「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ミシュタ洞窟

(Mixta Cave)

場所

マルタ

(Malta)

時差

夏:7時間/冬:8時間

時期

5月~10月

 

ミシュタ洞窟は、崖の一部が洞窟になっていて、空洞部分からビーチを一望することが出来る絶景スポットです。アクセスに時間がかかりますが、それでも日帰りで行くことが出来ますので詳しくご紹介します。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はヴァレッタとヴィクトリア。

 

ヴァレッタはマルタの首都でマルタ島の東部にあります。1566年から築かれ始めた街で、様々な建築様式での歴史的な建物が多くありますが、第2次世界対戦で大きな被害も受けてしまいました。1980年には世界遺産に登録されています。人口は約7000人。

 

最寄りの空港はマルタ国際空港(MLA)。国外の約100都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヴァレッタ
Booking.com

 

ヴィクトリアは、ミシュタ洞窟があるゴゾ島の中心都市です。マルタでは「ラバト」という旧名称で呼ばれています。島には石器時代から人が定住していて、島には巨石文明跡が見られます。人口は約7000人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヴィクトリア
Booking.com

 

 

■マルタ空港から市内への移動

 

 

空港はヴァレッタ市内中心部から南西に約8km離れています。市内への移動方法はバスかタクシーになります。

 

バスで行く

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「X1」~「X4」のバスが空港と市内をつないでいます。マルタのバス料金はどこであっても夏季2€、冬季1.5€で、2時間以内は一律料金です。

・所要時間:30~60分
・4~10月:2€
・11~3月:1.5€
公式HP

 

タクシーで行く

タクシーは定額制です。ヴァレッタまでが17€。スリマとセントジュリアンズは20€です。所要時間は20~30分です。

 

 

■ゴゾ島へのアクセス

 

 

まずは滞在している街から、マルタ島の北部にある「フェリーターミナル(Cirkewwa Passenger Terminal)」へ行きます。

■ヴァレッタから
・「41番」「42番」のバス
・所要時間:約1時間半

 

■スリマから
・「222番」のバス
・所要時間:約1時間15分

 

■セントジュリアンズから
・「222番」のバス
・所要時間:約1時間

 

港に着いたら、こちらのチケット売り場へ行きゴゾ島へのフェリーチケットを購入します。ゴゾ島へは深夜も少し便があるので実質24時間運行に近いです。ちなみに、行きは料金を払わずに帰りに払います。謎です…(^^;)

 

 

フェリーは車も載せられる大きなもので、中にはカフェがあったり、Wi-Fiが飛んでいたりと快適です。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

時刻表
・所要時間:約30分
・料金:4.65€(往復)/15.7€(車も載せる場合)

 

 

■ミシュタ洞窟

 

 

ゴゾ島に着いたら、港のバスターミナルから「322番」のバスで「Qasab」というバス停へ行きます。下車したら約30分歩いて到着です。ただ、帰りのことも考えると割り切ってタクシーチャーターしてしまった方が良いと思います。車で15分くらいですから、現地に30分滞在して戻ってくれば1時間チャーターで済むので、それほど高くなりません。

 

 

道路はここまでで、歩いて海の方へ行きます。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すぐに絶景が登場します。

 

 

そして、崖の方を見ると、何やら空洞らしき部分があります。赤丸の部分ですね。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そう、これこそがミシュタ洞窟なんです。ちゃんと洞窟に降りる階段があり、すでに海が見えています。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

いよいよです。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ついに到着。こちらがマルタ共和国でNO.1と称される絶景です。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すごいですよね(^^) それでは全体を見てみてください。

 

 

下にあるラムラビーチからも、はっきりと見て取れます。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。なかなかにアクセスが大変ですがスゴイ場所なのでぜひ行ってみてください♪

 

 

■ゴゾ島の見どころ

タ・ピーヌ教会

 

 

「19世紀に教会の近くを通った女性が、聖母マリアの声を聞いて病気が治った」という逸話が残されていて「奇跡の教会」と呼ばれています。世界中から多くの人々が訪れる教会で、なんとローマ教皇ヨハネ・パウロ2世も来たことがあるそうです。

 

 

内部は落ち着いた内装で、壁の一部には世界中からの「病気が治った」「救われた」という感謝の手紙が貼ってあります。

・9時~16時
・無料
公式HP

 

 

チタデル

 

 

ヴィクトリアの中心に位置する大城塞で、島を一望出来るビューポイントでもあります。

 

 

中には、1711年に建てられたゴゾ大聖堂があります。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バロック様式の建物と、そこへ伸びる階段も素晴らしいのですが、ここは「だまし絵」が有名で中に入ると分かります。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

何がだまし絵か分かりますか?天井をみてください。ドームがありますよね。先程の外観の画像を見直してみてください。丸いドームは無いですよね(^^) 建設当初はドームにする予定だったのが予算の関係で中止されて、だまし絵で乗り切るというスゴイ手法が取られたんですΣ(゚∀゚ノ)ノ 今では、だまし絵を求めて多くの観光客が訪れます。

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周囲には何もなく、近くの丘の上から見ると、草原の中に石造りの巨大な教会がそびえ立っていて、ファンタジーの世界に紛れ込んだような錯覚を覚えます。素晴らしい場所なので、ぜひ行ってみてください。

・5時~20時
・無料

 

以上になります。2017年までは「アズール・ウィンドウ」という代表的な景勝地があったのですが、残念ながら雨風の影響で崩壊してしまいました。

 

■アズール・ウィンドウ
「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ゴゾ島には日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カタール空港(約11時間)

 

カタール空港-マルタ空港(約6時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ミシュタ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
マルタの設定です。

備考

 

マルタのガイドブック

 

ヴァレッタ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆