「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ニューヨーク

(New York)

場所

アメリカ・ニューヨーク州

(New York)

時差

夏:-13時間

冬:-14時間

時期

6月~9月

 

ニューヨークはアメリカ最大の都市で、世界の政治・経済・教育・エンターテインメント・ファッションなどの中心地です。当サイトでは6ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「ニューヨーク②マンハッタンの北側」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ニューヨークの見どころ一覧

 

ニューヨークには多くの見どころがありますが、ここは外せないという12ヶ所を厳選しました。こちらのページでは赤のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■観光パス

ニューヨーク・シティパス

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

下記のアトラクションが含まれた観光パスです。送られてくるQRコードを各施設の入り口で提示すれば入場できます。詳細はリンクからご覧ください。

・エンパイア・ステートビル眺望&オーディオツアー
・メトロポリタン美術館
・グッゲンハイム美術館 or トップ・オブ・ザ・ロック
・自由の女神&エリス島ツアー or サークルライン観光クルーズ
・ 911 メモリアル&ミュージアム or イントレピッド海上航空宇宙博物館

 

ニューヨーク・ビッグ・アップル・パス

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは37ヶ所の観光スポットから、自分が行きたい2~7ヶ所のスポットを組み合わせられる観光パスです。もちろん数によって値段が違うので、2ヶ所が7ヶ所より損するということはありません。詳細はリンクからご覧ください。

 

ホップオン・ホップオフ・バス

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

50ヶ所以上の観光スポットを3つのコースで巡回している乗り降り自由バスです。24時間と48時間が選べて、日本語の音声ガイドもあるので安心です。詳細はリンクからご覧ください。

 

 

■アポロ・シアター

 

 

1913年に建てられた劇場で、1934年にニューヨークで唯一黒人のエンターテイナーを雇う劇場となり、それ以来、黒人文化の象徴的存在になっています。公式HPはこちら。

 

1934年から今日に至るまで、ずっと「アマチュアナイト」というイベントが行われていて、ここからジェームス・ブラウン、ダイアナ・ロス、ジャクソン5、スティーヴィー・ワンダー、ベン・E・キングなど、世界的なスターが輩出されています。

 

 

アクセスは地下鉄の「125 Street Station」で下車して徒歩5分です。一帯は「ハーレム」という「マンハッタン内の黒人居住地区」で、現在は非常に治安が良くなっているので問題なく観光できます。不安な人は現地ツアーなども行われていますので、検討してみてください。

 

ちなみに、日本人で舞台に上がった人も多くいて、お笑い芸人のロバート秋山さんもその1人です。動画がありましたので、よろしければご覧ください。

 

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■セントラル・パークとメトロポリタン美術館

 

 

南北4km・東西800mという巨大な公園で、マンハッタンで働く人々や周辺に生息する鳥たちのオアシスになっています。ニューヨークシティマラソンのゴールとしても有名で、年間の観光客は約3500万人に登ります。

 

複数の湖、2つのアイススケートリンク、プール、動物園、温室ガーデンなど多くの施設があり、公園内の道路は10kmに及びます。広い芝生スペースでは、年に1回ニューヨーク・フィルハーモニックが野外コンサートを行い、メトロポリタン・オペラも年に2回公演を行っています。

 

普通に公園を散策する中で、おさえておきたい場所をご紹介します。

■セントラル・パーク
・営業時間:6時~25時
公式HP

 

ストロベリーフィールズ

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ニューヨークで殺害されたジョン・レノンの追悼記念碑で、中心には「IMAGINE」と記されています。常に人が集まっていて、ビートルズの曲を演奏している人がいたりします。

 

クレオパトラの針

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1819年にエジプトから贈られた贈られた本物のオベリスクで、21mの高さがあります。19世紀にはロンドンとパリにもオベリスクが贈られていて、ニューヨークとロンドンのオベリスクが対になっています。

 

ベルヴェデーレ城

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ゴシック式のお城で「ベルヴェデーレ」はイタリア語で「美しい景色」という意味があります。城自体美しいですが、公園を一望できるスポットとして人気があります。

 

 

メトロポリタン美術館

 

1870年に建てられた美術館で、セントラルパークの東端に位置します。「誰もが知っている教科書で見たあの作品」は少ないのですが、よく世界三大美術館の1つに数えられます。ちなみに他の2つは、フランスのルーブル美術館と、ロシアのエルミタージュ美術館です。

 

こちらが目的で直接行きたい場合は、地下鉄の「86th Street station」で下車して徒歩10分です。

 

■メトロポリタン美術館
・営業時間:10時~17時
・料金:25US$
公式HP

 

セントラルパーク関連の現地ツアー詳細はこちらからご覧ください。

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■アメリカ自然史博物館

 

 

セントラルパーク中央部の西隣にある博物館で、動植物や鉱物など自然科学に関する多くの展示を見ることができます。日本でいうと上野の国立科学博物館のような感じです。入ってすぐの場所にある「アロサウルスと戦うため立ち上がるバロサウルス」の骨格標本は圧巻です。ストリートビューで色々な角度から見てみてください(^^)

 

 

そして、海洋ホールにあるシロナガスクジラの実物大模型も大迫力です。

 

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また「スター・オブ・インディア」という世界最大のブルーサファイアも見逃せません。大きさはなんと563.35カラット。大体ゴルフボールくらいの大きさです。

 

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典

 

20億年以上前に生成されたと言われていて、1700年代にスリランカで発見されました。1900年のパリ博覧会で展示するために大富豪のJ.P.モルガンが購入しアメリカに渡りました。ここは大ヒット映画「ナイトミュージアム」の舞台としても有名です。

 

■アメリカ自然史博物館
・営業日:水~日
・営業時間:10時~17時半
・料金:23US$
公式HP
・アクセス:地下鉄「81 Street station」で下車してすぐ

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをごらんください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ニューヨーク空港(約12時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ニューヨーク②マンハッタンの北側」徹底ガイド:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒ニューヨークのガイドブック

 

ニューヨーク
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆