゴーの寝仏は屋内にありますので、写真などはそこで判断してください。

 

■バゴーの「シュエターリャウン寝仏」
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

さて、ボディ・タタウンに戻ります。寝仏の周囲には多くの土産物屋が並んでいて、Tシャツなどが売られています。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

そして、その後ろには「レーチョン・サチャー・ムニ」が現れます。

 

 

こちらは像自体の高さが115.8m、台座を含めると129.2mにもなります。ちなみに、現在世界一の高さの像はインドにある「統一の像」です。台座を含めて、なんと240mになります。

 

■インドの統一の像
「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

しかし、こちらも下から見上げるとスゴい高さです。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

中に入ることもできまして、何と28階構造になっています。ただ、上り下りは階段です(^^;) エレベーターを建設中なのですが、まだ完成していません。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

内部にもたくさんの仏像が安置されています。

 


This photo of Laykyun Sekkya Buddha is courtesy of TripAdvisor

 

中は階ごとに現世・天国・地獄とテーマがあります。中でも目を引くのは、おどろおどろしい地獄絵図の数々です(^^;)

 

 
This photo of Laykyun Sekkya Buddha is courtesy of TripAdvisor

 

中に入れるのは17時までです。一番上に行こうとすると、かなりの時間が必要になりますので、充分に余裕を持って行ってください。最初に訪れてしまうのが良いと思います。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

いかがでしたでしょうか。100mを超える寝仏と立仏は圧巻です。どちらも拝観料などはありません。ぜひ行ってみてください♪

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

■タウンボッデー・パゴタ

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

こちらも必見の寺院で、針山のような外観と、黄金とピンクの鮮やかな色合いが、インスタ映え抜群で人気があります。

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典

 

1939年に建造された寺院で、中には何と58万体もの仏像が安置されています(^^;) モンユワからボディ・タタウンに行く道中にありますので、必ず寄ることが出来ます。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヤンゴン空港(約8時間、全日空)

 

ヤンゴン-マンダレー空港(約1時間20分)

 

マンダレー-モンユワ(バスで約3時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ボディ・タタウン」(ミャンマー):旅の大辞典
ミャンマーの設定です。

備考

 

⇒ミャンマーの関連商品

 

マンダレー中心部
Booking.com

ヤンゴンからマンダレーへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆