「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ニューヨーク

(New York)

場所

アメリカ・ニューヨーク州

(New York)

時差

夏:-13時間

冬:-14時間

時期

6月~9月

 

ニューヨークはアメリカ最大の都市で、世界の政治・経済・教育・エンターテインメント・ファッションなどの中心地です。当サイトでは6ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「ニューヨーク⑥自由の女神」になります。

 

 

■目次

 

 

■ニューヨークの見どころ一覧

 

ニューヨークには多くの見どころがありますが、ここは外せないという12ヶ所を厳選しました。こちらのページでは紫のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。観光パスについては「ニューヨーク②」をご覧ください。

 

 

■自由の女神へのアクセス

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

自由の女神は「リバティ島」(赤)にあります。アクセスは、ニューヨーク州のマンハッタン島南端にある「バッテリーパーク」(緑)か、ニュージャージー州の「リバティ州立公園」(青)からフェリーに乗ります。こちらのページではニューヨーク側からのアクセスについてご紹介します。

 

バッテリーパークへ行く

 

まずは地下鉄の「ボウリンググリーン駅(Bowling Green)」か、「サウスフェリー/ホワイトホールストリート駅(South Ferry-Whitehall Street)」まで行き、徒歩でバッテリーパーク内の「キャッスル・クリントン」というチケット売り場へ行きます。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アメリカで最初の移民局だった砂岩の砦で、歴史的に重要な場所です。現在はフェリーのチケット売り場が入っています。上から見るとこんな感じです。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://placesnomore.wordpress.com

 

フェリーに乗る

チケットは3種類に分かれています。

①RESERVE TICKET
・リバティ島上陸のみ
・料金:19.25US$

 

②PEDESTAL RESERVE TICKET
・リバティ島上陸+台座に入場
・料金:19.25US$

 

③CROWN RESERVE TICKET
・リバティ島上陸+台座+冠部分(展望台)
・料金:22.25US$

 

①は当日でも購入できますが、②は1日3000人、③は1日240人の入場制限があるため早めの予約が必須です。特に③はハイシーズンに行くのであれば数ヶ月前には予約しないと埋まっています。購入方法は下記の4つです。

(1)公式HPで購入する
(2)観光パスを使う:「ニューヨーク②」をご覧ください
(3)現地ツアーに参加する
(4)現地で買う

 

台座や冠部分まで行きたい人は公式HPで購入してください。マンハッタンの観光スポットも色々巡るなら観光パスもありですが、台座や冠部分は入れませんので注意してください。全部おまかせしたければ現地ツアーになります。そして、チケットを購入したらフェリーに乗ります。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

・9時~17時まで運行
・約30分おきに運行
・所要時間:約15分
時刻表

 

船はセキュリティチェックがあるので、予約時間の30分前には現地にいてください。ときに非常に長く待たされますので、ディズニーランドに行くつもりで行くのがオススメです(^^;)

 

空港と同じと思っていれば大丈夫で、例えば飲み物は持ち込めません。また「パソコンを持っていたら入れなかった」という話があるそうなので、念の為持っていかないようにしてください。席は3階の右側がベストで、乗船中にも自由の女神の立派な姿を楽しめます。こんな状態で前が進行方向です。

 

 

やはり天気の良い日に行きたいですね(^^) ちなみに、すべてのチケットには「エリス島の移民博物館」と「オーディオガイド(日本語あり)」が含まれています。エリス島は、上記のキャッスル・クリントンの次に移民管理局になった島で博物館があります。

 

バッテリーパーク→リバティ島→エリス島→バッテリーパークという流れで巡回していて、自分が降りたい場所で降りてください。

 

 

■自由の女神像

 

 

正式名称は「世界を照らす自由(Liberty Enlightening the World)」といって、フランスがアメリカの独立100周年を記念して1886年に贈呈しました。合計214個のパーツに分けて船で運ばれたそうです。

 

発起人はフランスの政治家エドゥアール・ド・ラブライエという人物で、最初に完成した頭部を1878年のパリ万博に展示して有名にし、約40万US$の寄付を集めて完成にこぎつけました。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://ja.wikipedia.org

 

像の高さは46m、台座の高さは47m、合わせると93mになります。銅で出来ているので本来は茶色に近い色だったのですが、酸化して現在の色になっています。

 

右手のトーチは純金で造られていて、左手の本は英語で「1776年7月4日」と刻印された「独立宣言書」です。冠には7つの突起があって「7大陸と7つの海に自由が広がる」という意味が込められています。また、足元には「引きちぎられた鎖と足かせ」があり「弾圧や抑圧からの解放」「自由と平等」を表現しています。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典 「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://jp.hotels.com

 

実は昔はトーチ部分も入れたのですが、1916年に大きな爆発事故がニューヨークで起こり、自由の女神像も損傷して松明部分が新しくなり、そのときから入場は禁止されています。最初のトーチは「自由の女神博物館」で見ることができます。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

島に上陸したら最初に音声ガイドを借りてください。女神像を見て回るだけなら30分もあれば十分です。島からの眺めは絶景ですので、画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

 

とにかくロケーションが素晴らしいですよね。自由の女神像よりも大きい像は世界にたくさんありますが、やはり特別な像だと思います。見るだけでは物足りない人はぜひ中に入ってください。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ただ、そこは1886年に造られた像です。エレベーターなんてものはなく393段の階段を上っていきますΣ(゚∀゚ノ)ノ 特に上部の160段ほどは非常に狭くなっているので大変です。冠部分はこのようになっています。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

窓が全部で25個あり、これは世界の25個の宝石を象徴しています。以前は全部開けることが出来たのですが、現在は両端以外閉じられています。天井部分がウネウネしているのは髪の毛の部分です。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

昔、レーガン大統領の夫人も上って窓から手を降っていました。

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.theatlantic.com

 

自由の女神は、1924年に「アメリカ合衆国国定記念物」に、1966年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に、そして1984年には世界遺産に登録されています。冠部分まで行く場合、リバティ島での所要時間は約3時間です。
土産物屋も充実していますし博物館もあるので、のんびり過ごすのがオススメです(^^) 専用アプリもあるので、現地でネットが使える人は入れておくと便利です。

 

 

■ステタン・アイランド・フェリーで行く

 

 

ステタン島の住民の交通手段で無料で乗ることが出来ます。正直、自由の女神まではかなりの距離があるので、見えはするものの小さいです。リバティ島へ行って見るのとは大違いなのですが「中に入るチケットは売り切れていたから、それなら遠くから見るだけでいい」という人には良いと思います。

 

乗り場はバッテリーパークの少し南にあり、24時間営業で、30分に1本程度運行しています。時刻表はこちらです。

 

遠くから見るだけなら他にも「ガバナーズアイランド(夏季のみ)」「リバティ州立公園」「IKEA エクスプレスシャトル」「ブルックリンブリッジ」など色々な場所で見ることができます。

 

■IKEA エクスプレスシャトル
「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://nycl.com/

 

以上になります。6ページに渡りニューヨークをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ニューヨーク空港(約12時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ニューヨーク⑥自由の女神」徹底ガイド:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒ニューヨークのガイドブック

 

ニューヨーク
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆