「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

シドニー

(Sydney)

場所

ニューサウスウェールズ州

(New South Wales)

時差

+1時間

(サマータイム無し)

時期

4月~5月

9月~10月

 

シドニーは、オーストラリアの経済・教育・観光の中心地で、市内にも郊外にも多くの見どころがあります。こちらのページでは市内の見どころについてご紹介します。各地からのアクセスについては「シドニー①アクセスと観光パス」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■シドニーの見どころ一覧

 

シドニーには多くの見どころがありますが、ここは外せないという場所を6ヶ所厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。シドニーの観光パスについては、こちらのページをご覧ください。

 

 

■シドニー・タワー・スカイウォーク

 

 

高さは309m。南半球では、ニュージーランドのオークランドにある「スカイタワー(328m)」に次いで第2位の高さを誇ります。1981年に完成したもので、最大の見どころは268m地点の「スカイウォーク」です。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

こうなっているので安全性はバッチリです。そのうえで専用のスーツを上から着て、アルコール検査なども行われます。カメラをはじめ一切の私物は持ち込めませんので、ロッカーに入れられるものは入れて、メガネなどの入れられないものは専用の道具を装着して落下対策を施します。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ガラス床の厚さは3cm。なんと動くようになっていて、自分が載っている状態で外側へ出っ張っていきますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

デパートの5階がタワーの入り口になっていて、チケットもそこで購入できます。ただ現地よりは公式HPから購入しておく方が安いです。日本語でも購入できます。詳細はこちらからご覧ください。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、シドニーの他の見どころも周る場合は公式HPで販売している「シドニー・コンビネーション・パスにスカイウォークが付いて99A$」のチケットが一番良いかと思います。もちろん行き先が合えばなんですが。下の画像の真ん中のやつです。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

色々選択肢がありますので、ご自身の旅程に合わせて検討してみてください。アクセスで一番分かりやすいのは、ほぼ全ての路線が停まる「タウンホール駅(Town Hall)」で下車して、タワーまで歩く方法です。

 

【シドニー・タワー・スカイウォーク】
・10~4月:9時~22時
・3~9月:9時~21時半
公式HP

 

 

■ハーバーブリッジクライム

 

 

1932年に完成したシングルアーチで、オペラハウスと並ぶシドニーのランドマークです。両端に高さ約100mの石造りの支柱がすえられ、そこにアーチが架かり、橋が吊り下げられています。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

全長1149m、幅48.8m、高さ134m。完成当初はシドニーで最も高い建物であり、2012年までは世界で最も幅の広い橋でもありました。

 

 

歩いたり、海から見たりするだけでも美しい橋ですが、最大の見どころは橋の上部を歩く「ブリッジクライム」です。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式HP

 

ルートは半周して戻る形です。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.veltra.com

 

参加者には特典として、グループショット1枚、記念の帽子、達成証明書、パイロン展望台への無料入場が付いています。パイロンとは上記の「石造りの支柱」のことで、その中に展望台があります。

 

■パイロン展望台
 

 

シドニーで最も人気のアクティビティなので事前予約は必須です。嬉しいことに「日本語ガイドツアー」も用意されています。詳細は下記になります。

【Japanese climb】
■ツアー催行日
・月、金:9時半~12時
・水、土:14時半~17時

 

■料金
・大人:308~333A$
・子供:208~233A$

 

公式HP

 

日本語で申し込むこともできます。詳細はこちらからご覧ください。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、ブリッジクライムはブリスベンにもあります。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■ストーリーブリッジ(ブリスベン)
「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■シドニー・ルナ・パーク

 

 

1935年に造られた遊園地で大きな顔の入り口が有名です。メルボルンにもあり、そちらは1912年に造られています。実はかつて日本にも造られていましたΣ(゚∀゚ノ)ノ 1910年には浅草で、1919年には大阪の新世界でそれぞれ開園しました。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中は普通の遊園地で、海沿いにあるので景色もキレイです。なんと入場は無料なので、天気の良い日に散歩がてら行くのもオススメです。アトラクションに乗る場合、個別のチケットか1日券を購入します。

■アクセス
・電車:ミルソンズポイント駅(Milsons Point)下車、徒歩2分
・フェリー:ジェフリーストリートで下船、徒歩5分

 

■営業時間:変動するので公式HPをご覧ください

身長 現地料金 オンライン料金
130cm~ 52A$ 48A$
106~129cm 42A$ 38A$
85~105cm 22A$ 22A$

 

 

■オペラハウス

 

 

1973年に完成した歌劇場で、1981年には世界遺産に登録されました。全ての世界遺産の中で建築年代が最も新しいものです。建物の高さは183m。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シドニー交響楽団、オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニーなどの本拠地で、内部は「コンサートホール」「オペラ劇場」「ドラマシアター」「プレイハウス」「スタジオシアター」など様々に分かれています。その他、レストランやバーも複数あります。

 

収容人数2679人を誇るコンサートホールには「グランドオルガン」と呼ばれる世界最大級のパイプオルガンがあることでしられています。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

観光客定番のフォトスポットであると共に、近年では美しいプロジェクションマッピングなども行われています。最寄りの駅は「サーキュラー・キー駅」で、多くのバス、フェリーも乗り入れています。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■シドニー水族館

 

 

こちらも定番コースなのですが、よく知らない人だと「オーストラリアに行ってまで水族館に行く必要は無いのでは?」と思ってしまうかもしれませんので、こちらに行く理由をご説明します(^^)

 

「南半球最大の水族館」「12000種を見ることができる」「カモノハシに会える」など、様々な謳い文句がありますが、この水族館が秀逸なのは「サメのいる水槽に入る」ことができるんですねΣ(゚∀゚ノ)ノ まずは動画をご覧ください。

 

 

「シャーク・ダイブ・工クストリーム」といって、1日数回行われています。ダイビングのライセンスが無くても参加できます。いかつい顔をしたサメは日本で「シロザメ」と呼ばれる「グレイナースシャーク」。他にも数種類のサメやウミガメ、アカエイなどの大型生物を間近で見ることができます。

 

アクセスで一番分かりやすいのは、こちらも「タウンホール駅(Town Hall)」で下車して、水族館まで歩く方法です。

 

【シドニー水族館】
・営業時間:10時~18時
・入場料:大人46A$/子供33A$
・シャークダイブ料金:239A$(平日)/299A$(週末)
公式HP

 

ダイビングをせずに、入場するだけなら「コンビネーションチケット」での入場が一番です。詳細はこちらからご覧ください。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■SS Ayrfield

 

 

シドニー中心部からは少し離れた「ホームブッシュベイ」という地区にある廃船です。1911年に造られて、1912年にシドニーに移されて使われていました。しかし、60年後の1972年に船としての登録が解除されて名実ともに廃船となります。

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ホームブッシュベイは他にも廃船が置かれているのですが、この「SS Ayrfield」は奇跡的にマングローブが発芽して今の状態になりました。シドニーでも屈指のフォトジェニックなスポットとして多くの人が訪れています。

 

アクセスは上記のタウンホール駅などから「T9線」に乗り「ローズ駅(Rhodes Station)」へ行きます。駅前のバス停から「533番」の路線バスでアクセスできます。

 

 

 

以上になります。シドニーには日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-シドニー空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「シドニー②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒シドニーのガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

シドニー
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆