パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典

 

名称

パンタナール

(Pantanal)

場所

マットグロッソ州~マットグロッソ・ド・スル州

時差

12時間

時期

6月〜10月(乾期)

 

パンタナールは世界最大の湿原地帯で、その面積は約23万平方km。本州やイギリスとほぼ同じ面積にあたります。

 

6月~10月が乾季、11月~5月が雨季になり、雨季には全体の80%が水で覆われます。そのため、車での往来ができなくなるので、一般的には乾季がベストシーズンとなります。しかし、雨季になって水が溢れれば、そこにはより多くの生命が躍動し、植物も緑を深めます。魚は自由に大陸を泳ぎ回り、体長数mもの大物たちを求めて世界中から釣り人が訪れる季節でもあります。なので、ベストシーズンは目的しだいとも言えます。

 

パンタナールに生息する生き物は、約1,000種の鳥類、約400種の魚類、約300種の哺乳類、約480種類の爬虫類。カピバラやワニなどはどこでも見られますし、ジャガー、オオカミ、オオアルマジロ、アメリカバク、オオアリクイなどの希少な生物も観光客の前に姿を現してくれます♪

 

このページではパンタナール湿原を観光するための概要をご説明していきます。

 

 

■目次

 

 

■アクセス

パンタナールは南米大陸のほぼ中央にあたります。

 

ブラジルの絶景

 

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典
 エリアとしては大きく
 「北パンタナール」と
 「南パンタナール」に
 分かれています。
 北の玄関口は「クイアバ」。
 南の玄関口は「コルンバ」か
 「カンポ・グランジ」が
 一般的です。
 普通パンタナール観光というと
 南パンタナールをさします。
 北は観光地化されてなく
 コアなパンタナールを満喫
 したい人が訪れます。


どちらに行くにしても、日本からは「サンパウロ」か「リオ・デ・ジャネイロ」を経由し、通常は飛行機を使います。陸路で行く場合、サンパウロからで約28時間かかります(^^;) 

 

北パンタナールへ

・サンパウロークイアバ
所要時間は約1時間30分。TAM航空とゴル航空で1日8便運行しています。

 

・リオ・デ・ジャネイロークイアバ
所要時間は約2時間半。ゴル航空が1日1便運行しています。

 

クイアバ空港は、街から約7kmに位置し、バスやタクシーで約10分です。

 

クイアバ空港 (CGB)は国内の38都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

南パンタナールへ

・サンパウローカンポ・グランジ
所要時間は約1時間。TAM航空とゴル航空が1日8便運行しています。

 

カンポ・グランジ国際空港も街から約7kmで、バスやタクシーで約10分です。
リオ・デ・ジャネイロからは基本的にサンパウロを経由する形になります。

 

・サンパウローコルンバ
所要時間は約1時間30分。アズール航空が週4便運行しています。

 

カンポ・グランデ空港 (CGR) は国内外合わせて23都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

コルンバ空港 (CMG) は国内外合わせて6都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

 

■パンタナール観光の仕方

パンタナールの観光の仕方は2つに分かれます。

 

ファゼンタ

1つは「農園」を意味する「ファゼンダ」に1週間~2週間滞在して、ファゼンダの生活を体験させてもらう形。「生活を体験」というと、なんか観光とは程遠いような気がしますが、もちろんパンタナール観光に求めることは、ほとんど全て含まれています。ホースツアーやボートツアー、ナイトサファリなどですね。

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

時間があるならば、パンタナールはこちらをすべきと言われています。やはりそこは「生命の楽園」ですから、見るべき要素、体験すべき要素が山ほどあります。
時間は多ければ多いほど良いんですね。

 

また、ファゼンダ滞在でしか体験出来ないこともあります。例えば、ファゼンダの中には数万頭という牛を飼育しているところもあります。そこで自分も馬に乗り、カウボーイの後ろに付いて牛を追いかけていく体験は、パンタナールのファゼンダならではと言えます(^^)

 

もちろん費用もかかりますが、それだけの価値がありますので、ここは貧乏旅行にこだわらず奮発して最高の体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

2つめは普通のツアーに参加する形です。日帰りで各ポイントに行くツアー。
2泊3日や3泊4日でみどころを巡るツアーなど様々です。日程や予算に合わせ現地で検討してください。

 

 

■代表的な動物たち

トゥユユ

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 パンタナールのシンボルで、
 和名はズグロハゲコウ。
 いわゆるコウノトリの仲間で、
 夫婦は一生寄り添って暮らします。
 パンタナールの壮大な夕日の中を
 舞う姿は一度見たら忘れられません。


 

アララ・アズウ

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 世界最大のブルーのインコで体長は
 約110cmにもなります。

 

 これを目的にパンタナールを訪れる
 観光客も多いです。


 

オンサ・ピンタード(ジャガー)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 南米で最大のネコ科の動物で
 中米では古来より神として
 崇められてきました。
 とはいえジャングルの中ではほとんど
 見ることが出来ない幻の動物ですが
 パンタナールでは比較的見られます。


 

タマンドゥア(オオアリクイ)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 体長約1mのオオアリクイは実は長さの
 半分をしっぽが占めています。
 長い舌を器用に使ってアリを
 食べる様子は可愛くもあり
 不思議でもあり。


 

アンタ(バク)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 ザ・幻の生物の様なバクも
 パンタナールに生息しています。
 さすがに頻繁に見られるものでは
 ありませんが、それでも水辺を
 トレッキングしていると、
 ひょっこり見られることがあります。
 意外と知られていないのが大きさ。
 実は最大2mにもなるんですよ。


 

アナコンダ

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 パンタナールのアナコンダは体が
 黄色く「イエロー­アナコンダ」と
 呼ばれます。
 現地名は「Sucuri」スクリ。
 見たい方はツアー申し込み時に
 確認するか、ファゼンダで
 農場主に頼んでみて下さい♪


 

カピバラ

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 色んなところにいます。可愛い。
 体長は1mになりますが、
 小さい子供が特に可愛いです♪


 

カイマン(ワニ)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 こちらもたくさんいます。
 いると嬉しいのですが、
 ボートツアーで突然近くに
 いるとビックリします。


 

 

■南パンタナールの拠点

カンポ・グランジ(Campo Grande)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 

 

マット・グロッソ・ド・スウ州の州都で、南パンタナールの玄関口となる街です。サンパウロやリオ・デ・ジャネイロに比べるとだいぶ治安は良くなります。とはいえ、あくまでブラジルなので、注意は怠らないようにしてください。

 

カンポグランジは日系移民が多い町としても有名で、フェイラ(市場)の近くには街で愛される沖縄そばの巨大モニュメントがあります。ブラジルと日本は本当に深いつながりがあるんですね♪味は日本のものより、かなり濃い目です。現地の方の好みに合わせて変化していったんですね。

 

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典

 

ちなみに、ここでパンタナールツアーに申し込んでも、結局車で「コルンバ(Corumba)」「アキダウアナ(Aquidauana)」「ミランダ(Miranda)」などに訪れて、エコツアーなどに参加することになります。なので、目的地がピンポイントで決まっている場合は、カンポグランジは飛び越えてしまって大丈夫です。

 

カンポグランジの電圧は110V。サンパウロと同じです。ブラジルはエリアによって電圧が違い、サルバドールやマナウスは127V。レシフェやブラジリアなどは220Vになります。周波数はいずれの地域も60Hz。コンセントタイプはAとCです。

 

カンポグランジ
Booking.com

 

 

コルンバ(CORUMBA)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 

 

コルンバはカンポグランジから北西に425kmはなれた場所にある、パンタナール最大の町です。ボリビアとの国境となっているパラグアイ川沿いにあり、川での遊覧船や釣りが人気です。ブラジルの主要都市と長距離バスでつながっています。南パンタナールの観光は全てここで申し込むことができます。ファゼンダツアーも各種エコツアーも一番豊富に揃っています。宿は高級ホテルから安宿まで多々あります。

 

コルンバ
Booking.com

 

ミランダ(MIRANDA)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 

 

南パンタナールの入口のひとつで、人口33000人の比較的小さな町です。
ファゼンダツアーが中心で、ツアー会社に行くと様々なプランを提供してくれます。もちろんエコツアーも豊富です。パンタナールの動物を撮影しに行く「サファリフォトツアー」や、夜のワニを見に行くツアーもオススメです。

 

ミランダ
Booking.com

 

アキダウアナ(AQUIDAUANA)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 

 

カンポ・グランジから140km離れた町で、各種ツアーや釣りの拠点となります。町に流れる川が町の名前となっています。

 

アキダウアナ
Booking.com

 

 

■南パンタナールのハイライト

※それぞれ写真のリンクから特集ページにつながります。

 

■ミステリー湖
ブラジルの絶景 

 

■ブルーレイク洞窟(ラゴ・アズール)
ブラジルの絶景 

 

■天然水族館
ブラジルの絶景 

 

■スクリ川&プラタ川
ブラジルの絶景 

 

■アニューマス地底体験
ブラジルの絶景 

 

 

■北パンタナールの拠点

クイアバ(Cuiabá)

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典 

 

北パンタナールの玄関口であるクイアバは、マトグロッソ州の州都で、人口約57万人の大都市です。緑が豊かで「緑の街(Cidade Verde)」と呼ばれています。

 

また、とにかく暑いです。最高気温がブラジルで最も高くなる都市で、日本でいうと埼玉県の熊谷とか、群馬県の館林のような位置づけです。しょっちゅうテレビに名前が出てくる感じの(^^;) なので熱中症や日射病に注意してください。

 

パンタナールの魚を使った新鮮な魚料理が有名で、食べ放題のレストランなどもあるグルメな街でもあります。北パンタナールへは「パンタナール縦断道路」を使って車で行くか、セスナやボートで移動する形になります。治安はやはりブラジルなので、油断は禁物です。

 

クイアバ
Booking.com

 

 

■北パンタナールのハイライト

ギマラインス高原国立公園

ブラジルの絶景 

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ日本人には馴染みのないパンタナール大湿原ですが、本当に素晴らしい場所です。動物ウォッチングだけでも最高なのですが、
ハイライトとして紹介した場所は、全てが世界的なスポットです♪長い休みが取れるときには迷わず行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本ーシカゴ国際空港(約12時間半、ユナイテッド航空)
シカゴ国際空港-サンパウロ(約11時間、ユナイテッド航空)

 

サンパウロ-クイアバ(約1時間半)
サンパウロ-コルンバ(約1時間半)
サンパウロ-カンポグランジ(約1時間)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

パンタナール①概要(ブラジル)詳細情報:旅の大辞典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

カンポグランジ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆