「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ジェリーフィッシュレイク

(Jellyfish Lake)

場所

ロックアイランド

(Rock Island)

時差

無し

(サマータイム無し)

時期

11月~3月

乾季

 

ジェリーフィッシュレイクは、パラオの象徴ともいえる世界的な観光スポットで、数百万匹のクラゲが浮遊する、宇宙のような世界を体験することが出来ます。2019年からツアーが再開されていますので、現在は行くことが出来ます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はコロール。2006年までパラオの首都だった街で、現在でも同国最大の都市です。第一次世界大戦後から日本の統治が始まったため、日本の文化も各所に残されています。人口は約13000人。

 

最寄りの空港はパラオ国際空港(ROR)。国外の5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コロール
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北東に約9km離れています。市内への移動方法は、ホテルの送迎サービス、空港送迎サービス、タクシー、レンタカーになります。

 

パラオは公共交通機関が弱く、かつタクシーも少ないです。普通、さすがに空港にはタクシーがいるものですが、パラオの場合、空港からタクシーに乗りたいときは空港のカウンターでタクシーを呼んでもらわないといけません。

 

観光大国なのに、なぜそうなっているかというと、ほぼ全ての店が送迎をしてくれるからです。ホテルを予約すれば空港への送迎が付いていますし、ツアーに申し込めばツアー会社が送迎してくれます。なので、一般的な観光であればタクシーすら不要というふうに思ってください。

 

レンタカーや空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ジェリーフィッシュレイク

 

 

パラオのコロール島とペリリュー島の間には、ロックアイランドと呼ばれる200~300もの無人島があります。太古のサンゴ礁が隆起して出来た石灰質の島々で、海面部分は侵食を受けて松笠のような形をしているのが特徴です。

 

ジェリーフィッシュレイクは、ロックアイランドを構成する島の1つであえる「マカラカル島」にある海水湖です。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

湖が形成されたのは約12000年前。完全に隔絶されているわけではなく、石灰岩の亀裂やトンネルなどにより海とつながってはいるのですが、生物が行き来するほどでは無いため、実質的に隔絶された状態です。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ですので、船で島へ着いたら山道を約1時間歩く必要があります。現在は階段が整備されていますが、1998年以前は完全な山道を歩いていたそうです。コロール島からの所要時間は約30分です。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ちなみに、こーゆー場所に行くときは2つ非常に便利なアイテムがあります。1つ目は「マリンシューズ」

 

まず、そもそも船に乗って海に出ますので、普通のクツだと濡れてしまい気持ち悪いです。とはいえビーチサンダルだと山道が危ないです。特に帰りは足が絶対に濡れていますし。かといって両方持っていくと単純に邪魔です。このときマリンシューズがあると、山道も平気だし濡れても全く問題ないので安心なんです。

 

■マリンシューズ      ■アウトドアサンダル
 

 

例えば「アウトドアサンダル」なら脱げることが無いためまだマシなのですが、山道を歩く中で肌を切ってしまったり、突き指をしてしまうことがあります。マリンシューズなら足全体が保護されている上に、メッシュ素材のものが多いので「乾きやすい」「かさばらない」といったメリットもあります。

 

そして2つ目はウォータープルーフバッグです。

 

 

 

ダイバーやサーファーにはおなじみなのですが、水から中身を完璧に守ってくれます。通常ジッパーなどは無くて、上の開口部をくるくる折り曲げて行くことで密閉します。補助的な使い方ですが、中に空気を入れて密封することで緊急時の浮き袋にもなったりします。リュックにもショルダーにもなるので大変便利です。

 

デザインは単色か迷彩が多く、迷彩はピンク、オレンジ、紫、黄色など、ウォータープルーフバッグ以外ではあまり見られない色使いがされていて人気があります。

 

バッグの正面に書いてある「5」「10」「20」は、容積のことで「5L」「10L」「20L」を表しています。ちなみに20Lは非常に大きめのリュックという感じです。小さいサイズの「2L」などもあり、これはこれで重宝します。

 

 「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中にはカメラ、財布、パスポート、など最低限の物しか入りませんが、それら一番大事な物だけを持っていきたい場面で活躍します。サンオイルや常備薬などを入れてる人も多いですね。

 

また、ウォータープルーフなので当然スコールでも台風でもへっちゃらですし、ドロなどで汚れても水でガンガン洗えて、タオルでふけばすぐ乾くのでので、20Lのバッグなどは旅の中で非常に活躍しますので、アウトドア派の人にはオススメです。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして到着。こちらがジェリーフィッシュレイクです。水中は酸素が豊富な上層と低酸素の下層に分かれていて、クラゲを始め、酸素を必要とする生物は全て上層に生息しています。

 

このような海水湖(マリンレイク)は世界でも200ほどしかなく、そのうちの11ヶ所がロックアイランド周辺にあります。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

クラゲは「ゴールデンジェリーフィッシュ」と「ムーンジェリーフィッシュ」の2種類が生息していて、上の写真のクラゲが「ゴールデンジェリーフィッシュ」です。タコクラゲの亜種で、大きいものだと15cmほどになります。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが「ムーンジェリーフィッシュ」。ミズクラゲの一種です。どちらも刺胞は持っているのですが、長らく天敵がいない状態で隔絶されているため、人を傷つけるほどの毒はありません。(アレルギーがある方はウェットスーツを着用した方が良いそうです)

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

観光客はツアーでのみ訪れることができます。ダイビングは禁止でスノーケリングのみです。理由は、ダイバーが吐く気泡がクラゲを傷つける恐れがあることと、15mより深い低酸素層には硫化水素が含まれていて危険だからですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

様々なルールがありまして「日焼け止めなどを塗った状態で水に入ってはいけない」「グローブを付けてはいけない」「フィンキックはせずに手で泳ぐ」などなど。ガイドの説明をよく聞いて必ず守るようにしてください。優しく触るのはOKです(^^)

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最大で数百万匹のクラゲが浮遊する様子が見られる神秘の湖ですが、実は過去に何度もクラゲの大量死が起こっています。1998年の12月には個体数がゼロになり、2001年の4月にようやく個体が発見されました。近年では2016年にわずか数体まで減少しています。

 

原因はどちらもエルニーニョでした。海水温の上昇や雨の減少などにより湖水が少なくなってしまい、塩分濃度が高くなるなどクラゲが生息できない環境になってしまったんです。

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そのため、2016年からジェリーフィッシュレイクには行けなくなっていたのですが、2019年になって無事ツアーが再開されるようになりました。

 

ただ、またいつ大量死するか分かりませんし、大量死を重ねることでクラゲに毒性が戻る可能性も指摘されています。ですのでここは「行けるときになるはやで行く!」が吉な場所です(^^;)

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ちなみに、ジェリーフィッシュレイクに入るためには許可証が必要で100$かかります。これはロックアイランドの許可証も兼ねているのですが、ロックアイランドの許可証を先に買ってしまうと、別途でこちらも買わないといけなくなってしまうので注意してください。

 

以上になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-グアム空港(約4時間)

 

グアム空港-コロール空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ジェリーフィッシュレイク」徹底ガイド:旅の大辞典
パラオの設定です。

備考

 

⇒パラオのガイドブック

 

⇒スキューバダイビング関連

 

コロール
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆