「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

チンクエテッレ

(Cinque Terre)

場所

リグーリア州

( Liguria)

時差

8時間

時期

4月~10月

 

チンクエテッレは、イタリア北西部のリグーリア海岸にある5つの町を指し、カラフルな建物が崖にへばりついているような光景で有名です。フィレンツェやジェノヴァからも日帰りで行けるので人気があります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

拠点の街はジェノヴァとピサ。ジェノヴァは中世からの港湾都市で、現在でもジェノヴァ港はイタリア最大の港として機能しています。人口は約58万人。

 

最寄りの空港はジェノヴァ空港(GOA)。国内外合わせて約20都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ジェノヴァ
Booking.com

 

ピサは、世界の七不思議に選出されたこともある「ピサの斜塔」で有名な街で、ガリレオ・ガリレイ生誕の地でもあります。人口は約9万人。

 

最寄りの街はピサ空港(PSA)。国内外合わせて60以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ピサ
Booking.com

 

 

■チンクエテッレの概要

 

チンクエテッレは「5つの土地」という意味で「5 Terre」と表記されることもあります。 地中海に面した5つの町(赤のアイコン)の総称で、まとめて世界遺産に登録されています。

・モンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare)
・ヴェルナッツァ (Vernazza)
・コルニリア (Corniglia)
・マナローラ (Manarola)
・リオマッジョーレ (Riomaggiore)
※上から西→東になります。

 

最も人口が多いのは一番東に位置する「リオマッジョーレ」で人口は約1100人。またリオマッジョーレから南東へ9km離れた場所には、チンクエテッレと共に世界遺産に登録されている「ポルトヴェーネレ(紫)」があります。

 

ジェノヴァ、ピサ、またはフィレンツェからの日帰り観光も可能で、ジェノヴァから行く場合「レヴァント(Levanto)」が拠点となり、ピサやフィレンツェから行く場合「ラ・スペツィア(La Spezia)」が拠点となります。

 

観光は後述する「チンクエテッレ・エクスプレス」という列車とフェリーが基本になり、車で移動する場所ではありません。

 

 

■チンクエテッレ・カード

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

チンクエテッレ観光で良く使われる観光パスで2種類あります。

 

チンクエテッレ・トレッキングカード

・料金:7.5€(1日券)/14.5€(2日券)
・チンクエテッレ内の市バスに乗り放題
・チンクエテッレ内の無料Wi-Fiの利用 (購入時にパスワード確認)
・ハイキングコースの無料入場 (「愛の小道」を含む)
・ラ・スペッツィア市立博物館の割引入場
・公共有料トイレの無料利用

 

チンクエテッレ・列車カード

上記の「チンクエテッレ・トレッキングカード」の内容に加え「レヴァント~ラ・スペツィア」間の列車が無料になります。

 

列車は「チンクエテッレ・エクスプレス」と「普通列車の2等車」に乗車が可能で「インターシティ」「フレッチャビアンンカ」のような特急列車などは含みません。

・料金(夏期):
 16€(1日券)/29€(2日券)

 

・料金(冬期):
 13€(1日券)/23€(2日券)

 

・購入駅:ラ・スペッツィア、レヴァント

 

「チンクエテッレ・列車カード」は船が別料金なため必ずしも得になるわけではありません。目安として船に2回以上乗る場合は、個別でキップを購入したほうが安くなる可能性が高いです。

 

ただ、トレッキングを1回でもする方は上記の「チンクエテッレ・トレッキングカード(7.5€)」が必要になるので、その場合は「チンクエテッレ・列車カード」購入一択になります。

 

もちろん、一回一回キップを購入する煩わしさもありますし、有料トイレが無料になったりもしますから、基本的には購入して良いと思います。現地ではほとんどの方がカードを使っています。

 

 

■チンクエテッレ・エクスプレス

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

「ラ・スペッツィア」-「リオマッジョーレ」-「マナローラ」-「コルニリア」-「ヴェルナッツァ」-「モンテロッソ」-「レヴァント」間を走る列車です。普通列車は朝と夜にしか各村に停まらないため、日中は必ず利用することになります。

・終点までの所要時間:約30分
・8時~19時まで運行
・30分に1本
・土日は増便
・夏季のみ運行(3/17~11/4)
・1回の乗車券:4€
時刻表

 

 

■船での移動

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

船は「ポルトヴェーネレ」-「リオマッジョーレ」-「マナローラ」-「ヴェルナツァ」-「モンテロッソ」に停泊します。

 

つまりチンクエテッレの5つの村の中で真ん中にある「コルニリア」のみ停まらないので「コルニリア」には列車か徒歩のみでのアクセスとなります。

■船の個別料金
・リオマッジョーレ-マナローラ:5€
・マナローラ-ヴェルナッツァ:8€
・ヴェルナッツァ-モンテロッソ:6€

 

■1日券
・25€

 

 

■ジェノヴァからのアクセス

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

ジェノヴァの「プリンシペ広場駅」から「モンテロッソ」へ列車が出ています。

・料金:7.10~18.40€
・所要時間:1時間半~2時間
・1日6本程度

 

 

■ピサからのアクセス

■ピサ中央駅
「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

ピサ中央駅から「ラ・スペッツィア」へ多くの列車が出ています。

・料金:8~15€
・所要時間:1時間
・頻繁に運行

 

 

■モンテロッソ・アル・マーレ

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

チンクエテッレの西端に位置し、人口は約1500人。美しいビーチが有名で海水浴も出来ます。ただ、チンクエテッレに求める光景とは少し違いますので、日帰り観光ではそんなに長居する場所ではありません。

 

逆にどこかの町で滞在するのなら「チンクエテッレのリゾート地」ともいえるこの町にすると良いと思います。

 

駅の横に観光案内所がありまして、マップや列車の時刻表などをもらえますので、1つの目の町がここであれば行っておくと良いと思います。

 

■観光案内所
「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

オーロラの塔

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

町のランドマークになっている塔で、駅を出て左に歩いていくと出てきます。地中海の青と石造りの無骨な姿のコントラストがフォトジェニックな場所です。

 

サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

珍しいシマ模様の教会で、まるでボーダーの服を着ているようでかわいらしい姿をしています。オーロラの塔から山に向かってまっすぐ歩くと出てきます。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

モンテロッソ・アル・マーレ
Booking.com

 

 

■ヴェルナッツァ

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

人口約900人の小さな町で、典型的なチンクエテッレの町並みや光景が見られる場所です。

 

サンタ・マルゲリータ・ディ・アンティオティア教会

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

町のシンボルであり、チンクエテッレを代表する景色の1つです。絵葉書やカレンダーなどに使われる写真の定番です。

 

ローマ通り

 

駅を降りてすぐにある町のメインストリートで、チンクエテッレらしい鮮やかな建物の間に石畳の道が敷かれています。レストランや土産物屋も充実しているので、買い物はここでと考えて大丈夫です。

 

撮影ポイント

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

黒い四角で囲んだ場所辺りから、チンクエテッレの象徴的な写真を撮ることができます。

 

 

レストラン「Belforte」

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

崖の上にある、ヴェルナッツァでは有名なレストランで、素晴らしい景色を見ながら食事することができます。

 

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヴェルナッツァ
Booking.com

 

 

■コルニリア

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

人口約250人の一番小さな町で、唯一船が停泊しません。ただ、船からの眺めも素晴らしいので時間がない場合はスルーしても大丈夫です。

 

もちろん時間があったら、ぜひ村へ行ってみてください。村へはコルニリア駅からバスか徒歩でアクセスできて、徒歩の場合377段の階段を上ります(^^;)

 

 

海沿いにはブドウ畑が見えます。痩せた土壌のチンクエテッレで唯一栽培に成功した農作物がブドウで、貧弱な大地に根を張った結果、ほかの生産地に比べて成る実は少ないものの、逆に成分が凝縮したブドウが育つようになり、造られるワインは古くから希少なワインとして高値が付けられたそうです。

 

「チンクエテッレ・列車カード」をもっていればバスは無料になりますので、行きはバス、帰りは階段、というのもオススメです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コルニリア
Booking.com

 

 

■マナローラ

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

崖にへばりつく家々という、チンクエテッレの象徴的な光景を見ることができる町です。また次の町である「リオマッジョーレ」までの海沿いの道は「愛の小道」と呼ばれる名所になっています。

 

■愛の小道(Via dell’Amore)
「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

 

名前の由来は「愛の小道」というたった1つの落書きだったそうです。ただの道が1つの落書きによって世界的な観光名所になるなんてスゴいですよね(^^;)

 

こちらはキスをするカップルの銅像。愛の小道のシンボルになっています。

 

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

ただ、洪水や崖崩れなどの影響で、現在は道を全部歩くことはできません。マナローラから約300mほど歩けるのみで、リオマッジョーレからは入れませんので注意してください。完全開通は2021年4月頃の予定です。

マナローラ
Booking.com

 

 

■リオマッジョーレ

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

人口は1500人。チンクエテッレで最も大きな町で、こちらも崖にへばりついた家々で有名です。他の町に比べて宿が非常に多いので、安宿に宿泊したい方はこちらが便利です。

 

 

町の中心はコロンボ通り。カラフルな建物と、壁に描かれたアートが魅力的です。もはや普通の町の規模なので何でもあります。

 

地下通路

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

駅を出て右手にある地下道で、天井が水色に塗装されていて、まるで水族館のチューブの中のように見えます。壁のタイルも美しく、リオマッジョーレの最初の見どころです。

 

リオマッジョーレ城

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

地中海の絶景を見渡すことができるポイントです。

 

 

リオマッジョーレ
Booking.com

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■ポルトヴェーネレ

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典 

 

チンクエテッレと共に世界遺産に登録されているポルトヴェーネレも素晴らしい町なので時間があったら訪れたいところです。人口は約3600人。

 

行き方は「ラ・スペッツィア」からフェリーかバスになりまして、フェリーだと約40分、バスだと約30分です。また、前記の「マナローラ」からもフェリーが出ています。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ポルトヴェーネレ
Booking.com

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ローマ空港(約13時間、全日空)

 

ローマ空港-ジェノヴァ空港(約1時間)

 

ジェノヴァ-モンテロッソ(列車で約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「チンクエテッレ」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

モンテロッソ・アル・マーレ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆