「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

磬錘峰

(磬锤峰)

場所

河北省

(Hebei)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春~秋

 

磬錘峰は、断崖絶壁にそそり立つ巨石で、中国の観光地等級で「全国AAAAレベル(4Aレベル)」に指定されている絶景です。北京から公共交通機関を使って行くことができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は承徳市。清代の離宮である「避暑山荘」や、それを囲むチベット式の「外八廟」などの世界遺産で知られています。回族、朝鮮族、満族、モンゴル族などの少数民族も多いです。人口は約350万人。

 

最寄りの空港は承徳普寧空港(CDE)。国内の3都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

承徳市
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北に約15km離れています。市内への移動方法はシャトルバスかタクシーです。

 

シャトルバスで行く

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

空港から市内中心部の「五雲橋公交站」というバスターミナルをつないでいます。

・1日2往復
・空港発:9時20分、20時40分
・市内発:7時、18時45分

 

タクシーで行く

タクシーの場合、所要時間は約20分、料金は約80元です。

 

 

■北京から承徳市への移動

バスで行く

 

 

北京の「四恵駅」近くのバスターミナルから、承徳のバスターミナルへ直通バスが出ています。「四恵駅」へは地下鉄1号線や八通線でアクセスできます。

・所要時間:約3時間半
・料金:約90元

 

■承徳のバスターミナル
 

 

 

鉄道で行く

 

 

北京駅から承徳駅へ直通列車が出ています。

・所要時間:約4時間
・料金:30~90元

 

■承徳駅
 

 

 

■磬錘峰

 

 

磬錘峰(けいすいほう)は、承徳から北東に約7km離れています。市内からは「10路」「28路」のバスに乗り「喇嘛(ラマ)寺」のバス停で下車します。

 

 

そこから普楽寺へ行きます。

 

 

ここからリフトで山頂へ向かいます。リフトとしては中国でも最長クラスで全長は1620m、所要時間は約20分で、料金は50元です。リフトを使わずに歩いて登ることもでき、所要時間は約1時間です。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

入口で入場料25元を支払います。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

磬錘峰まではさらに約20分歩きます。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

てくてくと。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、ついに到着です。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さはなんと38.29mΣ(゚∀゚ノ)ノ 上部の方が太くなっていて、下部の直径が10.7mに対し、上部の直径は15.04mになります。重さは約16000トン。

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.xsdals.cn

 

なぜ、こんな状態になったのでしょうか。自然の神秘に驚かされるばかりです。崖は100m以上の高さがありますので注意してください。

 

以上になります。北京からのアクセスはさほど難しくはないので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■飛来石

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中国を代表する景勝地・黄山には、磬錘峰に非常に似た景観があります。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「磬錘峰」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

承徳市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆