「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ダノター城

(Dunnottar Castle)

場所

スコットランド

(Scotland)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

ダノター城は、スコットランド北東部の海岸にある中世の要塞の廃墟で、その外観や苔むした建物が非常にフォトジェニックなことで知られています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はエジンバラとアバディーンです。

 

エジンバラは、スコットランドの首都で「エドウィンの城」を意味します。首都ではありますが、スコットランドの最大の都市はグラスゴーで、エジンバラは第2の都市になります。人口は約50万人。

 

最寄りの空港はエジンバラ空港(EDI)。国内外合わせて120以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

エジンバラ
Booking.com

 

アバディーンは、グラスゴーとエジンバラに次ぐスコットランド第3の都市です。北海油田が発見されてからは「ヨーロッパの石油の首都」とも呼ばれています。人口は約20万人。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

最寄りの空港はアバディーン空港(ABZ)。国内外合わせて30以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

アバディーン
Booking.com

 

 

■エジンバラからアバディーンへのアクセス

 

エジンバラからは、まず電車でアバディーンに行き、戻る形で最寄りの町である「ストーンヘイブン」へ行きます。

 

鉄道で行く

■エジンバラ・ウェーバリー駅
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

エジンバラの「ウェーバリー駅」から、アバディーン駅への直通列車が出ています。

・1日20本程度
・所要時間:約2時間半
・料金:21.22ポンド

 

■アバディーン駅
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスで行く

■エジンバラのバスステーション
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

エジンバラのバスステーションから、アバディーンのバスステーションへ直通バスが出ています。

・1日7本程度
・所要時間:約3時間
・料金:21ポンド~

 

■アバディーンのバスステーション
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■アバディーンからストーンヘイブンへのアクセス

鉄道で行く

■ストーンヘイブン駅
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

上記のアバディーン駅からストーンヘイブン駅まで直通電車が出ています。

・1日40本程度
・料金:5.8ポンド
・所要時間:15~20分

 

駅からダノター城まではタクシーで10分弱です。歩けない距離ではないので、時間がある方は徒歩でも大丈夫です。

 

 

バスで行く

■ダノターのバス停
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

上記のアバディーンのバスステーションから「X7」のバスに乗って「ダノター」のバス停へと向かいます。思いの外しっかりしたバスです。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

・1時間に1本程度
・所要時間:約40分
・料金:8.5ポンド(往復)

 

バス停からは約1kmで、徒歩で約15分です。

 

 

 

■ダノター城

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

古くは5世紀に礼拝堂が造られたことに端を発する場所で、7世紀にはヴァイキング対策で砦が築かれていき、14世紀にマリシャル家の居城として今の形になりました。17世紀のピューリタン革命ではクロムウェルが侵攻してきて、スコットランド王家の宝物を守るため激戦を繰り広げたそうです。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

城までは歩道があるので、空と海と草原に囲まれながら少しずつ歩いていきます。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

近いように見えて意外と距離があります。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

近くにくると巨大さが伝わってきます。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが入り口。屋根が無いため苔むしていて、まるでダンジョンの入口のようです。

 

 

中に入ると広々とした開放的な光景が広がります。こちらがダノター城の全体像。かなりの広さがあります。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

遺跡や廃墟は世界に数ありますが、ダノター城の中に入ったときの印象は「マチュピチュ」や「シーギリヤ・ロック」に通ずるものがあります。荒廃した石組みの建物、平らで緑に覆われた地面、周囲の環境との高さの違いなどなど。

 

■ダノター城             ■マチュピチュ
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典 「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

しかし、海側に行くとガラッと印象が変わり、ダノター城が世界で唯一の場所なんだということを感じることが出来ます。

 

 

また、ヨーロッパには外観が似ている場所が他にも2ヶ所あります。

 

サン・フアン・デ・ガステルガチェ教会(スペイン)
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

チヴィタ・ディ・バニョレージョ(イタリア)
「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

でも、やはりそれぞれ違うんですよね。ガステルガチェは頂上にあるのは教会のみになりますし、チヴィタは逆に町ごと乗っかっていて、しかも現役なので廃墟のダノター城とは全く雰囲気が違います。

 

もちろん、どれが良いということではなく、全部が唯一無二の魅力で素晴らしい場所だということです。リンクから特集ページにとびますので、よろしければご覧ください。

 

さて、話は戻りまして、ダノター城の建物の中は、どこも苔むしていて非常にフォトジェニックです。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが一番有名な「ホイッグス・ヴォールト(Whig’s Vault)」と呼ばれる部屋で、ちょっと恐ろしいエピソードが残されています。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1685年、新たに即位したイギリス王ジェームズ2世に逆らったホイッグ党の人々(男性122名・女性45名)が、この部屋に閉じ込められ、およそ9週間わずかな食料しか与えられず、結果、全員が死んでしまいます。あまり長居はしたくない場所です(^^;)

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中世の雰囲気がそのまま残されているダノター城は、メル・ギブソン主演の映画「ハムレット(1990)」や、アニメ「メリダとおそろしの森」など、様々な作品の舞台やモデルになっています。

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

入場料は6ポンド。3.5ポンドのパンフレットも売っています。内部にトイレは1ヶ所しかないのですが、周囲にあるわけでもないので、水の摂り方に注意してください。帰りのバスは21時頃まであります。降りるバス停に時刻表が貼ってありますので、城に向かう前に確認してください。

 

以上になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン空港-エジンバラ空港(約1時間15分)

 

エジンバラ-アバディーン(電車で約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ダノター城」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

エジンバラ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆