ナスカ(ペルーの絶景)

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ナスカ

(Nasca)

場所

イカ県

(Departamento de Ica)

時差

14時間

時期

4月~11月(乾季)

 

世界的に有名な「ナスカの地上絵」。一度は見てみたいと思う人も多いのではないでしょうか。様々な見どころがある南米大陸においても、トップ10に入るメジャーなスポットです。

 

なお「オーパーツ」としての「ナスカの地上絵」の解説は様々なサイトで詳細になされておりますので、当サイトでは、あくまでも「旅」の目線でご紹介していければと思います。

 

それではいきます♪

 

■目次

 

 

■アクセス

 

拠点の街はナスカ。首都のリマからは南東に約450km。長距離バスでは約7時間の道のりです。

 

イカからは約2時間半。1時間に1便くらい出ているので安心です。料金は10~12ソル。ピスコからは約3時間半です。

 

クスコからも行けるのですが、13時間という長さはともかく、とにかく道が悪路なのでオススメは致しません。

 

リマからナスカへのフライトはありませんが、イカを経由して行くことはできます。リマからイカが約1時間。セスナに乗り換えてナスカまで約30分です。

 

イカからナスカの地上絵を見るセスナも出ていて、この場合、ナスカには降りずにイカに戻ってきます。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

 

■拠点の街「ナスカ」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

人口は約3万人の小さな町です。宿はたくさんありますので、こちらからチェックしてください。最安値検索はトリバゴが速いです。
 旅の大辞典

 

地上絵以外の、町や周辺の見どころは下記になります。

 

 

「マリア・ライヘ博物館(Museo Maria Reiche)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

ナスカの地上絵の研究で世界的に有名なマリア・ライヘさんの研究所です。彼女の膨大な研究資料や、出土したミイラを見ることができます。ちなみに、後述するミラドールも彼女が研究のために私財で建造したものです。

 

入場料は5ソル。町からは30kmほど離れているため、タクシーをチャーターするかツアーに参加して行く形になります。

 

マリア・ライヘさんが研究を始めた当初は、周辺の人も地上絵の存在を知りませんでした。そのため、彼女が研究のために、何もない乾いた大地をほうきで掃く様子を見た人たちは、彼女を「頭のおかしいオバサン」だと思ったそうです。

 

そんな歴史を知った上で見ると、地上絵が、ただの観光地では無くなるかもしれませんね。

 

「マリア・ライヘ・プラネタリウム(Planetario Maria Reiche)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

マリア・ライへさんの名前が冠されたプラネタリウムで、ナスカの地上絵について1時間ほど上映されます。

 

てっきり上記の博物館で上映されそうな気がしますが、「ナスカ・ラインズ・ホテル(Nazca Lines Hotel)」という宿の中にあります。

 

19時開演。説明は英語ですが何となく分かると思います。時間があったらぜひ見てから地上絵を見に行ってください。何も知識が無いまま、ただ空から眺めるだけと比べると、やはり感じるものも違うと思いますよ。

 

「ナスカ・ラインズ・ホテル」の口コミはこちらからチェックしてみてください。最安値検索はトリバゴが速いです。
 旅の大辞典

 

「パレドネス遺跡(Los Paredones)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

町からタクシーで約10分の場所にある、インカの遺跡です。螺旋形の美しい水路が残っています。これらの水路は今でも周辺の農業の灌漑設備として使われています。

 

「アントニーニ博物館(Museo Didactico Antonini)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

アルマス広場から徒歩15分位の場所にあり、ナスカでの出土品などが展示してあります。

 

レストラン「ラ・エンカンターダ(La Encantada)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

旅行者からの評価が高いレストラン。ペルー料理はもちろん様々な国の料理を楽しむことができます♪近くにイカ(Ica)がありますから、ワインやピスコも良いものが揃えてあります♪

 

メニューも英語なので分かりやすく、雰囲気の良い中庭で食事をすることも出来、町自体はとくに期待してないであろう「ナスカ」の、良い思い出になると思いますよ♪

 

時間 7:00~24:00 
予算 3000円くらい

 

 

レストラン「エル・ポルトン(El Porton)」

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

ステーキが美味しいと評判のお店です。観光客もさることながら、地元の人たちで常に賑わっています。フォルクローレの生演奏もありますよ♪動画もありました。こんな食事もオツですね。

 

 

 

■地上絵の歴史

ナスカの地上絵は紀元前200年~紀元後800年頃に描かれたとされています。形は動植物や幾何学模様など様々。大きさは数十mから数十kmにまで及び、その数はなんと700を超えるそうです。

 

発見されたのは1939年6月22日。考古学者のポール・コソック博士によります。その後、ドイツ人数学者のマリア・ライヘさんが訪れ生涯をかけて研究を進めました。そして1994年には世界文化遺産に登録されました。

 

ペルーの絶景

 

空からでないと何がなんだか分からないため現代まで発見されず、さらに、未だ数多くの地上絵が眠っているとされています。

 

日本も大きく貢献しており、山形大学の坂井教授のグループが、2011年に2つ、2013年にも2つ、そして2015年には24もの、新たな地上絵を発見しています。今現在、地上絵を立ち入り調査出来るのは、こちらのグループだけだそうです。スゴイですね!

 

 

■地上絵の描画方法

ナスカは「パンパ・コロラダ」「パンパ・インヘニオ」と呼ばれる細長い盆地の中にあります。南米大陸の東側から吹く風がアンデス山脈にあたり、乾いた風しか吹かない地で、世界屈指の乾燥地帯にあたります。

 

大地は太陽の熱で赤茶色に酸化しており、地上絵は、その表面の土を深さ20~30cmほど取り除き、酸化していない地層を露出させることで描かれています。

 

ペルーの絶景

 

また、巨大な地上絵を正確に描く方法としては「拡大法」が最有力と考えられています。

 

ペルーの絶景
出典: blog.goo.ne.jp

 

まず、ある程度の大きさの絵を地上に描き中心点を取ります。そこを起点に放射状に絵を拡大していくわけです。これは日本でも再現実験がなされており、数学や天文学などの深い知識が無くても地上絵は描けることが証明されています。

 

ある小学校で、妖怪ウォッチのジバニャンの地上絵が制作され、その様子が動画にまとめられていますので、よろしければご覧下さい♪

 

 

 

■ナスカの地上絵

ペルーの絶景
※クリックすると拡大できます。

 

ナスカの地上絵はイカでも申し込むことができます。その場合、飛行時間が長くなるので約100ドルです。

 

もちろんナスカで頼めば飛行時間も短くなるので、少し安くなり70ドル前後になります。シーズンで多少変動するわけですが、いずれにせよ、ナスカではあまり値切らないことをオススメします。

 

特にスペイン語が不得手な方に多いのですが、ナスカの場合、料金が下がると、単純に見せてもらえる地上絵が減ります。安いものでは35ドルなんてのもあるのですが、見られる地上絵は4つだけです。これが50ドルになると6つに増えます。なので、よっぽど予算の無い方以外は、せっかくのナスカの地上絵ですから普通に出しておいた方が良いと思います。

 

申し込みは旅行会社でも宿でも、どこでも可能です。

 

さて、セスナツアーは基本的に天候が安定している午前中。ツアー会社が空港まで送迎してくれるはずです。

 

ペルーの絶景

 

セスナは4~6人乗り。2列シートになっているので、4人なら良いんですけどね。6人の場合、頑張って窓際をキープしましょう♪

 

フライトは約35分。ここで問題となるのが「乗り物酔い」。昔からナスカの地上絵観光は、「念願かなって嬉しい」旅行者と「とにかく地獄だった。ひたすら早く終わることを願っていた」旅行者の2つに分かれます(^^;)

 

広大なエリアに描かれている地上絵とは言え、高速のセスナで飛ぶ以上は「狭いエリアにたくさんの地上絵がかたまっている」状態になるので、セスナが上下左右にガンガン動くんですね。

 

ジェットコースターやフリーフォールでお腹がふわっと浮く感じありますよね。あれが何度も何度も来るんです。酔う体質の人は体調管理をしっかりした上で、酔い止めも飲んでのぞんでください。

 

では、主な地上絵を見ていきましょう。

 

■コンドル(135m)
ペルーの絶景

 

■ハチドリ(96m)
ペルーの絶景

 

■フラミンゴ
ペルーの絶景

 

■サル(55m)
ペルーの絶景

 

■クモ(46m)
ペルーの絶景

 

■宇宙人(32m)
ペルーの絶景

 

■犬
ペルーの絶景

 

■クジラ(63m)
ペルーの絶景

 

■手
ペルーの絶景

 

最後の「手」は、町から約15kmほどの場所に、マリア・ライヘさんが建てた「ミラドール(展望台)」から見ることができます。

 

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ナスカの地上絵が描かれた目的については、「天体観測説」「雨乞い説」「宇宙船の発着場説」「宇宙人による落書き説」など様々な議論がなされていますが、未だに結論は出ていないようです。でもそれで良いのではないでしょうか。ピラミッドよりも、モアイ像よりも、ストーンヘンジよりも、何よりもミステリアスな遺産として後世に残していきたいものです。

 

現在、地球温暖化による異常気象で、この地域にも雨が降り出し、消失の懸念があるそうです。全員が地球環境の改善を意識しないといけないですね。

 

ペルーの絶景

 

 

■パルパの地上絵

実は地上絵というのはナスカだけではなく、このエリアの極めて広範囲で描かれています。その中にあって、近年注目を集めているのが「パルパの地上絵」です。

 

パルパというのはナスカの手前にある町のことです。

 

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

ナスカからは目と鼻の先なのですが、遊覧飛行のエリア外にあったため、最近になってようやく発見されました。

 

ペルーの絶景
※クリックすると拡大できます。

 

ナスカの地上絵よりも完成度が高いというか、より「お絵描き感」が強くて、ますます「宇宙人の落書き説」を信じたくなってくる地上絵です。

 

ペルーの絶景

 

ペルーの絶景

 

すでにナスカを訪れた方は、わざわざもう一度行く気にはならないと思いますが、これから訪れる方は、ぜひパルパでも遊覧飛行をしてみてください♪

 

パルパの町にも宿がありますので、こちらからチェックしてみてください。最安値検索はトリバゴが便利です。
 旅の大辞典

 

 

■カザフスタンの地上絵

ペルーの絶景

 

正しくは「トゥルガイの地上絵(Steppe Geoglyphs)」といいます。2007年に「グーグルアース」で発見されたという、まさに「生まれたての古代文明」です。

 

カザフスタン北部のトゥルガイで発見され、少なくとも260以上の構造物が発見されています。図形の大きさは約90~400mと、ナスカの地上絵と同規模のもので、さらに大きな地上絵もあると考えられています。詳細はこちらの特集ページをご覧下さい。

 

 

■備考

南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪
南米にはガラパゴス諸島を始め、イースター島やブラジルなど、世界的なダイブスポットがいくつもあります。中米に行けば、コスタリカやメキシコ、バハマなど、世界トップクラスの場所が無数にあります。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

ペルーへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード ■近畿日本ツーリスト ■ルックJTB

 

行き方

■航空便例
日本ーリマ空港(約21時間半、エアカナダ)

 

リマ-ナスカ(バスで7時間)

ホテル検索

 ←リマです。
 ←イカです。
 ←ワカチナです。
 ←ナスカです。
 ←クスコです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ペルーの設定です。

備考

 

⇒ナスカの地上絵の関連商品

 

⇒マチュピチュの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



ナスカ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆