「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

麻豆代天府

場所

台湾

(Taiwan)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

10月~4月

 

麻豆代天府は台湾屈指の道教寺院で、佐藤健寿さんの写真集「奇界遺産」で取り上げられて日本でも知られるようになりました。巨大な龍の胎内には天国と地獄が表現されていて、ちょっとしたお化け屋敷のようになっています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は台南市。台湾で最も早くに開けた地域の1つで、元々「台湾」という言葉は「台南地域」にのみ使われる言葉でした。現在は台湾6大直轄地の1つです。人口は約190万人。

 

最寄りの空港は台南空港(TNN)。国内外合わせて5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

台南市
Booking.com

 

 

■台南空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から南に約6km離れています。市内への移動方法はバスかタクシーです。

 

バスで行く

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://tainanbus.info

 

「5番」のバスが空港と市内をつないでいます。青で囲んだのが空港で、緑が台南駅です。

・1時間に1本程度運行
・所要時間:約30分
・料金:18元
公式HP

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、所要時間は約20分、料金は約200元です。

 

 

■台北から台南への移動

高速鉄道で行く

・赤:台北駅
・青:南港駅

台北市には高速鉄道の駅が2つあります。到着駅はどちらも「高鉄台南站」です。「高鉄台南站」は台南市中心部から少し離れていて、電車で台南駅まで行く必要があります。

・所要時間:約1時間半
・料金:約1300元

 

■高鉄台南站
 

 

台湾の高速鉄道については、割引サービスがたくさんあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

その他の移動方法

■鉄道
・各駅、急行、特急などあり
・特急で約3時間半、料金は約750元

 

■高速バス
・24時間体制で複数の会社が運行
・所要時間は約4時間半、料金は約400元

 

 

■高雄から台南への移動

高速鉄道で行く

■新左営駅
 

 

新左営駅から高鉄台南站へ高速鉄道がつながっています。ただ、上記のとおり「高鉄台南站」は台南駅へ乗り継がないと行けないので、普通の鉄道を使う方が簡単です。

・所要時間:約15分
・料金:130元

 

鉄道で行く

■高雄駅
 

 

高雄駅から台南駅へ直通列車が出ています。

・各駅:約1時間・約60元
・急行:約45分・約80元
・特急:約35分・約100元

 

バスで行く

■高雄国際空港
 

 

高雄空港から台南バスターミナル行きの直通バスが出ています。

 

■台南バスターミナル
 

・所要時間:約1時間
・料金:約150元

 

 

■台中から台南への移動

高速鉄道で行く

■高鉄台中駅
 

 

高鉄台中駅から高鉄台南站へ高速鉄道がつながっています。

・所要時間:約45分
・料金:約650元

 

その他の移動方法

■鉄道
・各駅、急行、特急などあり
・特急で約1時間45分、料金は約360元

 

■高速バス
・24時間体制で複数の会社が運行
・所要時間は約2時間半、料金は約170元

 

 

■麻豆代天府へのアクセス

 

 

まずは台南駅などから鉄道で「隆田駅」へ行きます。駅に着いたらタクシーになりまして、所要時間は約20分です。周辺には流しのタクシーがいないので、1時間位待機してもらってください。

 

 

一応バスもあります。「隆田駅」から「橘10番」のバスに乗って「麻豆公所」で下車します。ただ、本数が少ないのであまり実用的ではありません。バスで行く場合は、帰りの時刻表をしっかり確認してください。

・所要時間:約45分
・料金:33元

 

 

■麻豆代天府

 

 

台湾には道教信仰がありまして、中でも「王爺(おうや)」という神様を祀る「王爺信仰」は台湾で広く見られます。麻豆代天府は明代末期の1662年に建立された王爺信仰の本廟で、日本人の感覚では「寺院」と捉えると分かりやすいです。

 

「李・池・吳・朱・范」という五王も祀っているので「五王廟」とも呼ばれます。建造当初は「保寧宮」という名前でしたが損傷がひどくなり、別な場所に「保安宮」として移転されました。その後、1955年に「保寧宮」があった場所に「麻豆代天府」が造られ現在にいたります。

 

 

敷地は約1万坪もあり、三大殿や觀音寶殿などが建てられています。3年に一度大きな祭りが開かれているので、そこに合わせて行くのもオススメです。

・入場料:無料
・営業時間:4時~21時
公式HP

 

敷地内に入ると、まず現れるのが「觀音寶殿」です。

 

 

色鮮やかなデザインとユニークな形が特徴で、中には観音様が祀られています。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして最大の見どころが境内の裏にある「五彩觀光巨龍」です。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

長さ約76m、高さ約7m、1979年に約1億元を投じて建てられました。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

てっきり口から入るのかと思いますが、口は出口になっていて、まずは地獄の入口からスタートします。入場料は40元です。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典 「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

地獄では、閻魔様に刑罰を決められてから実際に刑を執行されるまでが、お化け屋敷のような感じで表現されています。そして、地獄を出ると今度は天国の入口が出てきます。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらも40元の入場料がかかります。天国はどこもホンワカしています。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、出口がここというわけです。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

龍はやっぱりカッコいいですね(^^) インスタ映えポイントなので、たくさん良い写真が撮れますよ。

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。台湾が誇る道教の聖地にぜひ行ってみてください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-台南空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「麻豆代天府」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒台湾のガイドブック

 

⇒台湾料理

 

台南市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆