「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ミルキーウェイ

(Milky Way)

場所

ロックアイランド

(Rock Island)

時差

無し

(サマータイム無し)

時期

11月~3月

乾季

 

ミルキーウェイは、ジェリーフィッシュレイクと並ぶパラオの人気観光地です。世界でも珍しい乳白色の海なので、ただ見ているだけでも楽しいのですが、海底にあるミネラルたっぷりの泥を体に塗りたくると肌がツルツルになることで有名です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はコロール。2006年までパラオの首都だった街で、現在でも同国最大の都市です。第一次世界大戦後から日本の統治が始まったため、日本の文化も各所に残されています。人口は約13000人。

 

最寄りの空港はパラオ国際空港(ROR)。国外の5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コロール
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北東に約9km離れています。市内への移動方法は、ホテルの送迎サービス、空港送迎サービス、タクシー、レンタカーになります。

 

パラオは公共交通機関が弱く、かつタクシーも少ないです。普通、さすがに空港にはタクシーがいるものですが、パラオの場合、空港からタクシーに乗りたいときは空港のカウンターでタクシーを呼んでもらわないといけません。

 

観光大国なのに、なぜそうなっているかというと、ほぼ全ての店が送迎をしてくれるからです。ホテルを予約すれば空港への送迎が付いていますし、ツアーに申し込めばツアー会社が送迎してくれます。なので、一般的な観光であればタクシーすら不要というふうに思ってください。

 

レンタカーや空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ミルキーウェイ

 

 

どこを見渡しても透き通った海が広がるパラオにおいて、とある一角だけ下が全く見えない乳白色になっている場所があります。それがミルキーウェイ。コロールからスピードボートで約30分の場所にある、パラオの人気観光地です。

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

衛星写真で見ても、完全に乳白色になっているのが見て取れます。

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

このようになった理由は、周囲の石灰岩が海水によって浸食され、さらにプランクトンによって分解され、泥になって沈殿しているからなんです。

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

手にとって見ると、とてもきめ細かい泥であることが分かります。この泥は、ミネラルがたっぷり含まれていて美容効果が高いので、高級化粧品として販売されています。

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

なので、やることは1つ。みんなで塗りたくります(^^)

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

乾いてきたら海に飛び込んでください。泥を落とすと肌がツルツルになっているのが分かります。

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

実はここは水深が2~3mしかないのですが、このとおり下は全く見えませんので、カメラなどを落とさないように注意してください。

 

以上になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-グアム空港(約4時間)

 

グアム空港-コロール空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ミルキーウェイ」徹底ガイド:旅の大辞典
パラオの設定です。

備考

 

⇒パラオのガイドブック

 

⇒スキューバダイビング関連

 

コロール
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆