「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

イスファハーン

(Esfahan)

場所

イラン

(Iran)

時差

夏:-4時間半

冬:-5時間半

時期

春と秋

 

イスファハーンは、「ここには世界の半分がある」と称されたイマーム広場を中心に、美しい青タイルを基調としたイスラム建築の傑作が並びます。こちらのページでは各地からのアクセスとイマーム広場についてご紹介します。残りの見どころは「イスファハーン②」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

イスファハーンは、16世紀末のサファヴィー朝の首都で「イランの真珠」と称されるほど美しい街並みが広がっています。テヘラン、シーラーズ、ヤズドなどの中心都市に列車の始発が出ているので便利です。人口は約160万人。

 

最寄りの空港はイスファハーン空港(IFN)。国内外合わせて15都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

イスファハーン
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北東に約27km離れています。市内への移動方法は定額制のタクシーのみになります。

・所要時間:約30分
・料金:35万リヤル(約880円)

 

 

■テヘランからイスファハーンへのアクセス

バスで行く

■Beyhaghi Terminal
 

 

テヘラン北部にある「Beyhaghi Terminal」から、イスファハーンの北バスターミナルへ直通バスが出ています。深夜便もあります。

・所要時間:約6時間
・料金:25万リヤル(バス会社によります)

 

また「南バスターミナル(Terminal-e Jonub)」からも出ています。

 

■南バスターミナル
 

・所要時間:約6時間
・料金:17万リヤル(バス会社によります)

 

■イスファハーンの北バスターミナル
 

 

鉄道で行く

 

 

テヘラン中央駅から、イスファハーン駅へ直通列車が出ています。

・2日に1本
・23時頃発車
・所要時間:約6時間半
・料金:38万リヤル
公式HP

 

■イスファハーン駅
 

 

テヘランからイスファハーンへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go system

 

 

■シーラーズからイスファハーンへのアクセス

 

 

シーラーズの「カランディッシュ・バスターミナル」から、イスファハーンの南バスターミナルへ直通バスが出ています。

・所要時間:約6時間
・料金:21万リヤル(バス会社によります)

 

■イスファハーンの南バスターミナル
 

 

 

■イスファハーンの見どころ一覧

 

イスファハーンには多くの見どころがありますが、ここは外せないという7ヶ所を厳選しました。このページでは多くの見どころがあるイマーム広場(青)をご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■イマーム広場

 

 

イランの代名詞とも言える場所で、かつて「ここには世界の半分がある」と称されたことで有名です。

 

建設を手掛けたのはサファヴィー朝のシャー・アッバース1世。1598年にイスファハーンへ遷都した際に、イマーム広場を中心とした新しい街を造り始めました。

 

 

東西に159m、南北に512mという広大な長方形になっていて、周囲をアーケードが囲んでいます。各辺の中央には、それぞれ豪華で大規模な建築物があり、それらを見て回ることからイスファハーン観光ははじまります(^^)

 

イマーム・モスク

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

南の中央にある大モスクで、1629年に完成しました。別名は「マスジデ・シャー」。「王のモスク」という意味で、もちろんシャー・アッバース1世をさしています。高さは、門が33m、ミナレットが42m、ドームはイスファハーンで最大となる53mですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウズベキスタンのサマルカンドなどにも青を基調にした美しいモスクが多くありますが、こちらもさすがの一言です。門は三方を壁に囲まれて一方が空いている「イーワーン」というスタイルで、上部には鍾乳洞をイメージした「ムカルナス」という装飾がほどこされています。

 

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

内部も含め合計150万枚に及ぶタイルが使われていて、青がベースではありますが実は七色使われています。

 

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

モスクの上から撮影した素晴らしいストリートビューがありました。後ろにはドームもありますので、画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

 

イマーム広場を上からとらえているので全景がよく分かります。普通は近づけない大ミナレットが、デザインまでハッキリと分かる距離で写っているのがスゴイです。金曜は入れませんので注意してください。

 

シャイフ・ルトゥフッラー・モスク

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

東の中央にあるモスクで、日本語では「聖職者長のモスク」。広場の4つの建物の中で最も早い1619年に完成しました。「イランで最も美しいモスク」と呼ばれています。

 

王族専用のモスクだったので対面にあるアリ・カプ宮殿とトンネルでつながっていて、王族が街へ出ること無く直接行けるようになっています。こちらは毎日入ることができます。

 

 

アリ・カプ宮殿

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

西の中央にある7階建ての宮殿で「サファヴィー建築の最高傑作」と称されます。イーワーンは広場に突き出た形になっていて、その上は王が姿を現す謁見場になっています。現在は観光客も上がることが出来て、イマーム広場を一望できるのでオススメです。

 

 

宮殿の内部も見どころが多く、特に有名なのが最上階の「音楽堂」です。音の反響を効率よく吸収出来るように複雑な装飾が施されています。エレベーターは無く螺旋階段だけなので大変ですが、それだけの価値がある場所なので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

カイセリーヤ門

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

北の中央にある門で、奥のバザールへと続いています。広場を囲むアーケードもバザールになっていて、レストラン・カフェ・土産物屋などがたくさん入っているので、イマーム広場は時間がいくらあっても足りません。

 

 

以上になります。続きまして「イスファハーン②」をご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ドバイ国際空港(約11時間)

 

ドバイ国際空港-イスファハーン空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「イスファハーン①アクセスとイマーム広場」徹底ガイド:旅の大辞典
イランの設定です。

備考

 

⇒イランのガイドブック

 

⇒中東のガイドブック

 

イスファハーン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆