「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典

 

名称

ルーブル美術館

(Cinque Terre)

場所

パリ

(Paris)

時差

8時間

時期

春~秋

 

パリは、古くから「花の都」と呼ばれるフランスの首都です。同国の最大の都市であり、紀元前3世紀からの記録が残る古都でもあります。たくさんの見どころがあるため、当サイトでは6ページに渡り特集しておりますので、下記からご覧ください。こちらのページは「パリ②ルーブル美術館」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■パリの見どころ一覧

 

パリは本当に見どころがたくさんあります。当サイトでは上記の23ヶ所を区ごとに分けてご紹介しています。アイコンをクリックすると、名前と写真が表示されます。こちらのページは1区のルーブル美術館に絞って特集しています。

 

 

■ルーブル美術館へのアクセス

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典 

 

地下鉄(メトロ)で行く

地下鉄1番線か7番線で「パレ・ロワイヤル/ミュゼ・デュ・ルーヴル駅」(Palais-Royal/Musée du Louvre)で下車。

 

バスで行く

路線バスの「21」「24」「27」「39」「48」「68」「69」「72」「81」「95」で行くことができます。

 

水上バス(バトビュス)で行く

「ケ・フランソワ・ミッテラン」(quai François Mitterrand)沿いの「ルーヴル」乗り場で下車。

 

オルリー空港からのアクセス

①「RER・C線」で「シャン・ド・マルス‐トゥール・エッフェル方面」行き(direction Champs de Mars-Tour Eiffel)に乗り「サン・ミッシェル-ノートル・ダム駅」(Saint-Michel Notre-Dame)で下車。

 

②セーヌ川沿いの通り「Quai des Grands Augustins」にあるバス停「サン・ミッシェル」(Saint-Michel)で「サン・ラザール」(Saint Lazare)行きの「27番」バスに乗車。ピラミッド前のバス停「ミュゼ・デュ・ルーヴル」(Musée du Louvre)で下車。

 

シャルル・ド・ゴール空港からのアクセス

①「RER・B線」で「パリ市内方面行き」(B2かB4)に乗り「シャトレ・レ・アール駅」(Châtelet les Halles)で、地下鉄1番線か14番線に乗り換え。

 

②地下鉄1番線の場合は「パレ・ロワイヤル/ミュゼ・デュ・ルーヴル駅」(Palais-Royal/Musée du Louvre)で下車。

 

③地下鉄14番線の場合は「サン・ラザール行き」(Saint-Lazare)に乗り「ピラミッド駅」(Pyramides)で下車。オペラ大通りをオペラを背にして直進。

 

 

■ルーブル美術館の概要

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典

 

ルーブル美術館は、年間で約1000万人が訪れる世界最大の美術館で、パリ中心部である1区のセーヌ川右岸にあります。面積は6万600平方m。収蔵品数は約38万点で、3万5千点以上の美術品が展示されています。

 

そもそもはフランスの歴代王家が宮殿として使用してきましたが、ルイ14世がヴェルサイユに宮殿を移したことで、美術品の収蔵場所になっていきました。正式に美術館として開館したのは1793年。最初の収蔵品は537点でしたが、ナポレオンが諸国から美術品を収奪していったことで増大していきました。

 

また、敷地内には「チュイルリー庭園」と「ウジェーヌ・ドラクロワ美術館」が含まれています。

 

営業時間

【ルーブル美術館】
■月・木・土・日:9時~18時
■水・金:9時~21時45分
■休館日:火曜
■第一土曜の18時~21時45分までは無料

 

【チュイルリー庭園】
■7時~21時

 

【ウジェーヌ・ドラクロワ美術館】
■9時半~17時半(火曜を除く)

 

料金

・当日券:15€
・ネット予約:17€
・パリ市内の観光パスにも含まれています。こちらのページご覧ください

 

オーディオガイド

・日本語あり
・料金:5€
・レンタル場所:ピラミッド下、ドゥノン翼・シュリー翼・リシュリュー翼の各入口

 

館内のルール(禁止事項)

・常設展示室での写真やビデオ撮影は可。フラッシュは不可。
・企画展示室での写真やビデオ撮影は不可。
・携帯電話の使用
・喫煙
・飲食
・大声で話すこと
・作品に手を触れること
・展示室内で走ること

 

 

■館内のつくり

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
出典:ルーブル美術館公式HP

 

画像はそれぞれ拡大できます。館内は2階建てで、北側が「リシリュー翼」、南側が「ドゥノン翼」、東側が「シュリー翼」と呼びます。

 

「古代エジプト美術部門」「古代オリエント美術部門」「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」「イスラム美術部門」「彫刻部門」「工芸品部門」「絵画部門」「素描・版画部門」の8部門に分かれています。

 

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
出典:ルーブル美術館公式HP
「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
出典:ルーブル美術館公式HP

 

各エリアの概要はこのようになっています。

 

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
出典:ルーブル美術館公式HP
「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
出典:ルーブル美術館公式HP

 

 

■主要作品

7月28日-民衆を導く自由の女神

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 ウジェーヌ・ドラクロワ

 

【部門】
 絵画部門

 

【展示場所】
 ドゥノン翼2階・展示室700
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
第二王政復古の政府による憲法違反に反対した自由主義的な共和主義者が、1830年7月27日、28日、29日、すなわち「栄光の3日間」と呼ばれる期間にパリで引き起こした人民の蜂起は、フランス・ブルボン朝の最後の王シャルル10世を失脚させ、その代わりにオルレアン公ルイ・フィリップを王位に即けた。この歴史的な出来事の証人であるドラクロワは、そこに現代的な主題を見出し、それを体系的に、しかしギリシア独立戦争を描いた時と同様のロマン主義的情熱をもって、絵画化している。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

モナ・リザ

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 レオナルド・ダ・ヴィンチ

 

【部門】
 絵画部門

 

【展示場所】
 ドゥノン翼2階・国家の間・展示室711
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
この肖像画はおそらくフィレンツェで1503-1506年の間に制作されたものと思われる。作品はフィレンツェの織物商人フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻、リーザ・ゲラルディーニの肖像であると考えられており、苗字の女性形ジョコンダが作品の「異名」の由来であり、それをフランス語化したものが「ジョコンド」である。《ラ・ジョコンド》は、作品の依頼主には引き渡されなかったものと思われる。レオナルドは作品をフランスまで持ち運び、彼の弟子で後継者でもあったサライがイタリアに一度持ち帰っている。その後作品がどのようにしてフランソワ1世のコレクションに入ったのかは不明のままである。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

ルイ14世の肖像(1638-1715年)

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 イアサント・リゴー

 

【部門】
 絵画部門

 

【展示場所】
 シュリー翼3階・ルイ14世の画家たち・展示室916
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
スペイン王フェリペ5世に贈るために注文されたこの肖像画は、宮廷に大層気に入られたためフランスに留まることになった。気品溢れる古代風の装飾、緋色の幕、白百合の紋章がついた衣装を身に纏った太陽王の威厳といった各々の細部のおかげで、絶対権力を表わすきわめて洗練されたイメージが創りだされている。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

レースを編む女

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 ヨハネス・フェルメール

 

【部門】
 絵画部門

 

【展示場所】
 リシュリュー翼3階・37・38号室
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
前方に置かれた本は聖書に違いあるまい。それによって、モデルの作業は宗教色を帯びた伝統的かつ道徳的な雰囲気の中で行われているが、女性(かつて根拠なくフェルメールの妻だとされたが、そうではない)は縫子の作業着を身に着けてはいない。左側に置かれた見事な色彩のクッションは、裁縫の小道具を片づけるための道具入れである。モデルの集中力と明るい灰色の背景によって強められた色彩の演出が素晴らしいフェルメールの傑作である。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 ジャック=ルイ・ダヴィッド

 

【部門】
 絵画部門

 

【展示場所】
 ドゥノン翼2階
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
ナポレオン一世は、パリのノートル=ダム大聖堂で1804年12月2日に挙行された自身の戴冠式を不滅のものとするため、ダヴィッドにその絵を描くよう依頼しましたが、ダヴィッドはこの巨大な作品を仕上げるのに3年を要しました。戴冠式を機に、大聖堂の内陣も、トロンプ=ルイユ(だまし絵)で描かれた木のつくりによって新古典主義様式に改装され、威風堂々たる場面において各々の人物がその役回りを演じる舞台となったのです。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

ミロのヴィーナス

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 不明

 

【部門】
 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門

 

【展示場所】
 シュリー翼1階・パルテノンの間・展示室346
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
1820年のメロス島での発見よりこの神像は、その優美さとその解釈を巡るなぞにより人々を魅了している。この作品は、頻繁に半裸で表現されているアフロディーテ、もしくはミロで崇拝されていた海の女神アンフィトリテを表現したのであろうか。この彫像は、ヘレニズム時代末の彫刻家の研究を反映している。クラシック時代の反映に満ちたこの作品は、その螺旋状の構成、空間の中への人物像の挿入、腰の襞の滑りにより革新している。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

サモトラケのニケ

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 不明

 

【部門】
 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門

 

【展示場所】
 ドゥノン翼1階・サモトラケのニケの階段
 展示室703
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
羽根を付けた勝利の女神は、サモトラキ島にあった、偉大なる神々の神殿に張り出していた船の船首に立っていた。この建造物は、前2世紀初頭の海戦の勝利を記念するため、ロードス島民が奉納品として献上したものと思われる。姿勢の劇的効果、動きの力強さ、力動感あふれる襞をもつヘレニズム時代のこの作品は、クラシック時代の基準と交わりながら、ペルガモンのバロック的彫刻を予兆する。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

バビロンの王のハンムラビ法典

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典【作者】
 不明

 

【部門】
 古代オリエント美術部門 : メソポタミア

 

【展示場所】
 リシュリュー翼1階・展示室227
出典:ルーブル美術館公式HP

【解説】
ハンムラビ法典はメソポタミア文明の象徴である。紀元前18世紀にバビロンの王によって建てられた玄武岩製の背の高い碑は、聖書の律法以前に作られた最も完全な古代の歴史的著作と法令集である。紀元前12世紀にイランにあった近隣の国エラムの王によって運び去られた記念碑は、スーサのアクロポリスで他の名高いメソポタミアの代表作に囲まれて陳列されていた。
出典:ルーブル美術館公式HP

 

 

■訪れる際のポイント

展示作品は変わる

展示作品は他美術館や他国への貸し出しなどにより変更されることがありますので、モナ・リザなど「これだけは絶対に見たい」というものがあれば「現在、展示されているのか」を確認しておいた方が良いです。

 

展示場所の把握がカギ

展示品は35000点に及び、面積は6万平方mを超える巨大美術館ですが、肝心の作品についていうと「日本人の誰もが知っている、教科書で見たことがある作品」は、実は上にあげたものくらいしかありません。

 

ですので、上に記載しました展示場所を頭に入れてから行かないと迷子になる可能性が高いです。

 

荷物は少なく

 

空港並の厳重な荷物チェックを受けますので、できるだけ少ない荷物で行った方が自分のためになります。館内には無料のロッカーがあります。

 

夜間営業が狙い目

 

水曜と金曜は21時45分まで営業しています。人が少ないですので、全てがスムースに行きます。ピーク時はモナ・リザなんて人垣で見えないですからね(^^;)

 

ただ、30分前から閉室が始まりますので、お目当てのものを素早く効率的に周ることが大事です。

 

無料の日もある

 

オフシーズンの10月~3月は「第1日曜日」が無料になります。また、前記のとおり「第1土曜日の18時~21時45分」も無料です。

 

スリに注意

 

フランスは残念ながらスリが多い国です。ルーブル美術館でもスリが多発していますので、注意してください。

 

 

 

以上になります。ちなみに、大ヒット映画「ダヴィンチコード」はルーブル美術館での事件が発端となり物語が進んでいきます。行く前にぜひ見てみてください。

 

パリには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典

 

 

それでは引き続き、その他の観光名所をご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「パリ②ルーブル美術館」(フランス):旅の大辞典
フランスの設定です。

備考

 

⇒フランスのガイドブック

 

⇒フランス留学の関連商品

 

⇒フランス料理の関連商品

 

⇒モン・サン・ミッシェルの関連商品

 

パリ中心部(シャンゼリゼ通り周辺)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆