「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

国立故宮博物院

場所

台北

(Taipei)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

 

台北は、日本でも年々人気が上がっている観光地で、2006年に高雄市との高速鉄道が完成したことで、台湾全土の観光拠点にもなっています。当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「台北②国立故宮博物院」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■台北の見どころ一覧

 

台北には多くの見どころがありますが、ここは外せないという5ヶ所を厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。こちらのページでは青のアイコンについてご紹介します。

 

 

■国立故宮博物院へのアクセス

 

 

地下鉄「淡水信義線」の「士林駅」で下車します。駅からは「紅30」「255」「304」「815」「M1」「小18」「小19」などのバスが国立故宮博物院へ行きます。所要時間は約10分、料金は約15元です。タクシーの場合は約100元です。

 

 

その他、下記の方法もあります。

①地下鉄「文湖線」の「大直駅」で下車し「棕13」のバスに乗車
②地下鉄「文湖線」の「剣南路駅」で下車し「棕20」のバスに乗車

 

 

■国立故宮博物院の概要

 

 

1925年、中国・北京の「紫禁城」には約117万点の美術品が収蔵されていました。しかし、戦争や内戦が起こるたびに、難を逃れるため貴重なものから優先して各地に移されていました。

 

そして、紆余曲折を経て1948年の秋から3回に分けて合計2972点が台湾に運び出されました。現在では約68万点が収蔵されていますが、常設展示されるのは約7千点で、数ヶ月ごとに入れ替えられています。

 

「流転の秘宝」という名にふさわしい美術品の数々は見応え充分で、最低3時間は確保しておきたいところです。以下、各種のマップです。

 

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.mafengwo.cn ※拡大出来ます

 

 

■代表的な美術品

三大至宝
翠玉白菜

 国立故宮博物院のシンボルで、
 翠玉巧彫の最高傑作と称されます。
 よく見ると多産の象徴であるキリギリスと
 イナゴが上に乗っています。
 高さは約19cmの手のひらサイズです。
 (清時代:19世紀)

 

肉形石

 中国料理の「東坡肉(トンポーロー)」を
 再現した彫刻で、これを見た清王朝最後の
 皇帝・溥儀は目録に「「豚肉の化石」」と
 記しました。大きさは5.3×6.6cm。
 (清時代:17世紀)

 

清明上河図

 北宋時代の都・開封の賑わいを描いた
 全部で8巻にもなる絵巻物です。
 初期のものは12世紀に描かれていて、
 以降、これを手本にして様々な類作が
 作られました。(贋作ではなく類作)
出典:https://ja.wikipedia.org ※拡大できます

 

彫象牙透花人物套球

 

上記の3つよりも遥かにスゴいのではと思われる逸品で、実はこれは1つの象牙を彫って作られたものなんですΣ(゚∀゚ノ)ノ なんと内部は21層構造になっていて、それぞれの球を回転させることができます。

 

上の動画がアップで細部を映してくれていて、とんでもない代物だということが分かります。特に2:10~3:00で作り方の解説がありますのでご覧ください。中国語ですがイラストがあるので大丈夫です。

 

日本語で説明しますと、まず象牙を球体にします。そして八方向から中心に円錐形の穴をあけていきます。専用の小刀で中心となる球体を掘り出したら、その球体を基準に2層目・3層目と彫っていきます…ということなんですが、説明されても信じられないレベルです(^^;)

 

雕橄欖核舟

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://culture.gansudaily.com.cn

 

精緻な船の彫刻で、船上には8人が乗っていて、それぞれ表情もしっかり付けられています。そして実はですね…これはオリーブの種なんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

その大きさはなんと、高さ1.6cm、長さ1.4cm、幅3.4cm!さらに船の底には「後赤壁賦」という約300文字の文章が掘られています。ただただ脱帽するばかりです(^^;)

 

翡翠の屏風

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

翡翠で作られた屏風で、両面が全くおなじように掘られています。戦前は昭和天皇のもとにあったのですが、戦争が終わって台湾に返されました。

 

フビライ像

 中学の社会科で必ず出てくる、元の五代皇帝
 フビライ・ハンの肖像画です。日本の鎌倉時代に
 描かれたものだと思うと貴重さが分かります。
 出典:https://ja.wikipedia.org ※拡大できます

 

このほか「至善園」という中庭では中国らしい風景が広がり、ショップでは美術品のレプリカやお土産品がたくさん売っています。特に人気の「翠玉白菜」と「肉形石」が展示されているかどうかは、公式HPの「展覧」→「展覧移動」のページで確認できます。

■営業時間
・日~木:8時半~18時半
・金土:8時半~21時
・至善園:8時半~18時半(月曜休み)

 

■料金
・館内:350元/至善園:20元

 

公式HP

 

以上になります。日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典

 

続いて下記から見どころをご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-台湾空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「台北②国立故宮博物院」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒台湾のガイドブック

 

⇒台湾料理

 

台北
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆