モンテベルデ自然保護区(コスタリカ)

モンテベルデ自然保護区(コスタリカ)詳細情報:旅の大辞典

モンテベルデ自然保護区(コスタリカ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

モンテベルデ

(Monteverde )

場所

コスタリカ

(costa rica)

時差

14時間

時期

12月~4月

 

コスタリカは、面積は世界の0.03%に過ぎませんが、そこに何と、世界の5%もの動植物が密集しています。その数は400種類を超え、まさに「生命の楽園」と呼ぶにふさわしい国なんです。

 

この大自然を生かしたエコツーリズムこそコスタリカの真骨頂であり、特にモンテベルデはそれが充実しています。

 

 

■目次

☆アクセス・拠点の町・最寄り空港・就航路線
☆モンテベルデ自然保護区の概要
☆スカイウォーク
☆キャノピーツアー
☆ケツァール
☆カエル園
☆バタフライガーデン
☆ナイトツアー
☆備考

 

 

■アクセス・拠点の町・最寄り空港・就航路線

モンテベルデ自然保護区(コスタリカ)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街は「サンタ・エレナ」。首都のサンホセから車で5時間前後です。サンタエレナから自然保護区まではバスが運行しており、所要時間は約25分になります。最寄りの空港はエル・タンケ空港(FON)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

 

サンホセ

Booking.com

 

サンタ・エレナ

Booking.com

 

 

■モンテベルデ自然保護区の概要

コスタリカの絶景 

 

標高は1100m~1500m。そのため、ジャングルでありながら鬱陶しい蚊や虫が少なく、快適に楽しめるのも人気の秘密です。

 

最高気温は22度ほどですが、最低気温は12度前後になります。朝晩は冷え込みますので、暑いイメージのある中米ですが、上に羽織るものを持って行ってください。

 

コスタリカでココ島と並ぶ世界的観光地であり、ココ島はダイバー限定という面もあるので、実質、最も多くの旅行客が訪れるエリアです。そのためアクティビティが非常に充実しています。

 

 

■スカイウォーク(sky walk)

コスタリカの絶景

 

ジャングルの木々は高いものでは40mを超えます。その上部に、計8個の吊り橋が掛かっていて、一周約3kmのトレイルコースが作られています。吊り橋から見渡す森はまさに鳥の目線。霧の立ち込める森だけでも非常に神秘的ですし、木々の上部にいる鳥やサルたちも観察しやすいです♪

 

ちなみに、「40m上部まではどう行くの?」という疑問も出るかと思いますが、ゴンドラやリフトがかかっているので全く問題ありません。実際、日本からのツアーでも、年配のお客さんからの人気が高いそうです。このゴンドラ自体楽しいですよね♪

 

コスタリカの絶景

 

コスタリカの絶景

 

自由に歩くことはできず、ツアーに参加します。午前8時、11時、午後1時、2時半の4回開催されます。所要時間はどれも1時間半になります。

 

スカイウォークは、世界各地にあります。特に有名なのはグランドキャニオンですよね。こちらのページで特集していますので、ご覧下さい。

 

コスタリカの絶景

 

 

■キャノピーツアー

別名をジップラインツアー(zipline tour)といい、ロープと自分を滑車でつなぎ、ジェットコースターさながらに降りていくアクティビティです♪最初こそ怖いかもしれませんが、いざ発車してしまうと、見渡す限りの絶景の中を飛んでいく感覚は最高に気持ち良いですよ♪

 

こちらもツアーでの参加になりまして、開催時間はスカイウォークと同じで、午前8時、11時、午後1時、2時半になります。所要時間は2時間です。

 

コスタリカの絶景

 

コスタリカの絶景

 

キャノピーツアーは世界各地で出来るのですが、場所によっては、「現地の人たちの交通機関として使われているものを、観光客が体験できる」という場合もあり、そのときはやはり安全性が少し不安になります(^^;)

 

しかし、こちらはアクティビティとして確立されているので、大人から子供まで安心しで楽しむことができます♪

 

「Selvatura Park」「Sky Trek」などいくつかの会社が催行していますので、ガイドさんにおすすめを聞いてみてください。

 

 

■ケツァール

コスタリカの絶景

 

そして、モンテベルデ自然保護区を世界に知らしめているのが、幻の鳥と呼ばれる「ケツァール」です♪

 

手塚治虫先生の火の鳥のモデルとしても有名です。

 

コスタリカの絶景

 

体長は35cm程度ですが、オスは長い飾り羽をもち、それを含めると全長で120cmにもなります。あまりの美しさから古代マヤ文明や、アステカ文明では神として崇められてきました。グアテマラでは国鳥と通貨単位になっていて、紙幣にも印刷されています。

 

このケツァールの尾が伸びるのが12月~4月になるので、観光のベストシーズンとさせていただきました。

 

また、ケツァールと同じくらいの人気者が「ハチドリ」です。英語では「ハミングバード」と呼ばれます。このハチドリを集めた「ハミングバードギャラリー」では、本来なかなか見られないハチドリが飛び交う中に入っていくことができます♪

 

コスタリカの絶景

 

またモンテベルデには、他にもたくさんの訪れたい観光地がありますので、参考にしてみてください♪

 

 

■カエル園

コスタリカの絶景

 

コスタリカに棲む約25種類の貴重なカエルがガラスケース内に入っていて、見学できます。カエルなんて、と思われるかもしれませんが、写真のとおり、日本では想像もつかないような外見をしています。また、小さいものだと指の先ほどの大きさしかないので、意外とかわいいですよ♪人気のアカメアマガエルや矢毒カエルにも会うことができます。おすすめの時間帯は夜。やはり動物なので、夜行性の種が多いです。午後6時以降に訪れられればベストですね。公式HPはこちら。

入場料:大人12ドル、子供10ドル
営業時間:9:30~20:30

 

 

■バタフライガーデン

コスタリカの絶景

 

ここの目玉は、世界一美しい蝶と言われる「モルフォ蝶」を堪能できることです。他にも熱帯特有のカラフルな蝶がたくさんいますし、蝶以外にもタランチュラやナナフシなどの珍しい昆虫を見ることができます。

 

サンタエレナとモンテベルデ自然保護区の中間にある「セロプラノ」という場所にあります。公式HPはこちら。

入場料:大人9ドル、学生7ドル、子供3ドル
営業時間:9:30~16:30

 

 

■ナイトツアー

コスタリカの絶景

 

モンテベルデでは多くの場所でナイトツアーが行われています。動物も虫も夜行性が多いので、昼とは違う活発な姿を見せてくれます。夜しか見られない動物もたくさんいます。
運がよければ、ヤマアラシ、キンカジュウ、ナマケモノなども見ることができます♪

 

この他にも、500種類を誇る「ラン園」や、森の中をバギーで走る「バギーツアー」など、モンテベルデには楽しみが盛り沢山です♪最低2日は必要なので、時間を確保して行ってみてください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
・日本-サンホセ(ファン・サンタマリーア国際空港)
(約18時間、アメリカン航空、ダラス経由、1回乗継)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

モンテベルデ自然保護区(コスタリカ)詳細情報:旅の大辞典
コスタリカの設定です。

備考

 

⇒コスタリカの関連商品

 

⇒パイレーツオブカリビアンの関連商品

 

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆
スポンサーリンク