クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

クスコ

(Cusco)

場所

クスコ

(Región Cusco)

時差

14時間

時期

4月~11月(乾季)

 

クスコはペルーの南東部に位置する古都で、人口は約43万人。「マチュピチュの玄関口」「インカ帝国の首都」として有名な世界的観光地です。

 

「クスコ」とはケチュア語で「へそ」を意味し、まさにインカ帝国における中心地として栄えました。

 

現在でも、観光立国のペルーにおいてはリマと同様かそれ以上の中心的存在で、空路・バス・鉄道と様々な手段で国内各地の見どころとつながっています。

 

このページでは、クスコへのアクセスについて、ご紹介していきます。クスコの見どころについては、「クスコ②市内と周辺の見どころ」のページをごらんください♪

 

 

■目次

☆空路でのアクセス
☆長距離バス①リマ-クスコ
☆長距離バス②プーノ-クスコの夜行バス
☆長距離バス③プーノ-クスコのバスツアー
☆鉄道でのアクセス
☆備考

 

 

■空路でのアクセス

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

リマとクスコは1日30便以上が飛んでいます。航空会社も様々で、ある程度前もって予約すれば、まず間違いなく予約できます。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

所要時間は約1時間半。後述するバスと比べると圧倒的に速く快適なので、選択肢に入れる価値は十分にあります。予算と日程、そして何より体力に合わせて比較してみてください。というのは、バスは非常にハードです(^^;)

 

リマからの最終便は17時~18時が最終になります。ただ、この航路はとにかく天候に左右されます。午前中は比較的安定しているのですが、午後になると天候が荒れ出して最悪飛べないこともあります。遅れることはしょっちゅうなので、チェックインしてからも時刻表をしっかりチェックしてください。

 

 

■クスコ空港

 

空港は市内から4kmほど離れています。市内まではタクシーで15分ほどになるのですが、これが要検討事項です。

 

まず大前提、ペルーは治安が良いとは言えない国です。旅行者の多くが「何もなかったよ」と話すと思いますが、実際にタクシー強盗に遭い、初日から身ぐるみはがされた人たちもたくさんいます。

 

なので、空港から宿まではリマもクスコも最大限慎重に行動すべきと考えます。

 

■タクシーの種類

ペルーのタクシーは「流し」と呼び出し式の「ラジオタクシー」の2つです。
流しのタクシーは3種類あり、

 

①車体が黄色または白一色で塗装されたタクシー 
ペルーの絶景

 

②ヘッドライトとブレーキランプを繋ぐように,車の側面に白と黒,または黄色と
 黒のチェッカー模様をつけたタクシー
ペルーの絶景

 

③一般自家用車にタクシー標識をつけただけのタクシー

 

 

ラジオタクシーは流しよりは割高ですが、安全のためラジオタクシーを使うことをオススメします。

 

料金ですが、ラジオタクシーの場合は市内まで約30ソル。流しの場合約10ソルになります。3倍違いますけど日本で考えたら安いものです。ケチるところではありませんので、ぜひ冷静に判断してください。

 

ベストは、宿を手配しておき送迎を頼んでおくことです。料金はかかりますが間違いなくベストです。

 

流しのタクシーを使う場合、「少なくとも日没後は絶対に乗らない」「日中であっても、自家用車にステッカーを付けだだけのようなタクシーには絶対に乗らない」。この2つは意識してください。

 

 

■長距離バス①リマ-クスコ


長距離バスだとリマからは約22時間前後かかります。長い上に道が悪いので、予算に余裕があるなら空路をオススメします。特に雨季(12月~5月)はやめておくべきです。一度も休憩がありませんので、水や軽食は持っていくようにしてください。

 

バス会社はクルス・デ・スル社とオルメーニョ社をご紹介しておきます。ネット予約がお得ですので、興味のある方はこちらのページをご覧下さい♪

 

クルス・デ・スル社

 

リマ-クスコであれば、クルス・デ・スル社の「VIPクラス」がオススメです。ネット予約で約190ソル前後。毎日14時と18時発です。

 

ペルーの絶景

 

見ての通りの超快適空間。テレビあり、添乗員の呼び出しボタンあり、Wi-Fiあり、45度以上も倒れるリクライニングあり、食事あり、トオイレあり、と至れり尽せりです♪

 

「レギュラークラス」はこちらです。

 

ペルーの絶景

 

正直、こちらでも大丈夫です。ご予算に合わせて決めてください。

 

オルメーニョ社

 

ペルーの絶景

 

クルス・デ・スルと並ぶ高級バス。こちらも2階建てでトイレつきです。ロイヤルクラスは毎日16時発。エコノミークラスは月と金の朝8時発です。

 

他にもバス会社はたくさんありまして、グレードによって値段も様々です。また、丸1日になるので、食事を何回付けるかによっても変わります。

 

安くて有名なのは「シヴァ(CIVA)社」などがあります。3食付きで100ソル。上記の豪華バスと比べると半額ですね。ただ、狭いです。修学旅行などで乗る普通のバスです。足は伸ばせません。22時間も乗っていたらエコノミー症候群になるかもしれませんし、とにかく悪路です。ぜひ安さにとらわれずに色々検討してみてください。

 

 

■長距離バス②プーノ-クスコの夜行バス

出発は22時。朝の5時~6時に到着します。クスコは治安に不安がありますので、街が動き出すまではターミナルで過ごすことをおすすめします。
クルス・デ・スル社は29ソルですが、他、Sameni社などは20~25ソルで運行しています。

 

■プーノのバスターミナル

 

 

■長距離バス③プーノ-クスコのバスツアー

時間があるのであれば、夜行バスよりもオススメなのが、インカエクスプレス社などをはじめとするバスツアーです。もちろん「プーノ→クスコ」「クスコ→プーノ」の両方があります。

 

料金は50~60US$。朝の7時ころに出発して、約10時間で目的地につきます。道中のみどころをプーノ側から軽くご紹介していきます。

 

プカラ資料館

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ラ・ラヤ峠

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

お土産を買う場所で、周囲はもう「見渡す限りの絶景」というやつです♪写真をつなげてみましたので、クリックして拡大してください。
標高は4335mと、かなり高いので、はしゃぎすぎないように注意してください。

 

マランガニ村

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

昼食をとる村です。アルパカが結構な頭数飼われてまして、完全になついてますので、近づいて一緒に写真を撮ることが出来るレアスポットです。ペルーでポピュラーな食材になっているモルモット「クイ」たちも飼われていました。カワイイ…これ見たあとは、さすがに食べられないかも?(^^;)

 

ラクチ遺跡

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ツアーのハイライトといえる遺跡。なかなかの規模で迫力はあります。見て損はないと思いますよ♪

 

アンダワイリーリャス村の教会

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ここは、嬉しい誤算という表現がぴったりな、素晴らしい教会です。中のフレスコ画が見事なんですね。写真を撮ってはいけないんですが、管理人さんと話したらデータをメールで送ってくれましたので、載せておきます。

 

 

■鉄道でのアクセス

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらも、また、オススメしたい方法で、ペルーレイルが「クスコ-プーノ」間を運行しています。

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典
※クリックして拡大してください。

 

朝に出発し、17~18時に到着。逆方向も同じです。

 

2つのクラスがあり、「Andean Explorer」というファーストクラス(130US$)とバッグパッカークラス(19US$)。どちらを選ぶかは予算しだいですが、管理人は、「マチュピチュ-クスコ間のペルーレイル」を合わせて検討して決めると良いかなと思います。

 

「マチュピチュ-クスコ」間を「オリャンタイタンボ」を経由した「バッグパッカークラス」で考えているのであれば、ここではあえての「ファーストクラス」で良いかなと。

 

ただ、「ペルーレイルのファーストクラス」ということだけで考えれば、やはり「マチュピチュ-クスコ」という、世界中から圧倒的に人が集まる路線が、最高のサービスとなっておりますので、そちらを選ぶべきかなと。そちらでは、様々なショーが行われたります。

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

■プーノのペルーレイルの駅

 

道中のハイライトは、上記の「ラ・ラヤ峠」にある駅。世界最高の4319m地点にある駅です。上記の土産屋とは違う場所です。

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

みんなここで写真をとります。もちろん、お土産屋がたくさん。

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ファーストクラスの最後尾。こんなとこ、ずーっと居れますね(^^)

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

個室もあるようです。どうせなら最高に奮発して、こんな個室に乗ってみても良いのかもしれません。まぁ、予約でいっぱいでしょうが…(^^;)

 

ペルーレイルについては、チチカカ湖①「アクセスと拠点の街」のページでも解説しておりますので、合わせてご覧下さい。

 

クスコにはペルーレイルの駅がいくつかありまして、わかりづらいです…(´ε`;) 「プーノ-クスコ」で使う駅は「ワンチャック駅」になります。クスコ市内にありまして、便利な駅です。タクシーで行く場合「ペルーレイル エスタシオン デ ワンチャック」と言ってください。

 

■クスコのワンチャック駅(Peru rail Estacion de Wanchaq)

 

マチュピチュへ向かう際のペルーレイルの駅は、実はクスコの横の「ポロイ(Poroy)」という町の駅から出ています。クスコ市内からはタクシーで20分ほどです。

 

■ポロイ(Poroy)の駅

 

以上になります。クスコへのアクセスについては大丈夫でしょうか。

 

クスコの見どころについては、「クスコ②市内と周辺の見どころ」のページをごらんください♪

 

 

■備考

南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

ペルーへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード
■ルックJTB

行き方

■航空便例
日本ーリマ空港 (約21時間半、エアカナダ)

 

リマ-クスコ(1時間半)

 

■長距離バス
リマ-クスコ(約22時間)

 

プーノ-クスコ(約10時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

クスコ①「各地からのアクセス」(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ペルーの設定です。

備考

 

⇒ナスカの地上絵の関連商品

 

⇒マチュピチュの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 



☆ページの先頭へ戻る☆

スポンサーリンク